ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

丸いアークのバビロニアの物語


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200102065306j:plain

丸いアークのバビロニアの物語は、クリスチャンのサークルからの怒りを誘います

( 図 ノアの箱舟 ウィキメディア パブリックドメイン )

 

(Fig.) アーヴィン・フィンケル氏と粘土板 大英博物館の楔形粘土板を担当するキュレーター(curator)[館長/主事]のアーヴィン・フィンケル(Irving Finkel)氏は、円形の箱舟と壊滅的な洪水の物語を伝える4,000年前のバビロニアの粘土板を持っています。

 

古代メソポタミア(Mesopotamia)の4,000年前の粘土板(clay tablet)は、洪水とノアの箱舟(Noah's Ark)のバイブル的な話題に新たなスピンをつけています。それは一部のキリスト教徒の原理主義者の間で驚きを引き起こしています。

創世記(The Book of Genesis)には、雨の40日間の昼夜から避難するために、あらゆる種類の動物が2つずつ配置された巨大なボートの詳細な仕様が含まれています。 木箱は長さ450フィート、幅75フィート、高さ30フィート(300×50×30キュビト(cubits)、または137×23×13メートル)の長さを測定することでした。

測定値は加算されません

すべてよろしいです:しかし、現在、大英博物館(British Museum)に展示されているバビロニアの「アーク・タブレット(Ark Tablet)」に掲載されている仕様は全く異なります。 バビロニアのボートは、編みこみロープで作られ、木製の円材で固定され、ビチューメン(bitumen)[アスファルトのようなもの]で防水されていたはずでした。そして、その幅230フィート(70メートル幅)を測定する丸いベースを持つことになっていました。

「それは本当に心停止の瞬間でした - ボートが丸いボートだった発見」 博物館の専門職[学芸員]のアーヴィン・フィンケル(Irving Finkel)氏は、AP通信(The Associated Press)社に語りました。 「それは本当に驚きでした。」

 

(Fig.1) アーク・タブレット 4,000年前の「アーク・タブレット」は、ロンドンの大英博物館に展示されています。 サンタン(Sang Tan)/ AP

 

円形の箱舟はコラクル(coracle)[たらい舟]の外観に合わせており、現在は古くからイラク(Iraq)として現在知られている地域で、古代から使われていた河川タクシーの一種です。しかし、レイアウトは創世記と絡み合わず、それは原理主義キリスト教界で単語毎の文字通りの真実とみなされています。

どちらが最初に来たのか

フィンケル氏は述べました。紀元前6世紀のバビロニア亡命者によって、洪水と箱舟の記述はおそらくユダヤ人に渡されたでしょう。そして創世記の話の基礎となりました。 聖書考古学のレビューでノア・ウィーナー(Noah Wiener)氏は述べました。楔形文字タブレットは、「創世記の物語が書かれる千年よりは前」に作成されました。

 

だが、ケン・ハム(Ken Ham)氏、創世記の解答(Answers in Genesis)を創設した米国人は、ケンタッキー州(Kentucky)でノアの箱舟の本格的な複製を建造するために7300万ドルを調達しようとしています。彼は次のように述べます。それは他の方法で行われているに違いありません。本当の記述が最初に創世記に来たに違いなく、バビロニア人がアーク・タブレット(Ark Tablet)の詳細を設定した時点で壊れていました。

「バイブルは神の霊感を受けた言葉なので、私達に本当の記述を与えてくれます」とハム氏は書いています。「他の洪水の伝説は、ノアの洪水と呼ばれる出来事を人が変化させたバージョンです。洪水は4,400年前に発生しました。」

ハム氏のFacebookページのファンが議論を取り上げ、フィンケル氏の主張を拒否しました。「これは箱の存在を反証したり歪曲させようとするサタン(Satan)からのもう一つの巧妙な試みです。」とある人は言いました。別の人は、「丸い箱が沈んだだろう」と書きました。

それ? 私達は以下を見つけるかもしれません:テレグラフ(Telegraph)は、英国のチャンネル4(Channel 4)が円形の箱を再構築しようとする試みについてのドキュメンタリーを撮影し始めたと報告しています。このプロジェクトは、フィンケル氏の新刊「ノア前のアーク(The Ark Before Noah)」のスピンオフ作品です。

 

 

----- 出典 -----

www.nbcnews.com(試作された丸いアークの写真が掲載されています)

www.dailymail.co.uk

 

----- この記事を読んで -----

残念ながら録画はできませんでしたが、2017年12月頃に、民報で丸いアークが浮かぶ様子が放送されていました。メソポタミアは、源流を東トルコに持つチグリス川とユーフラテス川のエリアであって、暮らしをするのに欠かせない豊富な水がありました。こうした大河は時として氾濫を繰り返し、肥沃な土地を提供していったと考えられます。河川氾濫は、暮らしている者にとっては洪水でしかなく、家、家族や仲間、そして街までを失うことも頻繁にあったのではないかと想像します。こうした背景から、古文書には洪水として記述が残されているのでしょう。

バイブルのストーリーとして、大洪水が記載されていることは少なからずご存じの方が多いかと思います。さて大洪水が、バイブル的な人間選別を伴うまでのリセットが地球規模で行われたものなのか、または地域的な大洪水を踏まえて演劇的に創作されたストーリーなのか、それは今後の地球史研究を待たなければならないことのようです。

ただし大洪水のストーリーが、メソポタミアに限らず、地球のあちこちの文明に記録があることも気になることです。大洪水のとの関連性は未知なのですが、ご参考までに南米のプマ・プンクの名前だけ挙げておきます。

 

チグリス川 - Wikipedia

ユーフラテス川 - Wikipedia

プマ・プンクについて ティワナク - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp