ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

科学者達は魂が死なないことを発見した - それは宇宙に戻る


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200610001552j:plain

科学者達は魂が死なないことを発見した - それは宇宙に戻る

(図 Poem of the Soul - The flight of the soul ウィキメディアパブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

(Fig.1) イメージ 1

 

2人の有力な科学者によれば、実際には、人間の脳は「生物学的コンピュータ」であり、人の意識は、脳内にある量子コンピュータによって実行されるプログラムで、私達が死んだ後でさえも存在し続けます。

専門家が説明するように;「人々が死んだ後、彼らの魂は宇宙に戻ってきます、そして、それは死ぬことはありません。」

魂の存在とそれが永遠であるか死者と供に死ぬかの議論は無限の話で、何世紀にも渡って、普遍的な歴史の偉大な思想家の時代を占領してきました。そのミステリアスな性質は、科学のさまざまな分野を魅了し続けましたが、しかし今、ある研究者のグループがそれについての新しい真実を発見しました:「魂」は死なない;それは宇宙に戻ります。

これはすべて、アメリカの物理学者で麻酔科の名誉教授のスチュアート・ハメロフ(Stuart Hameroff)博士と、オックスフォード大学(Oxford University)の数理物理学者であるロジャー・ペンローズ(Roger Penrose)卿によれば、両者とも、魂が脳細胞の微小管に保持されていると主張しています。2人の科学者は、このプロセスを「オーケストレイションされた客観的削減(Orchestrated Objective Reduction)」または「オーク-オア(Orch-OR)」と呼んでいます。人間が「臨床的に死んだ」とき、脳の微小管は量子状態を失いますが、それらの内部の情報を依然として保持することができます。

 

(Fig.1) イメージ 2

 

この理論は最近、サイエンス・チャンネル(The Science Channel)の進行中のドキュメンタリー・ショー「ワームホールを通して(Through the Wormhole)」で概説されました。ハメロフ博士は次のように述べています:「心臓は鼓動を止め、血は流れなくなるとしましょう;微小管はその量子状態を失います。マイクロ微小管の範囲内の量子情報は破壊されず、それは破壊することはできませんが、それは散布するだけで、一般の宇宙全体に消えます。

患者が蘇生され、復活した場合、この量子情報は微小細管に戻れて、患者は「私は死に至る経験をしました」と言います。患者が復活せずに死亡した場合は、この量子情報は身体の外に存在する可能性があります。おそらく永遠に、魂として。」

ハモロフ氏の言葉は、人間の魂は、脳内のニューロンの単なる「相互作用」以上なことを示唆しています。実際には、この理論は、これらの「魂」は、時間そのものの当初から存在していた可能性があることを示しています。そして、ダークエネルギー(dark energy)とダークマター(dark matter)に関する最近の発見 - 人間が見ることができず、または相互作用しない物質ですが、私達が知っている物質が存在するにもかかわらず - この理論は、さらにミステリアスで魅力的なものの説明を終える可能性があります。

このコンテンツは、見つけられた素晴らしい記事に触発されました

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(出典のソース)

www.peacequarters.com(同様な記事)

www.positivethingsonly.comlifeinsider.meauxx.me

 

----- この記事を読んで -----

本編では魂(soul)という単語を使っていますが、さまざまな固定観念にとらわれないために意識という単語に置き換えます。

脳が生物学的コンピュータだと仮定すると、意識=プログラムとデータ(+ メモリ)が宿る... とてもシステマチックな組み立ての話です。
生物学的コンピュータの肉体に、どのタイミングで意識が宿るのでしょうか... 生物学的コンピュータが機能停止するとき、意識は別のところにダウンロードされ、バックアップされるのでしょうか... いろいろと興味の尽きない話です。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp