ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

マトリクスは本当です - 私達はコンピュータ・シミュレーションの中で生きています


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200930031744j:plain

マトリクスは本当です - 私達はコンピュータ・シミュレーションの中で生きています

(図 技術 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

私達はマトリクスのあるバージョンに住んでいることは、ほぼ確実だとイーロン・マスク(Elon Musk)氏は考えています。現実にはコンピュータ・シミュレーションではないとする「10億分の1のチャンス」があると、実際に彼は考えています。

いいえ、本当に。 あなたは正しいことを読みました。

「私達にとって最も強い議論は、おそらくシミュレーション中だということで、私は次のように思います」とマスク氏は言います。「40年前、私達は嫌な臭いを持っていました。2つの長方形と1つの点。それが私達がいた場所です。」

「40年後の今、私達は写実的(photorealistic)な3Dシミュレーションを持ち、何百万もの人々が同時に遊んでおり、それは毎年良くなっています。そしてすぐに私達はバーチャル・リアリティー[仮想現実]を持つことになり、私達は現実を増加させることになるでしょう。」

「もしあなたが総ての改善率を仮定したのならば、ゲームは現実と区別がつかなくなるでしょう、見分けがつかないほどです。」

見てください、それはクレイジーに聞こえます。私は知っています。しかしマスク氏は、電気自動車産業に革命をもたらし、そして私達を火星に送るという野心的な計画を持っています。これはダミーではありません。彼は今日の最も技術的な革新の顔であり、その過程で数十億ドルを稼いでいます。私は、クレイジーや妄想として、彼の考えを却下しないでしょう。

この超魅力的なシミュレーション理論を詳しく調べたいのならば、私は、以下のこの素晴らしいビデオをあなたが見るのを強く勧めます。

 

The Matrix Is Real

(4:22) 2018/01/16

 

 

 


Why Elon Musk says we're living in a simulation

(3:39) 2016/08/15

 

バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)のアナリストでさえも、私達がマトリクスに住んでいる可能性は50%あると主張して、クライアントに報告しました:

「それは人工知能、バーチャル・リアリティー、そして計算能力の進歩により、将来の文明のメンバーは、彼らの先祖のシミュレーションを実行することに決めたかもしれないと、考えられます」と、報告書で述べました。

それで、シミュレーションに生きることは私達にとって何を意味するのでしょうか。

一方でマスク氏の見通しはかなり不吉ですが、それは人生で最も深い疑問の一部について別の見方を提供します。これらは、大部分の宗教の基礎な質問で、私達の現代の宗教的な慣例と霊性(spirituality)の前提に挑戦することができます。私達が死んだ後何が起こり、そして私達の創造主は誰なのでしょうか。

それが事実であるならば、この啓示とともに私達が実際に何ができるかは不明です。私達はシミュレーションの中で生きると確信している少なくとも2人の技術大富豪の報告があり、そして私達をそこから抜け出せるために科学者に資金を提供しています。しかし、それが私達にとって本当に何を意味するのか私にはわかりません。

しかし、1つだけ確かなことがあります。それは、マスク氏の理論の科学的性質にもかかわらず、可能性として検討する価値があります。結局、以前の現実の本質について人類は間違っています。世界が平面だと思ったときのことを覚えていますか。

 

 

----- 出典 -----

The Matrix Is Real – We Are Living In A Computer Simulation」は、掲載終了しております。

(出典のソース)

www.inc.com(同様な記事)

www.physics-astronomy.orgmedium.comwww.bbc.com

 

 

----- この記事を読んで -----

この世は、何者(クリエーター)かの実験場(マトリクス)だとする考察があります。まぁ、コンピュータが無かった時代には、こうした発想も普及していなかったのでしょう。

このような発想の普及の先駆けは、ディズニー映画のトロンなのでしょうか。そして映画マトリクスや映画アバターの世界観がサイエンス・フィクションとして登場します。これらのような発想に同意できる方も多いのかも知れません。

こうした世界観の例として、「己とは、生物ロボットにインストールされたプログラムでどこか(例えばアカシック・レコード)からリモート操作されている」、このような感覚になる経験をしていませんか。ただの錯覚なのかもしれません。

しかし、マトリクスに居ると考えるのならば、さまざまなことについて辻褄の合う答えを得ることになります。生物ロボットが機能停止するとき、メモリデータは、どこかにアップロードされる...

ただし、この質問は残ります、マトリクスは誰が創ったのですか。

私達の現実はどうなっているのでしょうか。

 

Simulation hypothesis - Wikipedia

 


TRON Original Movie Trailer (Remastered)

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp