ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

イタリアの政治家はCOVID-19の数の「嘘と偽造」が「イタリア人を恐怖に陥れる」ために使われていると言います


f:id:Zzak:20210327051944j:plain

イタリアの政治家はCOVID-19の数の「嘘と偽造」が「イタリア人を恐怖に陥れる」ために使われていると言います

(図 Venice Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

概要

  • 事実:イタリア(Italian)の政治家でストリ(Sutri)市長の、ヴィットリオ・スガルビ(Vittorio Sgarbi)氏は、[2020年]4月24日の公聴会で感動的なスピーチをしました。そこで彼はこう強調しました、COVID-19によるイタリアでの死亡者数は、完全に虚偽であり、そして人々は嘘をついています。
  • 考察: 何故、主流メディアが次の提示をする総ての情報を完全に無視するのでしょうか。COVID-19による死亡者数は完全に不正確であり、それら[COVID-19の死亡者数]は遥かに低いかもしれないことを示しています。 何故、彼ら[主流メディア]は死者が実際に多いと主張するのでしょうか。

 

多くの人々が、実際に起こっていることが何なのかを疑問に思っていますし、インターネットをパトロールしているデジタル権威主義者のオーウェル(Orwellian)の「ファクトチェッカー(fact-checker)」の登場は、より多くの好奇心を刺激しただけでした。 新型コロナウイルスに関しては、それは単純に主流メディアのレトリック[誇張]の別のケースで、この主流メディアのレトリックは、世界中の複数の科学者達、医師達、政治家達、活動家達により共有されている証言や証拠と完全に矛盾しています。

さらには、主流の説話に反対する情報が「バイラル(viral)[口コミで徐々に拡散してゆくさま]」になるとき、厳しく検閲されるか、削除されます。 ここで何が起こっているのでしょうか。 人々は、他の誰かにそれらの真実を決定させる代わりに、何が本当で何がそうでないかを自分自身で判断するために、情報や情報源を調査する権利を持っているべきではありませんか。

グーグル(Google)、ヴィメオ(Vimeo)、フェイスブック(Facebook)などの複数のプラットフォームはそうは思いません。 ユーチューブ(YouTube)もまた最近次の発表をしました。世界保健機関(World Health Organization、WHO)が発表した情報と矛盾するコロナウイルス(coronavirus)に関するコンテンツを禁止します。 ヴィメオは最近、製薬会社がWHOの方針に与える影響を露出するドキュメンタリーを禁止しました。そしてジュリアン・アサンジ(Julian Assange)氏もまた、これらの繋がりや、そしてもちろん、企業や政府によってとられた他の多くの非倫理的で不道徳な行動を暴露したことで投獄されています。

私達が、非人道的、不道徳、非倫理的な行動を暴露している人々を閉じ込め、そしてそれら[の暴露されたこと]を犯した者達[の話]に耳を傾け続けるとき、人々として、それは私達について何と言っていますか。

 

世界中のコロナウイルスでの死亡者数に関しては、多くの人々が次の主張をして危険信号を上げています。死亡率(death rates)は数字が示されているよりも大幅に高くなっています、この理由は、コロナウイルスが実際の死因(cause of death)ではなかったときに、多くの死亡者数がコロナウイルスの死亡者数として記されているからです。

 

私が書いた最後の例は、イリノイ州公衆衛生局(Illinois Department of Public Health)局長のゴジ・エジケ(Ngozi Ezike)博士からのものでした。 彼女は最近こう指摘をしました、亡くなられかつCOVID-19の検査で陽性となった総ての人々は、死因に関係なく、その死はCOVID-19死として記されることを意味します。 彼女によれば、

もしも、あなたがホスピスにいて、既に数週間の生存期間が与えられていて、そして、あなたもまたCOVIDを持っていることが発見されたのならば、明確な代替原因で亡くなったとしたとしても、それは依然としてCOVID死としてリストされており、それはCOVID死としてカウントされるでしょう。 それで、COVID死としてリストされている全員が、それ[COVID]が死の原因だったという意味ではありませんが、けれども[亡くなられた]彼らは死ぬ時にCOVIDを持っていました。

 

最近になって、イタリアの政治家/イタリア議会の議員で、そして現在のストリ市長の、ヴィットリオ・スガルビ氏より、私は、同じことをした別の例に出くわしました。 4月24日の公聴会での感動的なスピーチで、彼は次のように述べました。

私達は[イタリア解放記念日]425日の前夜におり、そして、私達は独裁政権に対抗して団結し、真実に団結しなければなりません。 実際に、私達はそうではありません。 嘘の議会を作らないようにしましょう科学がここに呼び起こされこう言っていました、このウイルスはインフルエンザ以上のものです。 その科学は実際に、この政府により言及されて案内された科学です。 それは言われ、文書化されました、嘘をつかないでくださいこの議会を嘘にしないでください!  少なくともここでは、ジャンバティスト・ヴィコ(Gianbatist Vico)の原則である「ヴェルム・イプサム・ファクトム(Verum ipsum factum)」を適用しましょう。 そして、あなたは数を聞いて与えました、私も数を与えたいですここで25,000人の死者について話さないでください、真実ではありません!  死者をレトリックやテロリズムために使用しないでくださいイタリア公衆衛生研究所(Italian Institute of Public Health)のデータは、こう言っています、96.3パーセントの人は他の症状で亡くなりました!  正確なデータです。 数字はそれを言いますそれは本当です、それは本当です、どうぞ、それらを読んでください。 さあ戦いで団結しましょう、偽善や、嘘と、数の偽造に対抗して、イタリア人を恐怖させるために与えられた誤った数に対して。 25,000人の死者は心臓発作(heart attack)、癌、その他の病態(pathologies)で亡くなりました。 イタリアが恥をかいたり、恥ずかしい思いをさせるために、私達はこれを使うべきではありません。 私達は、市民に虚偽のニュースを与えるために、これを使用しません数字を得て、それらをチェックしてください。 ここイタリアでは、25,000人の死亡者数は、コロナウイルスに起因し引き起こされたのではありませんでした本当ではありませんイタリアの人々を恐怖に陥れる方法にすぎませんし、同意することなしに独裁制を押し付けますばかげたことだ!

 


Vittorio Sgarbi - You are lying about the number of deaths caused by the Corona virus

(2:23) 2020/04/30

 

イタリアからの確証する情報

上記のコメントは、ある意味では、エドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏がウイルスについて言ったことの繰り返し(echo)で、次のことを述べています。「権力者(powers that be)」は、市民に、より権威主義的な措置を押し付けるためにそれを使用しています。 ロン・ポール(Ron Paul)博士も最近、同様の考えを共有したことに対して検閲されました。

 

イタリアからの別の研究によれば、この研究に対して特別に調査されたイタリアのコロナウイルス[が死因とされる]の死亡者数(fatalities)の99%は、前[から]の病状に苦しんでいた人々でした。 75%以上が高血圧(high blood)を持ち、約35%が糖尿病(diabetes)を持ち、3分の1が心臓病(heart disease)に苦しんでいました。 この研究は、彼らの死亡率が他の国と比較して遥かに高い理由について、内部事情を提供しています。

少し前に、イタリア保健省(Italian Health Ministry)の顧問の、ワルテル・リッチャルディ(Walter Ricciardi)教授は、次のことを観察します。そこの高い死亡率(death rates)は、死亡が記録される方法を反映しているかもしれません。 「私達の国で、死に方(deaths)をコード化する方法はこの観念でとても気前の良いものです、コロナウイルスと一緒に…亡くなる総ての人々は、コロナウイルスで亡くなっているとみなされます」と、彼は述べました。 国立衛生研究所(National Institute of Health)による再評価について、死亡診断書のわずか12%が、コロナウイルスによる直接的な因果関係を示していますが、一方で、亡くなった患者の88パーセントには少なくとも1つの発病前[の病気]があります - 多くの人が2つか3つを持っていました。

その考えはまた、同じことを提示して出現した、複数の最近の研究に敬意を表します。 スタンフォード大学医学部(Stanford School of Medicine)の数人の学者達が発表した新しい研究はこう提示します、COVID-19は、季節性インフルエンザと同様の感染致死率(infection fatality rate)を持っています。 コチラ(a)で、あなたはその研究にアクセスしてそれについてもっと読むことができます。

USC(南カリフォルニア大学)とロサンゼルス郡公衆衛生局(Los Angeles County Department of Public Health)は最近、彼らがCOVID-19で実施している進行中の研究から、初期の結果を発表しました。 彼らはこう判断しました、LAの感染率(infection rate)が以前に考えられていたよりも遥かに高く、感染死亡率(infection mortality rate)を季節性インフルエンザのレベルまたはそれ以下に下げます。 コチラ(b)で、その発表にアクセスして、詳細を読むことができます。

 

f:id:Zzak:20210401025251j:plain

(図 Fasnet Pixabay)

 

より興味深い声明

加速緊急ケア(Accelerated Urgent Care)のダン・エリクソン(Dan Erickson)博士とアーティン・マシヒ(Artin Massihi)博士は、彼らがCOVID-19で見ている複数の懸念と、私達ががそれを取り扱っている方法を上げました。 彼らのインタビューの一部で、エリクソン博士は次のように述べています、

しかし、今のERの医師達、私が話している私の友人は、「興味深いことですが、私が死亡報告書(death report)を書いているとき、COVIDを追加するように私はプレッシャーをかけられています」と言っています。 何故でしょうか。 何故、私達はCOVIDを追加するようにプレッシャーをかけられているのでしょうか。 多分数を増やして、それより少し悪く見えるようにするためでしょうか。 私はそう思います。 エリクソン

コチラ(c)で、あなたはそれについてもっと読み、完全なインタビューにアクセスすることができます。

 

フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)紙が最近発表した記事は、指摘しています、

英国では、毎年約15万人が、1月から3月の間に亡くなっています。 現在まで、英国でCOVID-19で亡くなった人の大多数は、70歳かそれ以上か、または深刻な前から存在する健康状態を持っていました。 はっきりしないのは、もしも患者がCOVID-19に感染していなかったのならば、とにかく、それらの死亡者数のうち何人[の死亡]が起きたのでしょうか。 先週の議会公聴会で話されたことは、インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)MRCグローバル感染症分析センター(MRC Centre for Global Infectious Disease Analysis)の所長の、ニール・ファーガソン(Neil Ferguson)教授が述べました、いくつのコロナウイルスにより引き起こされた「過剰死亡(excess deaths)」が、英国であるかは、まだはっきりしていません。 しかしながら、彼はこう述べました、死亡したであろうCOVID-19の犠牲者の割合は、とにかく、「半分か、または3分の2にもなる」可能性があります。

 

最近引退した病理学(pathology)の教授で元NHSコンサルタントの病理学者(pathologist)の、ジョン・リー(John Lee)氏が書いた記事は、いくつかの興味深い質問を上げています。 彼はそれをスペクテイター(The Spectator)誌に発表し、その中で彼は書いています:

「もしも、英国で誰かが呼吸器感染症で死亡したのならば、病気がまれな『法定伝染病(notifiable disease)』でない限り、感染の具体的な原因は通常記録されていません。 それで、英国の呼吸器死亡者数(respiratory deaths)の大多数は、気管支肺炎(bronchopneumonia)、肺炎(pneumonia)、老年期(old age)、または同様の呼称として記録されます。 インフルエンザやその他の季節性感染症に対して、私達は実際には検査しません。 もしも患者が、例えば、癌、運動神経細胞疾患(motor neurone disease)かまたは他の重篤な疾患を患っているのならば、もしかして最終的な病気が呼吸器感染症だったとしても、これは死因として記録されます。 つまり、英国の診断書(certifications)は通常、呼吸器感染症の結果での死亡を記録していません。

今、Covid-19の出現以来、何が起こったかを見てください。 法定伝染病のリストが更新されました。 このリスト 天然痘(smallpox、長年絶滅している)、および炭疽(anthrax)ブルセラ症(brucellosis)、ペスト(plague)狂犬病(rabies)などの健康状態(たいてい英国の医師は、彼らのキャリア全体で決して見ることはありません) は、Covid-19を含むように修正されました。 しかし、インフルエンザは[このリストに]ありません。 つまり、インフルエンザや他のほとんどの感染症に対してではないだろう方法で。Covid-19の全部の陽性テストは通知されなければなりません。

現在の風潮では、Covid-19の検査で陽性の誰もが、彼らの世話をする臨床スタッフに間違いなく知られます: もしも、これらの患者の誰かが亡くなったのならば、スタッフは死亡診断書 この種のたいていの感染症の通常の慣行に反して Covid-19の名称を記録する必要があります。 Covid-19が死因であることと、Covid-19が他の死因で亡くなった人に発見されることには、大きな違いがあります。 Covid-19を届け出義務にすることは、これが本当かどうかにかかわらず、死亡者数の増加の原因のように見えるかもしれません。 インフルエンザよりも遥かに殺人者に見えるかもしれません、これは単純に死亡が記録される方法だからです。

 

微生物学(microbiology)の専門家で、ドイツの歴史で最も引用されている研究科学者の1人の、スチャリット・バクディ(Sucharit Bhakdi)博士は、世界中の政府がとっている措置を「ドラコニアン(Draconian)」と呼んでいます。 コチラ(d)で、あなたはそれについてもっと読むことができます、そして、彼が新しいコロナウイルスについて何と言っているかを観てください。

 

最終的な考え

この記事の情報は、人々がこのパンデミックの「公式の」数と認識に疑問を投げかけている理由を提供する、情報の一片です。それら[パンデミックの情報]は、WHOと連邦保健規制機関(federal health regulatory agencies)経由で国民に提供されました。 主流メディアは、COVID-19による死亡者数は、その数が言うよりも多いとする考えを押し続けています。それでも、私達には、真実が完全に反対であるかもしれない、次の事実を強調する情報、証拠、そして証言の量が増えています。死者の数は不正確ですし、実数は私達が実際に得ているものより遥かに少ないです。 これらの矛盾だけでも、より多くの人々に政府に質問をさせます。

COVID19のような出来事は9.11に似ています、それらは、「権力者」による私達の意識の操作に人々を目覚めさせるための触媒として機能します。 これらの出来事は人類の間でより多くの疑問を生み出していますし、そしてより多くの人がその次のことを理解できるようにします。私達が、情報のために従うことを選んだ人々から私達が言われたことは、単純に間違っているかもしれません。 COVID-19は単純に目覚めのプロセスを加速させましたし、そして、それはまた、さらに多くの人々に、情報の検閲が行われていることを認識させるようになりました。 情報の検閲とともに、あらゆる反対の説話に、反対し即座にシャットダウンするために、嘲笑、そして主流メディアによるバッシングがやって来ます。 主流メディアの説話に反する説話は、承認されず、対抗もされず、それらは単純に嘲笑され、「陰謀論」と見なされます。

重要な点は、このような出来事が集団に役立つことです。 彼らは私達を目覚めさせ、彼らは私達が理解するのを助け、彼らは世界と私達の世界の「指導者」についての私達の認識を変えるのを助けます。そして、より多くの人々が自問し始めるための触媒として機能します、これは私達が本当に住みたい世界でしょうか。 何故、私達は、そんなにも多くの誤情報や操りと嘘に攻撃されているのでしょうか。 ここで実際に何が起こっているのでしょうか、そして、何故私達はそれを受け入れ続けるのでしょうか。

 

 

----- 出典 -----

(掲載終了した元記事のウェブ保存版)

Italian Politician Says The “Lies & Falsification” of COVID-19 Numbers Is Used To “Terrorize Italians” (VIDEO) | Collective Evolution

stillnessinthestorm.comhumansarefree.comeraoflight.com

 

----- 2020/05/07公開の記事を読んで -----

本編は、割と早い段階でジャーナリズムとして鋭い切込みをしていたものです。昨年にこの記事を読んだときは、裏が取りにくい感じもあって保留にしていましたが、時間が経っていろいろなことも分かって来ました。

また、日本では緊急事態宣言が出されますが、幸いなことに、厳しい封鎖措置(戒厳令)もありませんし、英語などへの検閲に比べれば日本語への検閲は緩やかです。なので、本編で取り上げられている緊迫感に共感しにくい一面もあります。

 

Covid-19を指定感染症にしたことで起こる弊害について、国民に分かり易く説明しないのは何故なのでしょうか。Covid-19とは逆にインフルエンザが消えかかっていますので、これが何故なのか、こうした説明を聞きたいものです。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp