ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

仏教による死後の人生


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200801195127j:plain

仏教による死後の人生

(図 ヨガ Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

死後の人生(life after death)という現象は、興味深いことに、私達が生きることを選んだ人生の裏の主な原動力の1つです。死は未知であり、もちろん、それは多くの恐怖を引き起こします。故に、多くの宗教は、死の意味を説明する上で慰めと癒しを提供しており、これが私達の人生を有意義なものにする方法と関連しています。仏教(Buddhism)は、安らぎ、寛容、平静の原理で広く評価されている宗教で、この宗教にも私達が死んだ後に得られる人生についての独自のアイデアがあります。

 

(Fig.1) ろうそくの炎

 

仏教の基盤はヒンドゥー教(Hinduism)の基盤と似ています。どちらの宗教も、生まれ変わり[転生]は死後の次のステップだと信じています。生まれ変わりは、別の時間と人生での再生ですが、それが涅槃(Nirvana)の状態に達するまで何度も何度もやって来るという信念があります。死後に、人格、性癖、嗜好、才能、必要性、欲の総てが失われ、別の時間と場所で再び創造されます。その存在は、天国の状態、地獄の状態、幽霊として、人間として、または動物として再生することができます。

しかしながら、この宗教は、天と地獄を象徴するものについて独自のアイデアを持っています。存在に愛情があり、優しく、良いものならば、それは天国のような状態に戻ります。しかしながら、この状態は一時的なものであり、人生が終わると終わります。地獄の状態は、存在の状態がどのように痛みを伴うかで決まり、また一時的なものです。天も地獄も双方とも、心の状態かまたは経験です。この経験は本来、不安、抑うつと地獄の状態での苦悩と苦痛で、そして主として天国で喜びです。人間の経験は両方のものが混在しています。幽霊は、不満、不平、そして何かへの切望の存在です。

 

(Fig.2) 仏教的な華のイメージ

 

次の人生を決める主なものは、「カルマ(Karma)」と呼ばれるものです。カルマは「因果応報」ほど単純ではありません。このアイデアを構成する積み重ねはもっと深くなり、死後に形作られるあなたの人生の決定に多大な反響を与えます。私達が過去にした行為は、集められ、私達の存在もしくは魂のエネルギーのフリーケンシーで保存されます。もしも私達が有害か痛みを引き起こす行いに訴えたのならば、この行いは私達のエネルギーのフリーケンシーを増やします。もしも私達が自分を善と義に従うのならば、これは私達が宇宙に与えるエネルギーの中に再び集まります。

私達の死の時、私達の体は弱くなりますが、私達のフリーケンシーはより強くなります。私達の死の終わりに、私達は宇宙に私達のフリーケンシーを送信します。もしも私達の中にたくさんの陰性があるならば、宇宙の陰性はフリーケンシーを拾います。これは、死ぬときに一部の人々が恐ろしいイメージや不安にするようなイメージを見る原因の1つです。私達が送る良いフリーケンシーにも良い同じことが成り立ち、人々はこのとき愛する人や過去に失った人達のイメージを見ます。彼らが死ぬときに、彼らはこれらの「視覚」を呼び出します。体が死ぬとエネルギーが放出され、いかなる周波数が支配的でも新しい器または身体に設置されます。故に、多くの善行を集めた人は、快適な人生の中で人間として生まれ変わるか、または天国に入ることもできます。圧倒的に悪いカルマを集めた人は、人間または動物として生まれ変わり、人生に極端な困難をもたらします。また、陰性が重過ぎると(過去の人生で極度の残虐行為をするなど)地獄の状態に向かう可能性があります。

 

f:id:Zzak:20200802031936j:plain

(図 瞑想 Pixabay)

 

各々の宗教には、生と死に関する独自の哲学があり、世界をより良い場所にすることで、意味のある人生を送ることができます。このメッセージは総ての宗教に存在し、世界の徳を高めることを目指しています。他者を助け、価値ある存在になるために生きることは、あなたが生きている現在の人生を天国に見えるようにすることができます。

 

免責事項:内容は純粋に有益で教育的なものであり、医学的アドバイスとして解釈されるべきではありません。 適切な認定医療従事者または医療従事者と相談してください。

 

----- 出典 -----

www.curejoy.com(関連記事)

www.bbc.co.ukwww.bbc.co.uk

 

----- この記事を読んで -----

仏教については、日本語の解説を読んでも難解なことが多いのですが、英文ですとあっさり解説で理解しやすいみたいです。
フリーケンシー = 精神 と解釈すれば、以下の関連する記事の内容の単語を置き換えた考え方と捉えることもできるのではないかと思います。そう考えると、実に興味深いです。
なお、フリーケンシーに訳語をつけるのを止めました。科学技術用語として明確に定義されている専門用語としての周波数、振動数、頻度、、、波動 の、どれもしっくりせず、こうした既に定義されている専門用語を利用することは、むしろ誤解を招きやすいと思います。

なお、本文では、決して死を勧めるものではないことを断っておきます。

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp