ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

今現在、少なくとも5つのエイリアンが地球と接触


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191218021639j:plain

今現在、少なくとも5つのエイリアンが地球と接触

( 図 人影 Pixabay )  (Fig.) イメージ画像

 

あなたは知的なエイリアンを信じますか。 彼らは存在しないという考えはどうでしょうか。 ...彼らはすでに今日地球とすでに接触しているだけです...

私達がアクセス可能なすべての証拠は、これが真実であることを示しています。 彼らは存在し、非常に長い間この惑星と接触しています。 この記事では、秘密のストーリーを公開し、今すぐコンタクトできる種をあなたに示します。

人々はすでにこの宇宙で2,000の外惑星を発見しており、昨年発見されたのは500を超えています。 これらの惑星は、潜在的に生活に適しており、酸素、炭素、水など、それを支えるために必要な条件を備えています。
私達の絶え間ない宇宙研究は、特に、銀河が約1,000億個の銀河あることを考えに入れれば、宇宙が最も活発になる可能性が高いことを認識させます。 いくらかの懐疑的な人々は、ETが存在することは不可能であり、ましてや彼らが光年を旅して私達を訪れることは不可能だと考えています。

ですが、これについて考えてみましょう。私達の地球は、140億年の宇宙で、私達の地球は40億年だけです。 私達にとって20-30億年の始まりを持ち、学び、創造し、種を作り出すのは何でしょうか

実証済みの連絡先

スピリチュアルなチャンネル(チャネル)として行動する人々は、主要な総意と何年も戦ってきましたが、彼らがエイリアンと直接接触していたという事実を共有しています。 看護人、軍人、小売業者、評判の高い科学者は、神経学者、催眠術師、心理学者他によって徹底的に検査され、間違いなくETと接触していることが証明されており、 そのうち幾つかは共に肯定的と、共に否定的、そして否定的だと報告されています。

これが注目されるならば、カナダの元国務長官のポール・ヘリヤー(Paul Hellyer)氏は、彼が作ったUFOの話とETの連絡先について議会で完全に明らかにしました。 彼は政府関係者の閣僚の前で、私たちが知っているETは80種以上があると説明し、そのうちの4つは、特に地球上の人々と直接接触しました。

 


BREAKING!!! UFO ALIEN DISCLOSURE By Canadian Minister of Defence MAY 2013

 

これまでに私達に接触した総ての者が、これまでのところ喜んで私達を助けようとしています。 これらの存在は、私達が自然やいいまで見てきたものからは、奇妙で異常に見えるかもしれません。そして彼らの意識、知性、インターフェースが私達の現実とどう作用するかを、完全に理解することは難しいです。 言うまでもなく、彼らの存在だけで、宇宙とその中の私たちの理解が非常に劇的に変化します。不慣れで挑発的なものを拒否することは、私達にとってとても自然なことです。

私は、無知で多くの人から始まる非常に論争の多い会話であることも知っていますが、世界はこの情報を知る必要があります。

私は、これらの存在と意識的に交流する時が来たと思います。それは、彼らと新しい関係を築き、コミュニケーションの橋を開くことです。 私はそれが種としての私達の将来の運命の一部であると本当に信じています。それは惑星文明としての精神的な成熟の有機的な部分であり、賢明で愛情豊かで思いやりのある惑星です。宗教、民族、人種、国籍など人工的に建設された精神的なダムを私達は通過し、銀河レベルで精神的に、私達に来る偉大な家族に本質的に己を統合する必要があります。

地球と接触している5つの主なET種がいます。 この情報は偽造ではありません。 これは、政府関係者、軍人、科学者と直接の接触者からの高レベルのものです。

 

1. エッサッサニ(Essassani)

(Fig.1) エッサッサニ(Essassani)

エサッサニは交配種で、技術的に、爬虫類と人間グレイとの交配種です。 ある日、グレイ(リトルアッシュ)という種が地球にやってきました。 報告書によると、彼らは再現できないために遺伝子変異を受けている。 それらはクローニングによってのみ生き残ることができます。 私達は、彼らの歴史と未来のコースを変えることができるように、彼らと遺伝学を共有することに同意しました。 ほとんどのアブダクション経験はこの遺伝的補正と関連があり、人間にとっては非常に混乱します。 私達はあるレベルで、この関係に同意します。 それ以来、完全に新しい種が生み出されました。これは、私達よりもはるかに先進的で、生きる準備のできた惑星を与えられています。私達が地球上を歩いているのと同じくらい原始的でなくとも、進歩し進化し急速に成長することを可能にしています。

ブロガーの注記:彼らは絶滅の種であった事は事実です。人類の遺伝的ダウリーのために種として再建されました。誘拐は恐ろしい経験として提示されたものではありません。彼らの種類の魂は、魂の契約において、化身では人間の形をとり、種を救うために拉致されることに同意している。 虐待された人間は、3次元でこれを認識していないかもしれませんが、このような恐ろしい体験と呼ばれています。 この種を救うことが総てでした。

彼らはどういうわけか私達の直接の親戚であり、私達の進化を通じて私達を支えています。 彼らは私達が作りたいと思う最も好きな現実、平和と調和の方法にとどまるのを助けます。 エサッサニは確かに愛情豊かで愛情のある種です。 彼らは高い自己と密接な関係があり、彼らはとても遊び心があり、創造のより良い理解のために、私達の切望を反映するのが大好きです。 エサッサニは私達のコンタクトの大使であり、あなたはダリル・アンカ(バシャールのカテゴリを読んでください)に導かれたバシャールを通して、エサッサニに精通しているかもしれません。

 

2. ヤヒェル (シャラナヤ) (Yahyel (Shalanaya))

Fig.2 ヤヒェル (シャラナヤ) (Yahyel (Shalanaya))

ヤヒェルはゴージャスで優雅なハイブリッド種です。 彼らはとても純粋な太陽エネルギーを放射し、私達が最も近い星間親戚の1つであると言われています。 これは、近い将来に種として私達と接触する最初の種になります。 これは私達の身長についてのものであり、うまく構成されていて天使のような登場人物のようです。その多くは多文化を示しています。 彼らは非常に美しく、穏やかで、知的で、心を中心とし、礼儀正しく、丁寧です。 彼らはテクノロジーと非常に健全な関係で、私達が発展し、進化するのを助けるためにここにいます。 彼らは原始的な時代から来ており、今日の私達よりも遥かに高度です。 私達の社会化のプラットフォームの多くは、彼らの意識の流れを通して地球に与えられたと言われています。

 

3. シリウス交配種 (Sirius hybrids)

Fig.3 シリウス交配種 (Sirius hybrids)

これらのハイパーサピエンスは高度に進化しており、記録によれば、最初から私達と多くの接触をしてきました。 私達は、人を創造するために集まった父なる人種であると言われています。 多くの古代の預言と古代の文章は、エイリアンは人々の創造に関わっていると言います。 シリウスは300-500年の未来に存在し、何万年も私達の種より進化しています。 彼らは、技術、建築、持続可能なエネルギーと神聖なジオメトリを専門としています。 また、アバター映画に記載されていることは、シリウスと非常に似ていると言われています。 彼らは私達の身長より、わずかに背が高く、より薄く、そして真に筋肉を定義しています。 彼らの肌は暖かい青色の色調で、楕円形の暖かい目、長い指で精巧な器用さを持っています。

 

4. プレアディアン

Fig.4 プレアディアン

プレアデス・ヒペルサピエンスは、背が高く、丸い顔をした大きな目で、ソフトだが繊細な特徴を備えています。彼らはほとんど独占的にブロンドの髪(彼らが髪を持っているなら)と青い目を持つと記述されている美しい存在です。私達の多くはプレアデスでのトレーニングに時間を費やし、地球に来る前に人生について学び、地球上の生命に向かっていると多くの人が言いました。彼らの体は、宇宙から送信された精神的な信号を持ち上げることができる繊細な器具として機能します。このようにしてプレアディアンとの精神的な関係に取り組んでいるなら、彼らはしばしば最も直接的に責任があり、私たちが接触している総てのETのようです。プレアディアンは外交的な資質を持っており、彼らは星間同盟に深く関与しており、他の惑星に播種し進化を進めることで、種の発展を支援しています。プレアディアンたちは非常に優しくて愛情深く、サイキック的な接触を始めるのは簡単です。彼らはいつも素早く対応して対話します。コブラは地球上のプレアディアンで、通知の使命を持っており、私達ちが期待しているイベントを誘発するのを助けます。

 

5. アークトゥリアン

Fig.5 アークトゥリアン

私達の全銀河の最も古い種 - 天の川、アークトゥリア・ヒッピーエスパイは大変に進化したエイリアンの存在です。 彼らは深く意識し、革新的で経験豊富です。 アークトリア星系はもともとこの銀河で現れたと言われています。そして私達の人種も含め、銀河の中にさらに下降する子孫を進化させました。 アークトゥリアンは多くの形で来ています。彼らの先進的な意識が特異性を通り、高度で振動の現実に完全に共存できるようにしたからです。

主な種は、約1.2-1.5メートルの高さ、青色と大きな脳です。 しかし、彼らの体は驚くほど広く、適切に調和のとれた形をしています。 アークトゥリアンは振動的に成長し、より物理的でなくなります。 アークトゥリアンは、スピリチュアルな、精神的に満たされたサイキック的なものであり、われわれの理解の範囲を超えて監督し、私達の生活の中で常に私達を支えています。 宇宙の中に私達のより深い祖先がいます。

 

ET連絡先の詳細については、スティーブン・グリア(Steven Greer)氏のシリウス(Sirius)ドキュメンタリーをご覧ください。 それは何十年にも渡って研究された、自由エネルギー装置、エイリアン種、スピリチュアリティの最良の統合についてです。

 


Sirius

(3:52:21)  2017/09/17 ・・・注:本編約2時間、プラス付録映像の版になります

どのように私達はそのような存在と接触するのか。

毎日瞑想する時間を創ることをお勧めします。 あなたの空間を浄化する(風水技術、香りのついたスティック、香などを使って)、自分を快適にし、深く呼吸してください。 これらの存在をあなたの空間であなたに連絡するように招待してください。 そして瞑想し、静かに黙って聞いてください。 あなたは質問をし、どんな回答が得られるかを確認することができます。

マックス・プランク(量子力学創始者)によれば、宇宙の心の数は1つです。 これらの存在は何千年もの進化を遂げており、テレパシー、ESP、物理的な伝達などは、私達たちには無線信号を送信するのと同じくらい簡単です。

古代人はそれを知っていた

ETの目撃情報は何千年も前から記録されており、すべての古代の文化は輝く光で「天から降りる」神々について語り、知識、道具、技術、文化を伝えています。 これらの存在は、通常、鮮やかな肌で描かれているか、宇宙船や知識を持っていて、一般的に頭と大きな目を持っています。 「神のカレ」は素晴らしい話で、大量の証拠を要約しています。その老人が以前にエイリアンに訪問され、彫刻や洞窟の絵画、遠くからの訪問者について彼らが経験したことを描写した内容です。

 

これらは地球と接触している5つの主要な種です。 再び、私はこれがニュー・エイジ・マンボ-ジャンボではないことを指摘しておきます。 この情報は、軍事産業、政府機関、および直接の連絡先の最高レベルのものです。 今でも私達と多くの連絡があり、多くの人が私達に連絡したいと望んでいます。 おそらく、彼らは私達のマインドとハートを開くために私達を待っており、私達の欲と誇りを残し、少しでも(振動的に意識的に)成長させ、彼らの存在を世界中に知らせる前に精神的な進歩を遂げます。 私達はこの物理的な接触がいつ実際に起こるかに依存しています。 大衆が彼らの存在を意識していないかぎり、彼らの心はこの真実を信じることを拒絶し、彼らはその接触のために「袖を引く」ことはなく、私達の利益のために大半を占めるでしょう。

光への正しい道!

 

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しております。

(出典のソース)

ADEVĂRUL NE VA ELIBERA

burebista2012.blogspot.com(同様な記事)

ufologiaoriginais.blogspot.comspaceparanoia.blogspot.comnerdicetotal1.blogspot.com

 

----- シリウス(日本語版) -----


極秘映像 Top secret footage "Sirius" Japanese "full version"

(1:56:07)  2016/05/26

 

----- スティーブン・グリア博士のオリジナル版 -----


SIRIUS: from Dr. Steven Greer - Original Full-Length Documentary Film (FREE!)

(1:58:25)  2016/04/21

 

 

----- この記事を読んで -----

発端になっているのは、ポール・ヘリヤー元カナダ国防大臣のディスクロージャーです。ポール・ヘリヤー氏の発言内容に合わせて、既に地球を訪問しているエイリアンを紹介しています。私も最初は混乱しましたが、どうやら私達とは全く住む世界の異なるエイリアン種族もいることを伝えています。チャネリングと呼ばれる能力でのコンタクトになるエイリアン種です。これは、霊的(スピリチュアル)なコンタクトと同様なようで、3次元に縛られた私達の宇宙観を見直さなければいけないのかもしれません。チャネリングについて詳しくは、スティーブン・グリア博士のビデオが参考になるかと思います。

しかし、これが事実だとするならば、私達が何であるかを理解するためにも、苦痛を伴うかもしれない大変なパラダイム・シフトをしなければなりません。

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp