ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

いかにUFOは地球を探検するのか


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200708221552j:plain

いかにUFOは地球を探検するのか

(図 UFO Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

1958年に、「神秘的な天の物体(Mysterious Celestial Objects)」という本は、UFO論者でフランス人のアイメ・ミッシェル(Aimé Michel)氏によって出版されました。彼は、エイリアンが地球を訪れる地図投影計画を構築するという目標を己に設定しました。

 

研究者達は彼の発見に極めて驚きました:UFOの目撃の毎日の報告を収集し、彼は地理的な観点から次のことを発見しました。未確認飛行物体の出現は、1つの明確なパターンの影響を受けます。

それは地域から与えられた事実からなり、同一直線上にある人口地域(または無人の地域)の地点から、そこからのみ物体の観測報告があります。この直線は子午線に平行(または子午線に沿って)います。地上の並行線のラインに関しても同じことが起こり得ます。もちろん、同じ物体の飛行ではなく、異なる構成、サイズなどの外観のUFOです。さらに、この直線から脱線してUFO飛行が起きたならば、総ての「脱線」は別の直線で形成されます。そして、それらは正確に33海里(約61.1 km)を最初に守りました。

 

ミシェル氏は手始めとして、ラモン・ラヴィエ(Ramon Lavier)氏とチャールズ・ガロ(Charles Garro)氏を再確認することに決めました。ところで、レイモン・ラヴィエ(Reimon Lavier)氏の起源を知ることは価値があるでしょう:おそらく彼の祖先は、300年前に宇宙人が訪れたのと同じラヴィエ氏でした... 1671年5月29日に、トゥールーズ(Toulouse)の農夫、ラモン・ラヴィエ氏は、彼のブドウ園で普通ではない「乗り物(carriage)」を見ました。斧を持ち家から飛び出した彼は、侵入者に対処することを決めましたが、突然彼は物体全体を見ました。乗り物の上で、彼は全くそうではありませんでした。暗闇の中でさえ、理解不能な二重構造の丸い天幕状のものが輝きました。 …しかしながら、これはラモン氏の憤りを減らすことはありませんでした:主人は、一思いに庭の 「チャピト(chapito)」に移動しました。

彼は何かをする時間がありませんでした:物体は空気中に浮かび、最初はトゥールーズに向かってゆっくりと移動し、突然、さよならのように点滅し、たちどころに姿を消しました。農夫はブドウの茂みに行きました、ブドウはもちろん壊れていました。物体が置かれていた場所の土地は暖かいままでした... それが判明したとき、レイモンド(Reymond)氏は空しく憤りました:その年は、特に輝かしいブドウの収穫ではありませんでしたが、ラヴィエ氏が収穫したところ、情報源によれば、通常の収穫に対して10倍でした。そして、彼にとってこの成功した年であっても:ラヴィエ氏のぶどう園はすぐに伝説になり、短期間で海岸全体に広がりました。そして、革命以前の彼の子孫達は、パリでいくつかの大きなレストランを所有し、議会に座っていました...

 

しかしながら、この物語は300年前です。そして今日、ラモン・ラヴィエ氏とチャールズ・ガロ氏の話は、アイメ・ミシェル氏のデータのチェックになりました。フランス(France)全土を一辺33マイルの正方形の格子[グリッド]に分割することができます。UFOの出現は、地図上に垂直と水平に配置されたこれらの直線に沿って観察されました。彼らは、それらの構造を地球の他の地域と比較しました。無作為に選ばれた南半球の領域は、同じ驚くべき規則性を持つUFO物体で調査されました。どうかしましたか。次の印象がありました、未確認の飛行物体は、惑星の周りを四角で飛び回ります、私達に必要なもの(たとえば、鍵)を失って、全然それを見つけることができないとき、私達がアパートで行ったのと同じ方法で調べます。これは合理的な行動なだけでなく、科学的研究にも役立つのに似ています。そして、生活空間を捜す静かな方法に、とても似ています:研究され - 記録され - 適用されました。おおよそ、アラスカ(Alaska)の最初の金の掘削業者がしたように。またはシベリア(Siberia)でそうしたように。

 

第2の選択肢は、もちろん、もっと似ています。そして、それは多くの研究者達により採用された宇宙膨張の理論に完全に同意します。よく知られたドキュメンタリー映画「ソロモン・シャルマン(Solomon Shulman)」の著名な作家で監督は、1980年代の彼の著書「エイリアン・オーバー・ロシア(Aliens over Russia)」で、この理論が別のバージョンに従っていることを読者に伝えています:それどころか、より高い文明が開発されると、その存在のために居住空間が必要とされることは少なくなります(もちろん、1人当たり!)。それにもかかわらず、S.シャルマン氏が同じレクチャーから引用した彼の引用を私達が使うことは、一度禁止されています。その著者はソ連(Soviet)のUFO論者のV.アザハ(V.Azhazha)氏です:

「...地球上のいくつかの場所では、鉱山が放棄され、これらの鉱山は、ややこしい方法でもたらされたという考えがあります。二次的な産物 - 溶岩 - が作られ、一次的なもの(採掘されたもの)は完全に処分されており、南米のどの地域で何が起きているのかは不明です。アメリカの宇宙飛行士アームストロング(Armstrong)氏が率いる探検隊は現在このような鉱山に取り組んでおり、フォン・デニケン(von Daniken)氏も参加しています。この探検は、宇宙からの『エイリアン』の痕跡を探し出す同様の問題に取り組んでいます。探検の仕事に関するデータは、まだです。事実として、これらの仕事の多くは、各国の軍事省と秘密の『覆い』のもとに行われています。」 エイリアンがかつて私達の母なる地球を訪れたことを願う人のための、最も肯定的な、最も虹色の情報です。しかしながら、もちろん私達の資源は残念です、私達が結局何をしたとしても...

しかし、ここで、あなたは蜂蜜の樽に1杯のタールを加えなければなりません。第一に、南アメリカ(South America)は一度、高度に発達したアトランティス(Atlantis)文明の利ざやの領域でした。(それはプラトン(Plato)の言葉でも、インカ(Incas)またはオセアニア(Oceania)のアボリジニ(aborigines)の言葉の両方で呼ぶことができますが、本質は変わりません)。総ての疑わしい鉱山という鉱山は、この強力な文明の産物かもしれません。採掘された原材料は、抽出結果の生成物としての「出涸らし」で判断できない程度の品質で処分されたという事実があり、これ自体は、私達が研究し学ぶべきアトランティス人(Atlanteans)を持っていることだけを証明しています。さらに、エイリアンの使命が私達のために遠く離れた時代に文明化されていなかったのならば、そして彼らの訪問は水の広がりとして最も純粋なものだとするのなら、文明主義への新規参入者の明らかな傾向とする解釈は却下されます。それは明確に表現された強盗の例と反するからです(彼らの自身の目的のために化石を使用すること)。ですがもちろん、もしあなたが取引時間の論理に従うならば、啓発のために、あなたは何かを、何かを疑うことができます...

 

おそらく、私達は自分達の歴史をよく知っていませんし、 たとえ長く絶滅したとしても、地上の人々の間でその答えが求められなければなりません。今、「飛行の正方形(flight squared)」UFOについて。この正方形の概観を完全に提供するためには、33海里の飛行機のエンフロナウト(aircraft enflonauts)が必要です。そして、「間違いを犯さない」ように、2つか3つ隣の  - 西から東へ、または南から北へ(あなたはそうすることができ、その逆もあり、誰でも同様に)。しかし、異なる順序の矛盾があります。地球「正方形」にするブレークダウン[内訳]についての結論。数十年間(少なくとも、例えば20世紀に限って)、この原則への冗長な固執は、第一にUFOパイロットの文明が長い間凍結しているという考えを示唆しています。こうした結論が堅くなっており、別々に撮影された単一のUFOの「レビュー」を拡大し推測するだけならば、彼らは、地球を「探検」する彼らの仕事を容易にするために頭[考え方]を変えません。

これはまた、観測の統計値と矛盾します:それはUFOの形と大きさの想像もできない多様性、それ故に彼らの任務と能力について私達に与えてくれます。船の形は実際に彼らにとって何の意味を持たないと想像するのは難しいでしょう:何らかの理由でパイロットは同じ船の形を変える機会があります。もしくは、一度確立された原則で彼らは何万年も働いているのでしょうか。さまざまなサイズの船は、それらに取り付けられたさまざまな種類の機器に指令をしなければなりません。もちろん、2つの顕著な観察がありますが、それは悩まそうとするものです。

 

アレキサンドル・ブライエフ(Alexander Belyaev)氏の小説の1つでは、主人公は麻痺に陥り、その後20世紀末に彼は「解凍」されます。彼は何を見るのでしょうか。巨大な住宅、単純に想像もできない大きさ、空を飛ぶ巨大な飛行船...など。小説は1929年に書かれました。その他の例。 1960年代に、ドイツ民主共和国(GDR)とユーゴスラビア(Yugoslavia)の共同制作の映画「チンチャクク - ビッグ・スネーク(Chingachgook - Big Snake)」が私達のスクリーンで上映されました。そこでは、インド人(Indian)が「白人」を見たことについて彼のリーダーに報告します:「2匹の獣、総ての獣には2つの尾があります」… あなたのエージェントを信じてはいけません、リーダーには信じる理由がありません。彼は考えます(そして、私達は象の形態についての話をしています)。そして、彼は言います:「これらの青ざめた顔をした人々は、さらに異国的な獣を持つことができます:それらは2つではなく、4つの尾を持っています」

両方の場合において、同じアプローチは、幻想の原則であるとっぴなものに連れて行かれます。作家のための未来の素晴らしい世界、全体主義イデオロギーに従うか、または - とても賢明な - リーダーのための「異国的な獣」は、単純に尾の寸法や数を増やすことで成り立ちます。残念なことに、UFOの問題では、私達は同じ分析方法に頼っています。そして答えは含まれています。たとえば、私達の地球の首脳になれない啓発主義者の他の興味のために、私達の文明はこれのためにまだ準備ができていないからです。または彼へのエイリアン(そして私達への彼ら)の考え方。誰でも彼のベル塔から判断します。A.ブライエフ氏は、20世紀末までに輸送手段としての飛行船が完全に消滅することに気付いていません。コサック(cossacks)のリーダーは、幻想の縁にある尾の数の単純な算術倍増にしているようです... 私達はもちろん獣は最大の野生なことを理解しています。例えば11(!)の尾があると、素直にそれを笑います。あなた自身でしょうか。

 

UFOが地球を調査しますが、それは私達のようです。次に、もしかしたらかなり以前に既に彼らが鉱山を開発していたのかを調べます。なので、地球は数千年前に彼らによって調査されました。彼らではなく、他の誰かによってでしょうか。あるいは、彼らは私達をパトロールしているのでしょうか。例えば、命令に従う警備員はどうでしょうか。何故彼らは、毎日地球をパトロールしないのでしょうか。

私達の考えと同じレベルのクトソボゴ(kutsovogo)は、例えば、オネガ(Onega)湖では、UFOがテストとして海岸から土地のワゴンを奪いました... そして、何人の科学者が関わったのでしょうか、どれくらいの人々が毎日(多分もっと役に立つ)ケースから分かれているのでしょうか。

単に地球の磁力線をナビゲートするのはそれほど簡単なことではないのでしょうか。UFOは斜めよりも簡単で、恐ろしいことでしょうか。 または、磁力線をちょうど横切ります(平行の場合)。結局のところ、飛行中の鳥の群れや個体は、静かに地球の表面の座標の目に見えない格子を使用します。コースを失うことはありません。そして私達が未確認飛行物体から知っている速度では、そのラインに沿って(あるいは横切って)目的地まで飛ぶ最も大きな理由です。そして、正方形で、あなたが好きなように飛びます...

地球エネルギー理論があり、それは、喜んで、UFOが一般的に存在している事実を反対者が指摘していることに従っています。それはとても明確です。地下が源の地殻構造上の活動は、 (原則として、私達の言語では異常と呼ばれるが、実際はとても自然に)個別の場所かまたは部分へ地球エネルギーの放出となります。それは特別な方法で変容し、そして多分「純粋な」形で、恐怖心を抱く人に影響を与え、総ての観察者に安定して一連の同じ幻覚を引き起こします。つまり、エネルギーがあり、ビジョンがありますが、UFOはありません。

これに反対することは難しいです。多くの無神論者は、神を拒絶する前に、まず忠実に彼を信じました。たいていの熱烈な革命家らは、カトリック神学校の生徒を辞めますと、彼らは言います。それが必要だとする理由だけで拒否します(なぜそうでしょうか)。UFOが存在するか否かは、UFO反対者の個人的関心に影響を及ぼすでしょうか。その後、彼らが望むことの反対のことは、絶対に証明されます:それはまだ、とても正しい位置ではないことを意味します。

しかしながら、私達は多くの人々が敵ではないことを知っていますが、でも言います。UFOの熱烈な支持者になった懐疑論者、そして後のUFO論者 ...

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(関連記事)

www.space.comearthsky.orgwww.nbcnews.com

 

----- この記事を読んで -----

2018/8月下旬の記事でしたが、短期間でドメインごと消えてしまいました。不味い事でもあったのでしょうか。 少々雑にタイプされた記事でしたが、タイプミスかとも思われる固有名詞はそのまま残しました。

地磁気の南北の磁力線沿いに飛行している結果を得たようです。理解できますが、ナビゲーションだけに地磁気を利用しているのでしょうか。地球の生物にもそうした利用をしているものがいて、驚くような目新しい見解ではないかと思います。

人類がある程度の文明を持つようになったのは、大雑把に200年程度でしょう。彼らがもっと昔に地球を訪れていたとしたら、何を目的に訪問していたのでしょうか。採掘やそのための定住地としての考えるのは自然な事かもしれません。地球は既に採掘済みで、放棄された定住地なのかもしれません。

地球外からの訪問者が居る前提の話です。目の当たりにした経験がないと絵空事のようかもしれません。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp