ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

彼女は死んで、この重要なメッセージと共に「別の次元」から戻った


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200122174500j:plain

彼女は死んで、この重要なメッセージと共に「別の次元」から戻った

(図 精神/女性 Pixabay )  (Fig.) アニタ・ムーアジャニさんのイメージ

 

2006年2月2日の朝、アニタ・ムーアジャニ(Anita Moorjani)氏が病院に昏睡状態で到着したとき、医師達は彼女に生きる時間を与えていました。彼女の器官が不全になっていたので、彼女は自分自身が自分の身体の外側に広がり、別の次元に入ったと感じ、ここで彼女は地球上で彼女の人生と目的を、驚くほど明確に理解した経験をしました。彼女がこの次元で発見したことは彼女に見通しを与え満足させました。それが奇跡的に速い回復の原因だと彼女は言います。

これまでのところ、死に至る経験の中で私の好きなケースです。彼女が戻ったメッセージが私の心を吹き飛ばしました。あなたが真実に再び結びつくのを助けてくれることを願っています。それが私を助けてくれたように。彼女の話を説明しているこのすばらしいインタビューをお楽しみください。

 


Headstart: Anita Moorjani, author of the book "Dying To Be Me"

(30:54) 2013/01/28

 


Dying to be me! Anita Moorjani at TEDxBayArea

(18:05) 2013/11/30 ・・・各国語の字幕がつけられたビデオで、日本語字幕もあります。

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

(同じ内容の記事)

She Died And Returned From 'Another Dimension' With This Message – Disclose.tv

(同様な記事)

worldtruth.tvwww.bbncommunity.com(関連記事)

www.messagetoeagle.comwww.psychologytoday.com

 

----- この記事を読んで -----

 ビデオ紹介記事になります。2つ目のビデオは、世界中で関心が高いようで、日本語字幕を含めて7か国語の字幕がつけられています。国内でも関心が高く、意外と反響が大きいビデオです。

亡くなられ、意識が動き回り、遠隔地や過去を見てきたという内容です。この類の事例はいくつも報告されています。なにより私の友人にほぼ同じ臨死体験をした方も居り、それが嘘だと否定する要素もありません。 既成の固定観念に落ち込まないように、あえて意識という単語を使っています。人によっては精神とか、魂とか霊魂、またはアセンションと呼んでいるものかもしれません。

記事のタイトルにある通り、別の次元、すなわち高次元に入ったとするのならば、現代の物理学や数学が示している通り、私達の慣れ親しんだ「3次元+時間」の距離や時間の概念の世界とは違ってきます。3次元では離れた距離が高次元ではそうではなかったり、過去-現在-未来の時間の区別が高次元ではなくなったりします。これをそのまま当てはめて良いのかは、なんとも言えませんが、理解するための参考になるかもしれません。

科学が再現性を求めてしまうと、なかなか前に進めなさそうです。統計学の手段に頼ることになるのでしょうか。科学的な解釈をするにしろ、1つの切り口だけから、こうだと決めつけてしまうことはしたくないミステリーです。

 

臨死体験 - Wikipedia

Anita Moorjani - Wikipedia

Facebookhttps://www.facebook.com/Anita.Moorjani/

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp