ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

量子物理学は、死後の世界があることを証明していると科学者は主張


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191218035428j:plain

量子物理学は、死後の世界があることを証明していると科学者は主張

(図 三裂星雲 クレッジトNASA)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

ほとんどの科学者は、おそらく死後の概念はナンセンスであるか、少なくとも最も妥当なものではないと言うでしょう。

しかし、ある専門家は、彼は墓の外に存在を確認する証拠を持っていると主張しています - それは量子物理学にあります。

ロバート・ランザ(Robert Lanza)教授は、生物中心主義の理論は、私達が知っている死は、私達の意識によって作り出された錯覚だと教えていると主張します。

「私達の生命は単なる炭素と分子の混合物の活動だと考えています。私達はしばらく生きていて、腐って地に戻ります」と彼のウェブサイトの科学者は述べています。

www.robertlanzabiocentrism.com

 

ノースカロライナ州のウェイク・フォレスト大学(Wake Forest University School)医学部のランザ氏は続けました。人間として私達は死ぬことを信じています。なぜならば「私達は、私達が死ぬことを教えられた」。私達の意識は生命と身体を関連付け、身体が死ぬことを知っています。

しかしながら、彼の生物中心主義の理論は、私達が思っているように死が終末ではないかもしれないと説明しています。

生物中心主義は総ての理論として分類され、ギリシャ語の「生命の中心」から来ています。

生命と生物学は現実の中心だと信じており、生命は宇宙を生み出します。他の方法はありません。これは、人の意識が、宇宙の物体の形状と大きさを決定することを提示しています。

ランザ氏は、私達の周りの世界を認識する方法の例を使います。 人は青い空を見て、彼らが見ている色は青色であると言われていますが、人の脳の細胞は、空を緑色または赤色に見せるように変更ができます。

 

ランザ氏の生物中心主義と死後の世界の理論

生物中心主義はすべての理論として分類され、ギリシャ語の「生命の中心」が由来です。 生命と生物学は現実の中心で、生命は宇宙を生みし他の方法は宇宙を生みださない、という信念です。

ランザ氏は、私達は、私達の周りの世界を知覚する、方法の例を使います。

人は青い空を見て、見ている色は青色であると話しますが、人の脳の細胞は、空を緑色または赤色に見せるように変更することができます。

私達の意識は世界の意味をなし、この解釈を変えるために変更することができます。

生物中心の視点で宇宙を見ることで、これはまた、空間と時間が、私達の意識は困難で速い方法で行動しないことを意味し、私達の意識にはそれが私達に伝えます。

要約すると、空間と時間は単に「私達の心のツール」です。

この精神構造である空間と時間に関する理論が受け入れられるなら、それは死を意味します。そして、不死不滅の考えは、空間的または区切られた境界のない世界に存在します。

同様に、理論物理学者は、人々の異なる様ざまな変化と状況が同時に起こる無限の宇宙があると、信じています。

ランザ氏は次のように付け加えます。おそらく起こりうること総ては、これらのマルチバース(多元宇宙)のどこかで発生しており、これは死が「本当の意味で」存在できないことを意味します。

ランザ氏は、代わりに次のように述べます。私達が死ぬと 私達の生命は「マルチバースに開花する多年草」になります。

ボトムライン:あなたが見ているものは、あなたの意識がなければ存在できませんでした」とランザ氏は説明します。 「私たちの意識は世界を意味します。」

 

(Fig.1) 二重スリット実験  ランザ氏は、彼の主張を裏付けるために、写真の二重スリット実験を引用しています。 科学者が2つのスリットを通過する粒子を見ると、粒子は1つのスリットまたは他のスリットを通過します。 人がそれを見ないと、波のように働き、両方のスリットを同時に通過することができます。 これは、その行動が、人間の知覚に基づいて変化することを意味します。

 

ランザ氏は次のように付け加えます。おそらく起こりうること総ては、これらのマルチバースのどこかで発生しており、これは「本当の意味で」死が存在しないことを意味しています。

ランザ氏は、代わりに次のように述べています。私達が死ぬと私達の生命は「マルチバースに開花する多年草」になります。 彼は続けました:「生命は、私達の通常の線形思考を超えた冒険です。 私達が死ぬと、私達はランダムなビリヤード・ボール・マトリックス内ではなく、避けられない生命マトリックス内にいます。」

 

ランザ氏は、彼の主張を裏付けるために、写真の二重スリット実験を引用しています。

実験では、科学者が2つのスリットを通過する粒子を見ると、粒子は1つのスリットまたは他のスリットを通過します。

しかし、人がそれを見ないと、波のように働き、両方のスリットを同時に通過することができます。

これは、物質とエネルギーが波と粒子の両方の特性を示すことができることを示し、粒子の挙動は人間の知覚と意識に基づいて変化することを示しています。

ランザ氏の完全な理論は、彼の著書、生物中心主義で説明されています:生命と意識が宇宙の真の性質を理解する鍵となること。

 

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

(以下は、同じ内容の記事になります)

www.dailymail.co.ukwww.cnet.com 

 

----- この記事を読んで -----

物理学の用語としては量子力学になりますが、原文のまま量子物理学と訳しています。

分子や原子、さらにもっと小さい電子や素粒子をどうやって計測するか。計測器も電気的なものですから、測定対象と測定器は干渉します。なので、測定しているときと測定されないときでは、振る舞いが異なる。こんな現実があります。

 

死についての考えはいろいろあります。

ここではマルチバースの世界観に帰着させようとされています。でも、どうやら意識と呼ぶことにするものには、上手く説明できないなにかがもっとありそうです。

後々に、紹介させていただきます記事、さまざまな視点でパズルのピースを集めてゆくと、何かが見えてきそうです。

 

Robert Lanza - Wikipedia

マルチバース (多元宇宙論) :多元宇宙論 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp