ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

2749年の未来で2年を過ごしたタイムトラベラー、総てを伝える


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200708211945j:plain

2749年の未来で2年を過ごしたタイムトラベラー、総てを伝える

(図 シャドウ パブリックドメイン)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

これらのビデオでは、2749年に将来2年間過ごし、現在に戻ったタイムトラベラーが、彼が見た総てを伝えています。興味深いことに、彼の話を聞く時間を取った多くの人々は、彼の「予測」が地球上で起き始めると述べています。

あなたは、タイムトラベルが可能だと思いますか。従来の理論によれば、少なくとも人類においては不可能です。もしも誰かが光の速度よりも速く動いて進むことができるならば、理論的には、誰かがタイムトラベルすることができ、そしてタイムトラベルとして定義され可能になるでしょう。多くの研究者は、タイムトラベルの証拠は、多数の古代のテキスト、それにバイブルの中に見られると考えています。紀元前8世紀に書かれたマハーバーラタ(Mahabharata)の古代インドのテキストでは、レイヴァタ(Raivata)王は、創造者の神、ブラフマ(Brahma)と出会うために天国を旅し、将来何百年にもわたって地球に戻ってくると言われています。

しかし今日では、それが可能であることが証明されている多くの素晴らしい説明があるとしても、タイムトラベルが本当か否か議論することは極めて困難です。

 

アル・ビエレク(Al Bielek)氏は別の話をする人物です。ビエレク氏によれば、彼は未来へ旅行しただけでなく、彼は戻って来ることができて、彼が遭遇した総ての物語を伝えました。

 

(Fig1.) 未来へ行き戻ったとされる人物

 

アル・ビエレクは、彼が2137年に費やした6週間と、1749年に費やした2年間から覚えていることを総て論じています。この人物の背後の物語は、魅力的を超えたものです。多くの人がビエレクの語った説明を、既に起きているか、近い将来に起こると主張しています。新世界秩序から、地球を揺るがす壊滅的な気候変動に至るまで、ビエレク氏によって語られた話は、聞く価値がある話です。

ビエレク氏が言及した多くのものの中にはモントーク計画(Montauk Project)があります: 研究者達が心理戦技術、そしてタイムトラベルを含むエキゾチックな研究を開発していたロング・アイランド(Long Island)のモントークのヒーロー駐留地(Camp Hero)やモントーク空軍基地(Montauk Air Force Station)で行われた秘密の米国政府の一連の計画です。「モントーク計画の起源は、レーダーの不可視性が米国艦船エルドリッジ号(USS Eldridge)で研究されていた1943年にさかのぼります。エルドリッジ号がフィラデルフィア海軍軍需工場(Philadelphia Navy Yard)に係留していたので、船に関する出来事は一般に「フィラデルフィア実験(Philadelphia Experiment)」と呼ばれています。

モントーク計画は、数多くのドキュメンタリーと無数の書籍を生み出しました。それらでは、米国の人々の背後にある出来事の説明を記述するのがとても難しい試みが行われ、数多くの最高機密計画でのタイムトラベル装置を創造しました。

報告によれば、アル・ビエレク氏の任務は、マインドコントロール・プログラムの運用の操作でした。彼はダンカン・キャメロン(Duncan Cameron)氏とプレストン・ニコルズ(Preston Nichols)氏と定期的に接触していました。スチュワート・スウエルドロー(Stewart Swerdlow)氏はアル・ビエレク氏の下にあるモントーク・ボーイズ(Montauk Boys)プログラマーの1人でした。

興味深いことに、時間制御計画が運用されていた1980年代、アル・ビエレク氏は一部のタイムトラベル実験に参加しました。彼とダンカン・キャメロン氏はともに火星に何度か訪れました。彼は現在、幾つかの他のトラベルを覚えており、彼は紀元前10万年にチームと研究施設を持ち、光とダークエネルギーで満たされたキャニスター[円筒の爆弾]を得るための他の惑星、そして6037年までのことです。

多くの人々は、アル・ビエレク氏の発言について懐疑的で、モントーク計画の背後にある全部の秘密を含んでいることは、次のことをしっかりと維持していると考えています。いわゆるモントーク計画と論争のあるフィラデルフィア実験の存在を証明している機密文章が、一般の人々に公開されるようになるのは唯一時間の問題です。

 


AL BIELEK - THE MONTAUK PROJECT

(3:04:33)  2011/03/20

 


Al Bielek - YEARS 2137 & 2749

(1:05:47)  2012/07/02

 


Al Bielek - The Alternative Future Time Lines & Time Travel

(1:38:33)  2013/03/17

 

追加情報:The Montauk Project & Philadelphia Experiment

 

 

----- 出典 -----

Time Traveler who spent 2 years in the future –year 2749– tells all | Ancient Code・・・ 接続に時間がかかり、以下のプレビューが表示されないことがあります

www.ancient-code.com(出典のソース)

The Life of Al Bielek

(同様な記事)

corespirit.comconsciousreminder.com

 

----- この記事を読んで / タイムトラベラー No.9 -----

以前に登場したアル・ビエレク氏の別記事になります。1943年のフィラデルフィア実験に参加されていたらしく、その後にタイムトラベルしたらしい方です。

各年代で過ごされさまざまな歴史や情報を得られているとのことですが、残念ながらフィラデルフィア計画はフェイクだと論破されています。いづれご紹介いたします。

そうすると、このご老体のお話は、いったい何を話されているのか。未来に行かれているなら、ご存じだろう地球の歴史として、2020年に起きているパンデミックという世界的な事件に触れていないのは、都合がよすぎる気もします。

 

フィラデルフィア計画 - Wikipedia

Montauk, New York - Wikipedia

マハーバーラタ - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

NEXT タイムトラベラー

zzak.hatenablog.jpPREV タイムトラベラー

zzak.hatenablog.jp

 

アル・ビエレク

zzak.hatenablog.jp