ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アノマリーが写真で発見さている - 彼らはそれを「マトリクスの失敗」と呼ぶ


f:id:Zzak:20210915022914j:plain

アノマリーが写真で発見さている - 彼らはそれを「マトリクスの失敗」と呼ぶ

(図 Floating Island Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

この写真は、米国(USA)のケンタッキー州(Kentucky)パウエル・カントリー(Powell Country)のスレイド(Slade)コミュニティの近くで、観光客の一人が撮ったものです。

MUFONによれば、それは完全に正真正銘のものです。彼が写真を撮ったとき、彼は何も変に気付かなかったことを写真家自身は保証しました。

その後、彼が写真を校閲していたとき、彼は奇妙なアノマリー[異常]に気づきました:あたかもそれらが空中にぶら下がっているかのように見える、背景に合計3つの石がありました。

しかしながら他の写真では、そのようなことは何もありませんでした。

 

(Fig.1) 空中に写り込む異様なもの

 

誰も、それが何であるかを本当に言うことができません。UFO論者や陰謀論者は、かなり混乱しています。何故ならば、それがUFOに見えないからです。「塊り(lumps)」は確かに石のように見えますが、とにかく、如何にすればこれが可能なのでしょうか。

 

(Fig.2) 空中の物体

 

このシナリオを解決する唯一の理論は、「マトリクス(matrix)」に関するものです。そのような場合、何かは、プログラムの一種の変則かまたは崩壊によって説明されるでしょう。あるいは、おそらくそれは異なるパラレルワールド(parallel world)[並行世界]や現実に関連している可能性があります。

私達が既に伝えたように、これがフェイクな可能性は完全に破棄されます。これはどうなると思われますか。

 

 

----- 出典 -----

newsinstact.com(同様な記事)

news-intel.com

 

----- 参考 -----

Strange flying stones appeared in the air

(8:56) 2021/02/23 ・・・冒頭の1:25くらいまでが本編記事に該当

 

 

----- 2019/06/19公開の記事を読んで -----

この時代に撮影されたものは、デジタル方式のカメラや、カメラ付きのモバイル端末機器によるものでしょう。アナログ・フィルムの時代の画像のように、ネガの痛みなどは考慮の対象外です。デジタル撮影だとして、合成写真やCGでないとしたら、何が写り込んだのでしょうか。

ここでは、この世界はコンピュータ・シミュレーションが作り出した仮想現実がマトリクスで、その計算のほころびからアノマリーが現れ、写り込んだという発想のようです。

  • マトリクスやら、パラレルワールドやら... こうした専門用語を出すことは、心霊と同じく、理解を超えたところにあり、思考停止の呪文のような一面があるような気がします。それはさておき…

マトリクスのほころびだと考えるのならば、この世界はコンピュータのシミュレーションで、私達はホログラムなのかもしれません。それは誰が、何処で、何時から、何のために行っているのでしょうか。このシミュレーションを行っている者達もまた、誰かのシミュレーションかも知れません。答えのない疑問に行き詰まります。

その他の見方としては、UFOの擬態? それとも3次元から見えた高次元のモノ? いくつか考え方はあるのでしょう。

 

ホームページ: MUFON

マトリックス - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp