ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ユグドラシル(世界樹)と古代北欧神話の9つの世界


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20201220001348j:plain

ユグドラシル(世界樹)と古代北欧神話の9つの世界

(図 ファンタジー Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

ニフルハイム(Niflheim)、ムスペルハイム(Muspelheim)、アスガルド(Asgard)、ミッドガルド(Midgard)、ヨトゥンハイム(Jotunheim)、ヴァナハイム(Vanaheim)、アルフハイム(Alfheim)、スヴァルタルフハイム(Svartalfheim)、ヘルハイム(Helheim); 北欧神話(Norse Mythology)の9つの世界。

 

当初は空虚のみが存在していました。 宇宙全体に広がる闇だけがありました。

それから、「奇跡的に」そして何もありませんかが、その原始的な空隙から、2つの奇妙な世界が誕生しました。

これらの世界の1つは火でできていて、その他の1つは氷でできていました。

これらの世界は、最初の反対側の要素を表しました。

結局、それらはゆっくりと、しかし力強く拡大し始めました。

 

f:id:Zzak:20201207173116j:plain

(図 The Ash Yggdrasil by Friedrich Wilhelm Heine ウィキペディア経由パブリックドメイン)

「灰のユグドラシル(The Ash Yggdrasil)」(1886年)、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ハイネ(Friedrich Wilhelm Heine)著。

 

ひとたび両方の世界が十分に拡大すると、それらは互いに接触し、そして大規模な宇宙の大変動が起こりました。

氷から形成された大量の霜と濃霧の塊は、イベント[出来事]の莫大な力によって液化されていました。

その液化された水から、氷の巨人の巨大な父イミル(Ymir)が創られました。

彼は凄く巨大でしたので、誰もそれを想像することができませんでした。

しかしながら、イミルよりもさらに大きいのは、同じ水から生まれたアウズンブラ(Auðumbla)でした。

アウズンブラがイミルを餌にした後、その巨大な存在は満腹になり、汗をかくようになるまで眠りに落ちました。

北欧神話によれば、イミルの左腕から同種族の男性と女性が鍛造されました。この2人の存在は、氷の巨人の血統を伝播しました。

これが起こっている間に、巨大な牛であるアウズンブラは少しずつ塩辛い霜の岩を舐め、アウズンブラは人間の姿を発掘しました。

アウズンブラは古代神々の祖先、ブリ(Buri)を発見しました。ブリはボル(Bor)という名前の息子がいます。そして、順番にオーディン(Odin)、ヴィリ(Vili)、そしてヴェ(Ve)の父になります。

オーディン、ヴィリ、ヴェは氷の巨人たちと戦争をしました。 彼らはイミルを殺して、彼らを破りました。

イミルの遺体を使って、オーディン、ヴィリ、ヴェは海、大地、そして空を創りました。

 


The Nine Worlds of Norse Mythology

(5:46) 2017/10/12

 

結局、宇宙は私達が今日、ニフルハイム、ムスペルハイム、アスガルド、ミッドガルド、ヨトゥンハイム、ヴァナハイム、アルフハイム、スヴァルタルハイム、ヘルハイムとして知っている9つの単語によって形成されました。

9つの世界はすべて、世界樹ユグドラシル(Yggdrasil)[イグドラシル]の枝と根に含まれています。

ユグドラシルは、北欧の宇宙論での9つの世界を結ぶ広大な木です。

北欧神話によれば、9つの世界のうちの最初の世界はムスペルハイムです。そして、空気がとても暑くて火がついている世界です。それは、その熱が神々にとってさえ耐えられない、大規模な炎で知られています。この世界は、火の巨人が住んでいるところです。

北欧神話によれば、ニフルハイムは2番目の世界です。 これは永遠の氷の世界です。 それは宇宙のすべての泉を養う泉水の故郷です。

ミッドガルドは、ミドル・アースとして知られる第三世界です。 それは人の家ですが、ドワーフ(dwarves)が住んでいる場所でもあります。 それはまた、人類に完全に見えている唯一の世界です。

神々の家アスガルドは、強いオーディンによって支配されています。

アスガルドは広大で美しい建物で飾られています。そのうちの1つ、トール(Thor)の城ブリスクニル(Bliskirnir)について言及する必要があります; 戦闘で死んだ名誉ある戦士たちが行くヴァルハラ(Valhalla)のホール; 女神が集う場所、ヴィンゴルフ(Vingolf)。それはまたアスガルドを人の土地と繋ぐビフロスト(Bifröst)の故郷です。

ヨットンハイムは、氷の巨人と石の巨人が完全に孤立して住んでいる刑務所の世界です。

ヴァナハイム、そこは、繁殖力、知恵、そして未来を見る能力に関連した神々がいる場所です。

アルフハイムは、光の妖精(エルフ)達ための故郷です。

スヴァルタルハイムは、闇の邪悪なエルフが住む禁じられた地下世界です。

ヘルハイムは、不名誉な死者、泥棒、そして殺人者の住む世界です。そこはまた、神々と女神たちは、ヴァルハラ(Valhalla)やフォルクヴアングル(Folkvangr)に送るほど勇敢ではないと感じた、総ての人がいる場所です。この世界は「ヘル(Hel)」によって支配されています。

 

 

----- 出典 -----

curiosmos.com(関連記事)

blog.vkngjewelry.com

norse-mythology.orgskjalden.com

 

----- この記事を読んで -----

なかなか出くわさない、意外にソースの少ない北欧関連です。北欧神話の世界観も、バイブルやヒンドゥとクロスオーバーすることもあり、興味深い一面があります。ギリシャ神話も含めて、それぞれが全く独立して創られたストーリーなのか、どれかがお手本となり創られたストーリーなのかが関心事です。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp