ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

元CIAは公式に、地球外のインプラントの証拠を示しています


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200628181054j:plain

元CIAは公式に、地球外のインプラントの証拠を示しています

(図 エイリアン・アブダクション パブリックドメイン)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

エイリアン拉致に関する世界有数の専門家。 彼の38年以上の現場調査では、身体的な証拠に焦点を当て、エイリアン・インプラントと異種蛍光の画期的な発見をもたらしました。

 

Former CIA official shows evidence of extraterrestrial implants

(3:59) ・・・このビデオは現在視聴不可となっています。

 

このビデオはUFOmaniaチャンネルがアップしていたものです。

www.youtube.com

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(関連記事)

u.osu.eduwww.stitcher.comwww.sacurrent.comspiritualmatrix3.com

 

----- 参考ビデオ -----


IMPIANTI EXTRATERRESTRI SOTTO LA NOSTRA PELLE

(3:53)  2019/07/29

 

私達の皮膚の下の地球外インプラント

デレル・シムズ(Derrel Sims)博士は、元CIAの将校およびエージェント[代理人]で、エイリアンのアブダクション(abductions)[拉致]と、いわゆる地球外インプラント(extraterrestrial implants)を40年以上にわたって扱ってきました。

研究のこれら総ての年に、デレル氏は、アブダクションされた体から未知の起源の物体またはインプラントを抽出しました。

これらの「プラント(plants)[装置/機械]」には、隕石(meteoric)の起源を持つものもあれば、一方で人類にとって未知の起源を持つものもあります。

確かに私達の惑星には住んでいない一部の高度な文明は、犠牲者を選び、それらを捕獲し、これらのマイクロチップを彼らの体に注入します。この総ての理由は不明です。

しかし、どのくらい長くなるのでしょうか。

 

 

----- この記事を読んで -----

ビデオ紹介記事になりますが、残念ながら視聴不可となってしまいました。参考ビデオはイタリア語(自動翻訳が利用できます)になりますが、おおよそ同じ内容になります。インプラントは、一時期取り上げられていたトピックで、その後はあまり聞かなくなりました。

ただし、私が交流のある人物が、X線写真で不可解な物が写り込んでいる事例もあり、頭の片隅に入れておきたい情報です。不可思議なものが、X線写真に写り込んでいるときと、写り込んでいない時期があるそうで、記憶にはない治癒済みの外科跡があったりもするそうです。このことは何を意味するのかも関心事です。

さて、CIAは、アブダクションされ帰って来た人達に地球外のインプラントが埋め込まれているのを知っており、調査対象になっていた。そして、このインプラントの材質や機能についてははっきりとはしていない。こうした事のようです。

皮下に埋め込まれたものは外科的に取り出すことができた事例が挙げられています。しかし、場合によっては脳や脊髄の神経系に絡み、人類の外科手術では取り出せないケースもあるようです。

これらのインプラントはどんな役目を持っているのでしょうか。ただのID(識別票)なのかもしれませんし、神経系と絡み、何がしかのコンタクトがあるのかもしりません。ミステリーだらけです。

みなさまの身体に、治癒済みの記憶にはない外科跡はありますか....

 

ただし、想像力をOFFにすると、高度なテクノロジーだとすれば、ナノ・サイズのインプラントがないものかと考えてしまいます。ナノ・サイズだと、小さすぎて医療用のCTやMRIでも発見できないのかもしれません。もしくは、DNAに分子レベルで書き込まれるなど.....

 

Alien implants - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp