ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

地球初の文明= エリジウム


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200701170558j:plain

地球初の文明= エリジウム(ELYSIUM) - サイエンス・フィクション

(図 ポッド Pixabay)  (Fig.) アーティスト・イメージ

 

当時、巨人のようなものがここに住んでいましたが、この種族が消滅してから、私は単に彼らを太陽神の子供と呼んでいます。実際には、これは彼らのものであり、 時折彼らはまだそこにいます。細かく調整されていない限り、単なる人間がアクセスすることができない、他の次元や存在の面(planes of existence)で移動してからずっと前です。

彼らは優れた船員であり、この惑星のすべての部分を取引していたため、この惑星全体に散在している他の拠点と頻繁に混ざっていました。 彼らは水陸両面の先進船を持っていただけでなく、宇宙船を持ち、この宇宙と太陽系の遠方まで、他の銀河にも旅しました。

 

(Fig.1) ピラミッド

 

太陽神の子供達は巨大な寺院の複合施設を建設しました、その都市を建設した場所はどこでももっとも神聖でしたが、ほとんどが高エネルギーの場所に建てられました -  島々、山々、緑豊かな植生、 それは最も強力なエネルギーを滲出させた先住民族の森林であり、彼らの建物や構造物を飾るために使用したクリスタルのタイプは非常にまれで貴重なものでしたが、これはこの惑星の特定の地域でしか見つかりませんでした。 オリオンとアンドロメダ(Andromeda)から輸入されたものがほとんどで、プレアデス(Pleiades)出身のものもいます。

遥か遠くから肉眼で見ることができるように、巨大なこの寺院や聖地は、太陽のように輝き、直接見ると目を眩ませることがありました。これらの複合体のほとんどは、内側に向かって同心円で、中心には大きなピラミッド(pyramids)があります。通常、これらは中円に、次に正方形に作られました。

時には、それがあった寺院に応じて、それらは異なっていました。いくつかのケースでは、円は4つの等しい部分に分割され、それぞれの真ん中に水晶のピラミッドがあり、円を分割する大規模なパスがあります。これらはこのようにして東西南北軸に一致します太陽と月に沿って - 天文観測の観測所としても機能するように - 空気、水、火、土の4つの要素を人々に思い出させる。 5番目のものは幻想的なもので、ピラミッドの冠で象徴されました。ピラミッドの冠は、通常は完全に半透明で、そのような構造の中にあり、内側から照らされているかのように考えました。

これらの寺院複合施設は、惑星が存在したのと同時に科学観測センターとして役立ちました。そして、当初から、白い花の銀河間連合に属する異なる銀河と星座の巨大な母船のための供給ステーションです。 このとき、収集されたデータは、真中のステーション、金星(Venus)、そしてデータを必要とする銀河に送られました。

常に、沖合にあり、そこで働いていた人々だけがアクセスできる2つの重要な寺院複合施設がありました - つまり、アコライト(acolytes)[侍者/助手/随伴者/従者]、イニシアティブ(Initiatives)[主導者]、聖職者(Priesthood)と大祭司(High Priests)と大女祭司(High Priestess) - これらはほとんど島の沖合にあり、誰かがそうすることを許可されていたときに、これらの場所の近くに来ることができました。 これは、主にこの聖職者が働いた振動数(frequencies)や振動(vibrations)に関係していました。それらの大部分は高度に訓練された特殊な科学者達でした。

そのような場所には、2つの重要な寺院がありました - 知恵の神殿と記録の神(Keepers of Records)の神殿です。 知恵の寺院は主に、宇宙の法律の基礎についての指導者達に、そして物事の物理的な形態だけでなく、振動周波数を使った構造を実現するために心を使用することを指示しました - これが、彼らが岩のような固体の物体を非物質化(dematerialize)することができ、そうして心の力と特定の音を使って、巨大なトンの岩をまさに彼らが望む場所に配置できた理由です。

記録の神は、この惑星で起きていることだけでなく、宇宙規模で起こっていることを記録しています。そして、彼らはユニバーサル・レコード(Universal Records)の大きな秩序のもとで働いていました。そして、偉大な神の宇宙記録、神の源の中央記録。

 

(Fig.2) 聖職者のイメージ

 

ここでコンピュータチップ(computer chips)を考える必要があります。録音は特定の極めて高い周波数のクリスタルを使って行われた後、宇宙エネルギーの欄を中央の脳(Divine Source)に直接照射して中央の記録館に直接照射します。

メインフレームのコンピュータや端末は、これを可能にしただけでなく、同時にこの惑星の気候や、この惑星の総てのエネルギー分野と振動エネルギーを人為的に制御していました。このようにして実現した周波数を使用して次元間で移動することで、ほぼ総てのものが基本的にクリスタルピラミッド(Crystal Pyramid)に収められた巨大なクリスタルによって実現されました。それは、白い炎と呼ばれました。なぜなら、誰もその立っている島に足を踏み入れることができなかったからです。それは、ある振動周波数のものではなく、単に崩壊するだけでなく、それから放出される白っぽい光のためです。大規模な光のビーコン - そしてこうして目がくらみます…..

純粋の中の純粋な人と高度に進化した銀河から来た人しか、そこで働くことができませんでした。それゆえ、それは主に高度に進化した銀河や星座からのものでした - ほとんどがこの惑星を助けるボランティア(volunteers)として来ていました。

白い炎の寺院複合体を担当する大祭司と大女祭司の助けを借りて、この惑星のエネルギー分野だけでなく、エネルギーグリッド(energy grids)、レイライン(leylines)、エネルギー渦(energy vortexes)、そしてエネルギー場が設定されました。

この惑星を基本的に切り裂く(dissects)直線が1つあります、これは最も強力で聖なるラインです - この惑星の上部地殻の表面の下、そしてこのラインには2つの巨大な地下河川があります。これは、この地域、特にそのラインの特定のブロックにある大きな地下宇宙ステーショ(underground space stations)ンに水と光を供給するのに役立ちます。 この場所は、常に白い炎の神(Keepers of the White Flame)に属しているとみなされていたため、ほとんどの人がアクセスできませんでした。

エリジウム(Elysium)の土地は部分的に島々で構成されており、水や空気のいずれかでアクセスする必要があったため、これらの人々は基本的に海を航海していましたが、彼らがたまたま新しい土地を見つけたときは、彼らは彼らのシンボルを残しました - これは、まだ世界中にあります。 ある意味それはコード化された言葉で、銀河の辺境(outlying)地域からの訪問者がこれを解釈できるようになり、そし、この惑星が本部を特定の部分に持っていて、それを訪問するために許可を得なければならないことを認識することができました。

これはただの礼儀(courtesy)の問題でした - ヨットが現在港に入って、旗を訪れている国と自分の飛行している国の両方を持っているときと同じように、敬意を表します。

他の寺院複合体は、地球の地殻、天文学的観測、癒しの一部、振動と音楽の響き、芸術と創造性、一部は他の科学に専念していました - 無数の魂の表現方法があるからです。

全部で12のそのようなセンターがあり - これらのセンターのそれぞれには12人の大祭司と12人の大女祭司が支配していました - 従って全部で24です。 これらの各々が特定の秘密のコードの鍵を握っていて、総てが統一されたときにのみ、惑星が安定していることができました - そして13人が権力を握っていました - 通常最も高いランクの大祭司または大女祭司がこの鍵を握っていました - そして、ほとんどこの知識が漏らされた(divulged)ことはありませんでした。

より大きなスキーム(scheme)では、これは先駆者であり、最初はこの惑星に自発的に居住していました。 彼らは他の惑星や銀河から来て、それらの惑星の技術を持ってきました - 従って、それらは高度に進歩したものでした - そして、初めは総てが一体となって機能していました。

大祭司は主に管理者として行動し、ガバナンス(governance)[統治]のような実用的な問題や、所定の位置に必要な構造物を扱っていました。 これは、都市の建設、社会構造、構造的レベルの人口の一般的な福祉を意味していました。 男性はかつて構造を考える人で、彼は実際にこの役割を果たしました。そして、ほとんどの場合大祭司が設置したのはそのような構造の固定(anchoring)で、これらを支えていました。

 

(Fig.3) アーティクル・イメージ

 

大女祭司達は、神の源のために、そして神の源にトランスミッター・チャンネル(TRANSMITTER channels)として行動した人でした。 常により敏感で、直感的で育児者で、彼らは、ハーブ(herbs)での癒しの芸術(healing arts)、それと - 特に若者の - 教育とが駆出に焦点を当てていました。 魂の読み(Soul Readings)は、白い炎の神殿の大女祭司と、彼女と密接に協力して働いていた女祭司達(priestesses)により行われました。

占星術(astrology)の芸術は、例えば - 生まれたばかりの幼児のための出生図を作成した - 大女祭司により行われ、そして、これらの魂の才能はすぐに特定されました。

子供は出生時の魂の読みと占星術のチャートの両方です、そしてこれは生まれた日から誕生クリスタル(birth crystal)にプログラムされ、この化身(incarnation)[転生]の安らぎは子供と一緒にいました。 それはまた、その中にコード化された魂の青写真を持っていました - 総ての子供がしなければならなかったことは、このクリスタルを利用して、その固有の才能、能力を活性化し、最大限に活用するためです - (人々は、今の私達よりもずっと長く生きたので) そうして、その命[人生]の宇宙のマスタープラン(master plan)、つまり魂の使命と目的です!

人口管理は極度(utmost)に重要であり、初めから人々は子供を - ほぼ1人 - 持つ意思でのみ交配しました。そうしてこう確認をしました、これは1つの法律に従って、偉大な愛を持って行われました。

性的エネルギーは全く違ったやり方で、古代の聖なる性的儀式(Ancient Sacred Sexual Rites)に従って使われました。

大祭司と大女祭司、そしてこの任務のために特別に訓練された人、例えば、照らされた双子の炎(Illumined Twin Flames)は、古代の性的儀式に関して非常に厳しい規則がありました。これは、神聖な女神の原理の蛇のエネルギー(クンダリーニ(kundalini) )で機能し、そしてこれはその後、惑星での特定の渦エネルギーの中心を活性化しました。  しかしながら、私はここで詳しく説明しませんが、多くのことが私に明らかにされておいます、そして彼らが最終的に性的なエネルギーと、本当に神聖な神/女神の聖なる火を理解したときに、人類のみに戻されます。

最初は、総てが偉大な全体の善のために機能します。 彼らは、総てが神のエネルギーであり、すべてが同じ神の源に由来し、または同じ神の源から来たことを知っていたので、皆と一緒に調和(ATONENESS)する感覚がありました。 これは彼らの周りの世界にまで広がっていました - 木々から最も卑しい(humblest)生き物へ - 目に見えるものや不可視なもの - したがって、皆が平和に一緒に暮らしていました。

当時の戦争は不明であり、聖職者により紛争が処理されました。 後になって、惑星の人口が増えるにつれて、王族(Royalty)が国民の統治の一部を引き継ぎました、高位の聖職者(High Priesthood)が仕事量に対処できなかったからです。 王室の人達のほとんどが近親結婚(intermarried)をしました - または、固有のDNAおよび細胞構造の周波数と振動を明確に保つために、兄弟姉妹が結婚しました - 主に、彼らがやって来た惑星や銀河が理由です - 各銀河には、独自のタイプの振動でコード化された独自のDNAがあることを念頭に置いています。

最初に12のマスター銀河(Master Galaxies)が、この惑星の創造と、それに続く最初の定住(settlement)に関与しました。 この惑星に留まることを望んだ総ての人は、惑星での実験に参加する契約に署名しなければならなかったので、それ故に、偉大な白い炎の銀河間連合(Intergalactic Federation of the Great White Flame)の直接の管轄下に置かれました。

(これは理解しておくことがとても重要です。異なる銀河のものは、本質的に各々のDNA鎖(DNA STRANDS)のみならず彼らの細胞構造(CELL STRUCTURES)でもコード化されており、また、心や情緒そして魂の身体でも同様です。 従って、進化するほど構造は複雑になります。 従って、彼らは誰とでも混合することはできません - 何らかの操作が含まれていない限り。)

大部分の彼らは、幸せで満足した人々でした - そして、総てに十分なものがあったからです - 彼らが戦うことは何もありませんでした - そのため総てが順調でした。 当時、彼らは確かにこの太陽系の中心の太陽のための太陽神の子供でした、マザーガイア(Mother Gaia)がそうであるように、彼らはそれ自身が生きている実態[生命体]であり、そして、この中心の太陽を通して、彼らは他の総ての銀河、星座と繋がっていました - そして神のエネルギー源に繋がっていました。

しかしながらその後、天国の戦争がこの宇宙と太陽系に波及したとき、侵入(infiltration)が起こり、災難が襲い(calamity struck)ました…..

 

(作成中の私の本からの抜粋:「なぜ私はアフリカで生まれたのか - 地球とその最も重要なエネルギーセンター、そしてクリスタルピラミッドの秘話」

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております

(同じ内容の記事)

www.judithkusel.com(関連記事)

judithkusel.wordpress.com

 

----- この記事を読んで -----

ダイジェストで投稿したものの、興味深い内容でしたのでフルで再投稿版です。

これは、地球史で言われていることを題材にしたサイエンスフィクションになります。ある意味、未来の理想的な姿を考察しているのかもしれません。

  

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp