ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

2人の救急医、検疫が「全く意味をなさない」理由について


f:id:Zzak:20210515025134j:plain

2人の救急医、検疫が「全く意味をなさない」理由について

(図 Coronavirus Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

概要

  • 事実: 加速された緊急治療(Accelerated Urgent Care)のダン・エリクソン(Dan Erickson)博士とアーティン・マシヒ(Artin Massihi)博士はこの理由を説明します、彼らはCOVID-19に対する検疫措置が彼らにとって意味がないと彼らが信じています。
  • 考察: 恐怖、ヒステリー、そして誤った情報がこの考えを導いたのでしょうか、COVID-19は実際よりも危険です。 これらのツールは、下心のために、またはワクチンを義務付けるために使用されていますか。

 

数日前、加速された緊急治療のダン・エリクソン博士(元救急治療室の医師)と、アーティン・マシヒ博士(複数の病院に所属する救急医療の専門家)が記者会見を開き、次のことに対する彼らの信念を説明する記者会見を開催しました。科学と、過去2か月間に医師として個人的に収集したデータに基づいて、世界中で実施されている現在の検疫(quarantine)と隔離対策(isolation measures)は、少なくとも彼らにとって、全く何の意味もありません。

両者を合わせると、この分野で40年以上の経験があります。

 

以下のインタビューで、医者達は次の彼らの信念を説明します。 もしも人がCOVIDから身を守りたいのならば、適所に避難することは意味がないだけでなく、適所に避難することが病気を殺すのではなく病気を長引かせることで役割を果たすのかもしれない理由です。 さらに、彼らは次の方法を説明します。一部の医師は、実際にはそれがCOVID死ではないとき、COVID死として死亡をリストするように「圧力(pressured)」を受けています。 これは、彼らのみならず、この分野の複数の専門家達により表現されたことです。 イリノイ州公衆衛生局(Illinois Department of Public Health)長のゴジ・エジケ(Ngozi Ezike)博士は最近、次のことを述べました。例え別の原因で死亡したことが明らかなであってさえも、彼らの死は依然としてCOVID死として記[印]されされます。 何人かの医師達や教授達がこの点を表明しています。コチラ(a)で、あなたは、COVIDによる死亡が誇張されているという考えについて、より多くの例を見て、より深く読むことができます。

しかし、ERの医師達は現在、私が話す私の友人はこう言います、「あなたはそれが興味深いことを知っています、私が、私の死亡報告書(death report)を書いているとき、COVIDを追加するために圧力をかけられています。」 何故でしょうか。 何故COVIDを追加するために、私達は圧力をかけられているのでしょうか。 多分数を増やすために、そして、それを少し悪く見えるようにするために、でしょうか。 私はそう思います。- エリクソン

 

何故、事態を悪化させるのでしょうか

人は自分自身にこう自問する必要があります、何故どんな連邦保健規制機関(federal health regulatory agencies)も、それを実際よりも悪く見せたいのでしょうか。 何故ビル・ゲイツ(Bill Gates)や他の主要な政治家から私達はこう言われているのでしょうか、私達がワクチン(vaccine)を接種するまで、事態は「正常」に戻りません。 何故私達は次のことを信じさせられているのでしょうか。他には何も機能しないでしょうし、他に何も機能できませんし、そしてワクチンを除いてこの問題の解決策はありません。 私達はこうも伝え[教え]られていますか、自然免疫(natural immunity)さえ機能しないかもしれません。 何故、ヒドロキシクロロキン(Hydroxychloroquine)、亜鉛(Zinc)、ビタミンC(Vitamin C)の静脈注射(intravenous)など他の治療法が成功したことが、嘲笑され無視されたのでしょうか。

医者達もまたこの方法を説明します、複数のデータセットが次のことを完全に明らかにしています。COVID-19はまた、遥かに高い感染率(infection rate)を持っており、感染死亡率(infection mortality rate)を季節性インフルエンザ(seasonal influenza)と同じ付近の値(ballpark)にまで大幅に低下させています。 私は最近、USC[南カリフォルニア大学]とロサンゼルス郡公衆衛生局(Los Angeles County Department of Public Health)について書きました。彼らはCOVID-19で実施している進行中の研究から初期の結果を発表したばかりです。 彼らのデータに基づいて、彼らはLAの感染率はインフルエンザ(flu)と同じ範囲にあると判断しましたし、そしてスタンフォード大学(Stanford University)からの別の最近の研究もそうでした。 あなたは、私が数日前に公開した記事内で、その情報へのリンクを「見つける」ことができます。

2人の医師達は、以下のインタビューで詳細を説明します、そして彼らが次のことを信じている理由についての多くの質問に答えます。現在の封鎖措置(lockdown measures)や、恐怖とヒステリーは意味がありません。彼らはまたこの理由を共有します、彼らは、COVID-19が、それがそうであるようにされたようにほど危険ではないと感じています。 彼らはまたこう提示しています、病気や高齢者、免疫力のない人々を隔離し、一方で、他の総ての人々の措置を解除することは、前進するための最良の考えです。 この考えは最近、ロックフェラー大学(Rockefeller University)の生物統計学(Biostatistics)、疫学(Epidemiology)そして研究デザイン(Research Design)学部を20年間率いたクヌート M. ウィットコウスキー(Knut M. Wittkowski)博士、理学博士(ScD)にも表明されました。 彼はこう提示しました、病人と高齢者を隔離する一方で、封鎖措置が集団免疫を引き起こしてウイルスをより早く殺すのに役立ちません。 コチラ(c)で、あなたはそれについてもっと読み、彼とのインタビューを見ることができます。

この情報を共有する目的は何でしょうか。 批判的な質問を引き起こすことであり、新しい情報と証拠に照らして私たちが絶えず伝え[教え]られていることを、単純に受け入れることではありせん。 あなたにこの事をお知らせします、私達は、連邦保健規制機関から何を伝え[教え]られているのか疑問に思っても大丈夫です。 一般大衆が、信頼の欠如に貢献し続けている多くの出来事と例があり、これらの機関や主流メディア・ネットワークに向けて示されています。 情報や意見を共有するための私達の権利は、決して閉鎖されるべきではありません。 今日、この仕事を任されてるオーウェル(Orwellian)型の「ファクト・チェッカー(fact-checker)」があります。これは集合体に仕えるだけで、彼らに尋ねるように奨励します、ここで実際に何が起こっているのですか。

www.bitchute.comERICKSON GIVING A PRESS CONFERENCE. THIS WAS TAKEN OFF YOUTUBE AFTER MILLIONS OF VIEWS!

(1:08:33) First published at 13:10 UTC on April 28th, 2020

 

 

----- 出典 -----

(掲載終了した元記事のウェブ保存版)

Two Emergency Medicine Doctors On Why Quarantine “Just Doesn’t Make Sense” | Collective Evolution

(同様な記事)

humansarefree.com

 

 

----- 2020/04/26公開の記事を読んで -----

昨年の4/26公開の記事で、ジャーナリスト達は鋭い仮説を立てて論説をしています。

こうした論説で指摘されたり大衆に拡散されたりするようになると不味い立場、即ち「不都合な真実」を暴露されること嫌う/困る「陰謀/謀略」を実施している者は、こうした論説を「陰謀論」として烙印を押して潰す標的にすることになるのでしょう。

4/26以降に何が起こったかと言うと、「嘘でごまかせなくなると黙らせる」、インターネット上の情報検閲と削除(バン)がビッグテックのプラットフォームで行われました。加えて、主流メディアは「伝えない権利」を行使し続けています。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp