ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ノークルフト高原から見たゲイル・クレータの北部外縁


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191227024632j:plain

ノークルフト高原から見たゲイル・クレータの北部外縁

f:id:Zzak:20191213035529p:plain

(Fig.) ゲイル・クレーター(出典:NASA)

 

NASAのキュリオシティ(Curiosity)火星探査機のマストカメラ(Mastcam)での早朝の眺めで、ゲイル・クレーター(Gale Crater)の内壁の約130度の視野をカバーしています。 大気中にほこりや曇りがほとんどない期間に撮影されたため、条件は長距離撮影に最適でした。 画像の右側は日の出の眩しさに消されています。

望遠レンズを備えたマストカメラの右目用カメラは、2016年3月16日に、火星に関するキュリオシティの作品でSol 1284、または火星の日にコンポーネント画像を撮影しました。 ローバーの位置は、ゲイル・クレータ内の低山シャープ山(Mount Sharp)の「ノークルフト高原(Naukluft Plateau)」にありました。 視界は左の西北西より右の北東に広がっています。壁面の形態(形状の形状とパターン)の詳細は、ガリ溝、チャンネル溝、デブリの破片が含まれており地質学者がクレーターを形作について、砂、小石、大きな岩などの堆積物をクレーターの床まで運んだプロセスを理解する助けとなります。

いくつかの丘陵地帯は、形態的に層と違っていない層を示しています。シャープ山の麓の近くでは、キュリオシティに探検されています。これはクレーターが北壁に沿っていっぱいになっており、シャープ山の近くで起きたのと同様に大部分は今となっては浸食された堆積物です。

このシーンには、地球上の昼間の照明条件下で地形がどのように表示されるかに似せるために、ホワイトバランスに近似する色調整が施されています。

図Aは、スケールと位置の参照のために、クレーター壁の3つの頂きの上のラベルを含みます。 パノラマの左端付近の「A」と表示された頂は、北から291.8度、ローバーの位置から18.1マイル(29.1km)離れた方位にあります。 それは、クレーターの床の最も近いポイントの上約6,200フィート(1,900m)の高さです。 頂「B」は、北から東へ357.2度(北から2.8度)、約17.6マイル(28.4km)離れており、その麓の底から約1,900フィート(1,200m)の高さです。 北から東へ33.6度の方角にある頂「C」は、約27.3マイル(45.5km)離れており、麓から約6,200フィート(1,900m)の高さです。

パサディナ(Pasadena)のカリフォルニア工科大学(California Institute of Technology)の部門であるNASAのジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory、JPL)は、ワシントンのNASAの科学ミッション支部のために火星科学実験プロジェクト(Mars Science Laboratory Project )を管理しています。 JPLは、プロジェクトのキュリオシティ探査車とそのNavcam(ナビカメラ)を設計し、構築しました。キュリオシティの詳細については、http://www.nasa.gov/mslhttp://mars.nasa.gov/msl をご覧ください。

 

 

----- 出典 -----

mars.nasa.gov

 

 

----- この記事を読んで -----

火星探査車ローバー・キュリオシティが撮影した、冒頭のリンクのゲイル・クレーターの画像を取り上げたNASAの記事です。

この画像を検証された方がおられ、実はとんでもない天体らしきものが紛れ込んでいることが分かっています。詳細は下記のビデオに取り上げられており、明暗調整により確認できます。(写真のお仕事をしている方が見つけられ、ビデオの題材に採用されました。)

NASAが写真の構築にヘマをしたり、意図的ないたずらをしたのでしょうか。それとも、想像を超える何かがクローキングしてそこにいたのでしょうか。または、4次元以上の空間に居るものの影のようなものが、撮られたものなのでしょうか。

 


NASAの火星サイトにアップされた一枚の写真を画像解析してみたら説明のつかない超絶違和感のある巨大な謎が浮かび上がった!全人類の誰も知り得なかった隠されていた真実 211-2