ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

どうしてか、この「パンデミック」は社会工学の実験に似ています


f:id:Zzak:20200902124252j:plain
どうしてか、この「パンデミック」は社会工学の実験に似ています

(図 Portrait Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 コンテンツ

 

概要

  • 事実: COVID-19の数と予測(projections)には途方もない矛盾(inconsistencies)があります、そしてより深い検討で、私達の世界の指導者達がとった行動は、単に住民の興味と全体的な健康に基づいているようには見えません。
  • 考察: もしも、このパンデミックが大きな社会工学(social engineering)の実験と見なされたのならば、私達の世界の指導者達の行動とレトリック(rhetoric)[ (実際には誠実さも意味もない)美辞麗句]が、如何にしてもっと理にかなっていると私達は理解できるでしょうか。

昨日、韓国(Korea)出身の妻は、母親を助けるためにトロント(Toronto)から彼女の故郷への困難な(arduous)旅行をしました。母親は、ステージIVの癌と診断されており、高用量ビタミンC(High-Dose Vitamin C)のプロトコルと自然な食事療法(regimen)で助けるためです。 物事が進むにつれて、これが上手くいけば、それ自体が刺激的な物語になることでしょう。

しかしながら、私がこれを取り上げた理由は、COVID-19規制の結果として、妻が韓国に行くのが困難だったからです。そしてこれが私に、このパンデミック(pandemic)の性質について、さらに深く考えさせてくれました。

彼女の母親を助けるために韓国に行くために、私の妻はトロントの韓国大使館に行き、次のものを提出しなければなりませんでした、彼女がコロナウイルスに苦しんでいない証明、(48時間の有効期限がある文章とともに)、彼女の母親が癌と診断されていた証明、彼女が韓国にいる間に彼女自身を維持するのに十分なお金を持っていた証明、彼女は韓国に滞在する場所があるだろう証明です。 最終的にこれらの条件をすべて満足し、彼女は訪問者のビザを与えられました、そしてバンクーバー(Vancouver)を通って韓国へ飛ぶために出発しました。 韓国行きの飛行機に登場する前に、彼女は文書を与えられました。その中で、もしも必要と思われるのならば、14日間(約1600ドル)、特別なホテルで自分の検疫(quarantine)に融資することに同意するように求められました。そして、もしも当局が適切と判断したのならば、韓国の命令での出発を含む、総ての政府の対策(measures)を無条件で我慢する(abide)ことに同意するよう求められました。

韓国に到着すると、彼女は私に言いました。彼女は文字通りあるカウンターから次のカウンターにフープ(hoops)[輪]を通過しなければなりませんでした、そして、彼女の母親の家から送られた家族の身分を証明する文書を取得し、その後、彼女の母親の家に直接案内(ushered)される100ドルを超えるタクシー代を支払うことに同意します、そこで彼女は家での厳格な14日間の検疫に署名しなければなりませんでした、それは政府により監視され、日常的に法執行(law enforcement)されます。

 

この1つの経験から、何が奇妙なことが私を襲います。それは完全に事実であり、私の家族に個人的に影響を与えます。[奇妙に感じることは、]人物(私の妻)のケースで与えられた配慮(care)、手当(attention)、正確(precision)さ、そして容易ならぬこと(gravity)の量です。彼女には病気の兆候がなく、そしてさらに、COVID-19を持っていなと述べた医師が認定した試験の文書を持っていました。 世界中でのこのような対策は、世界の市民の死を防ぐことにより、単に動機づけられたと実際はともかく主張(purport)するのでしょうか、どうでしょう。 私はこう主張します、COVID-19(せいぜい、それら自体がいかがわしい(dubious)です)について主流として認めた「危険」基づいてさえ、これらの総ての対策は役に立たず、時間、お金、貴重な人的資源の完全な無駄です。

 

人命を救うために、ですか

この総てが、私を考えさせました。 もしも、この「パンデミック」に費やされた手当と人的資源と財政的資源が、世界の飢餓を終わらせるために与えられていたのならば、あなたはこの事を疑うでしょうか、世界の飢餓は今では根絶されていた(eradicated)でしょう。

ウェブサイトのワールドメーター(Worldometers.info)によれば、5月4日時点でのCOVID-19の全世界での「公式」死者数は251,421人です。 私は、今のところこの数字を論争しませんが、しかし、後でこの数が誇張(inflated)されている証拠をあげます。 ですが、ここではこの数を使用します。

1月1日以降の餓死(starvation)による世界中の死者数と比較してみましょう、ウェブサイトのワールドカウント(theworldcounts.com)によれば:3,073,421名てす。 私がこの数を入力してさえすでに変わっています、2秒毎に継続的に更新されるからです。 私の質問は、もしも私達の世界の指導者が、人間の死亡率(mortality)をそんなに心配しているのならば、飢餓を終わらせるために、彼らが世界のこのパンデミックに与えている財政的と人的資源の量の、少なくとも10倍を献身すべきではありませんか。 それらは一緒に来るべきでなくて、そして何十年も前にこうすべきではありませんでしたか。

これはほんの一例です。 それは無数にあり、これは私達に何度も何度も次のことを示しています、私達の政治指導者の真の議題は、世界の人々の実際の健康と安全に、ほぼ完全に正反対(antithetical)です。 そして、それは私達皆がこう疑うべきです、世界の人口でのCOVID-19の影響を和らげる(mitigate)ために、コーディネイト[協調化/同調化]された世界的な努力は、実際に公衆衛生と安全についてではなくむしろ別の協議事項の一部分です。

 

数を膨張させる、恐怖の最大化

現在の、COVID-19による世界的な死者数の堅い数字について、これは私達にこう伝えます、25万人を超える人々がウイルスで死亡しました - 24時間年中無休(24/7)の主流メディアで、大きな太文字印刷にて無類(stand-alone)の構成になるとき、取るに足らない数ではありません。 新たに発生した症例の進行中のティッカー(ticker)[カチカチいうもの/相場表示機/受信機]と組み合わせて、それは、恐怖を最大化するために戦略的に使用され、それにより大衆のコンプライアンス[応諾/迎合性]を最大化します。

これが毎日出てきている証拠です、これらの数とそれらの表示方法は、真実ではありませんし、危険のレベルを混ぜ合わせて(conflating)[合成する]います (したがって、ロックダウン[封鎖]のための必要性)。

例えば、COVID-19の公式な死者数での多くの死者は、実際に併存症(co-morbidities)[合併症]です。つまり、亡くなった人には、彼らの死に貢献した他の既存の健康状態がありました。 これらの併存賞の症例で、COVID-19の強い影響があったとしても、その程度の証拠はありません。 実際に一部の症例では、代わりの原因が特定されてさえ、それは依然としてCOVID-19の死として登録されています。

 

より掘り下げる:「もしも、あなたが明確な別の原因で死亡しても、なおCOVID死としてリストされています」– ゴジ・エジケ(Ngozi Ezike)博士

 

毎週の肺炎(pneumonia)による死亡報告の以下のチャートは、米国での肺炎による死亡者数の、急激な下降を示しています。これは、あなたの推測通り、COVID-19による死亡の報告の始まりと同時に起こっています。

 

f:id:Zzak:20211208114549j:plain

(Fig.1) 肺炎による死亡者数のグラフ

 

言い換えると、過去に肺炎が原因であると判断されたであろう死亡者数は、COVID-19の死亡と呼ばれています、一部の症例では、その人物がCOVID-19用のテストをされることさえなくても。 事実上、ますます多くの証拠がこの考えを指摘しています、インフルエンザのような疾患の感染症からの死亡に関して、他の年と違い、世界で実際に起こっていることは何もありません。 それでも、私の妻が、彼女の母親の訪問を許されるために、あらゆる種類の陰謀(machinations)[策謀]を通過する必要がありますか

 

より掘り下げる:新しいスタンフォード大学の研究は、COVID-19が季節性インフルエンザと同じ感染致死率を持っていることを提示

 

このパンデミックに対する恐怖と危険の認識を作り出すために、数字と予測が操られる特定の方法について、遙かに多くのことが言えますが、しかし今のところ、こちらで、より大きなメカニズムを見てみましょう。

 

私達の指導者が従う台本

知識のある(informed)有能な公衆を持っている利益で、指導者達は、私達にこれらの矛盾について最新の情報を提供していますか。そして、この特定の疾患にかかわる危険の、本当の程度を正確な構図を取得するのに私達に役立っていますか。 ほとんどの場合、いいえです。 あらゆる種類(stripes)[他の地色と違った]の政治家が、どこでも同じ発表をするために、放送電波に来ます:「何故ならば、あなたは良き少年少女であったので、私達、あなたの権威は、この危機をコントロールし始めることができました」と組み合わせて「あなたはこう警告されています、感染数のリバウンドを防ぐために、あなたは私達に服従し続けなればなりません。」 その後彼らは、「悪い」市民が従わない例を、批判するかもしれません。

繰り返しますが、私の理論を強化するために、ここカナダ(Canada)のオンタリオ州(Ontario)で、私は簡単に私の個人的な経験について考察する必要があります。 たいていの読者は、彼らの地域内で同じことができます。 ここの公式のブリーフィングにざっと目を通して(cursory glance)、私はこう聞きました、オンタリオ州のプレミアのダグ・フォード(Ontario Premier Doug Ford)氏は、オンタリオン(Ontarions)の安全と健康について彼がどれほど深く心配していたか、視聴者を納得させようとします。 彼は、ヤフーの一団(bunch of Yahoos)」としてロックダウン[封鎖]の終了を要求して、トロント(Toronto)の議会の前で抗議した人達を非難(rebuke)するのが速かったです。

 

そして、6歳の子と自宅で、個人的に私に影響を与える何かの主題、つまり、学校の開設についてです。学校は当分(foreseeable future)閉鎖され続けるだろうという彼の宣言(proclamation)に、彼は厳粛さ(gravitas)をもたらすために、彼は最善を尽くしました。そして、こう引用しました「私の最大の関心事は、そこで子供達を守ることです。」  私が、ダグ・フォード氏について聞いた話から、私の子供を守るために、彼は私が信頼する最後の1人かもしれません。 そして、子供達を家に閉じ込めて(cooped up)、友達と連絡をとらないという考えは彼らを安全に保ちます。このことは、子供達が、感染と疾患(morbidity)のリスク・クラスが最も低いCOVID-19についての既知の統計を無視します。

 

社会工学

COVID-19の本当の起源と目的に関して、それが人工である証拠と意図的に解放された可能性に基づいて、あちこちに浮かんでいる多くの理論は、確かに調査する価値があります。 しかしながら、パンデミック社会工学の実験として使用されていることを理解するために、それらのどれもが私達のために証明される必要はありません。 現在、これは新しいことではありませんが、基本的に私達の指導者が行う全部は、彼らがどれだけ多くの力を蓄積できるか、そして私達の自由をどれだけ奪うことができるかを理解するための、彼らの試みに根拠があります。 「決して良い危機を無駄にしないでください」と、チャーチル(Churchill)氏は言いました。

 

COVID-19の場合、私達は世界中のイベントを扱っており、そしておそらく、これまでに試みられた最大の社会工学の実験です。 世界で究極の力を持つ人々、私達の政治指導者を支配する人々は、パンデミックの環境下で大衆が如何に従うのか、決定を試みています。 あなたは、私達の指導者達が言っている全部が、次のことを肯定する(affirming)ことに基づいていることを理解できます、彼らは支配下にあり、私達が従わなければなりません。 オンタリオ州で物事をコントロールしようと試みが行き過ぎ、人々が反発したとき、オーロラ(Aurora)のお母さんが、彼女の赤ちゃんと一緒に公園で長い間立っているために880ドルの罰金を科されたときのように、ダグ・フォード氏は、条例(bylaw)担当官は「少し異なる判断をすることができたはずだ」と言いました。

 

彼自身の力を譲る(ceding)ことなしに、有名なマキャベリアン(Machiavellian)[アメリカで生産され、フランスで調教を受けた競走馬、種牡馬]の政治戦略を使用して、彼は自分の合法性を強化するために、一部の土台(ground)[根拠]を生み出しました。 私達の自由を侵食するために、このパンデミックは引き続き採用されているので、このタイプの押し引き(push and pull)は世界中で起こっています。 それはより大きな戦争の一部で、制御の暗黒の協議事項を持つ力と、真実を引き出すために働いている人達の間で戦われています。 このより大きな文脈でこのパンデミックで起きている事を、より早く私達皆が理解し始めれば、より早く誰もが理解するために真実が明らかになり、そして私達に、私達の自由を取り戻すための権限を与えます。

 

 

----- 出典 -----

(掲載終了した元記事のウェブ保存版)

Why This ‘Pandemic’ Is Looking More Like A Social Engineering Experiment | Collective Evolution

(同様な記事)

www.globalresearch.castillnessinthestorm.com

(関連記事)

Social scientists scramble to study pandemic, in real time

www.darkreading.com

 

----- 2020/05/08公開の記事を読んで -----

5月8日に掲載された記事になりますので、その時点で分かっていたことや、事実からの推測で書かれています。

今回のパンデミックに、合点が行かないことが多々ある方は、世界中にたくさんいると思います。特に、死者数をカウントした値、そして死亡率が、あまりにも理解に苦しむもので、作為的ではないかとまで考えてしまう数字になっていることは、多かれ少なかれ誰もが気付いているかと思います。

本文ではウイルスが人工的でないかとしてますが、地味にウイルス学の概要だけでも学ばれることをお勧めします。ウイルスは、人工的に作らなくてもいろいろな事が起こります。

2020/7/4、日本では、一旦は収まりつつありそうだった感染者数が、ここのところ増え、東京では連日100人を超え始めました。
この状況をどのように感じられ、分析をされ、対応をされるでしょうか ?

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp