ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

人類はエイリアンだと専門家は言います- 私達は、何十万年前に地球に持ち込まれました


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200504094721j:plain

人類はエイリアンだと専門家は言います- 私達は、何十万年前に地球に持ち込まれました

( 図 デビルスタワー ウィキメディアパブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

この古代の文書はシュメール人(Sumerians)の楔形文字(cuneiform)の文章に先行すると信じられており、そしてエジプト人(Egyptian)の象形文字(hieroglyphs)はほぼ100年間続いています。

人類が、私達が探し求めてきたエイリアンだったらどうでしょうか。専門家によれば、人類は他の種と交雑する可能性が最も高く、おそらく地球に最も近い恒星系の1つのケンタウルス座アルファ星系(Alpha Centauri)と、遠い過去に、現代人を生み出しました。

かつての古代シュメールの都市だったキシュ(Kish)、現在のイラク(Iraq)のテル・アル・ユへイミア(Tell Al-Uhaymir)で、考古学者は、地球上で最も古い古代の文書の1つを発見しました。それは、紀元前3500年にまで遡ると信じられているキッシュのタブレット(石版/粘土板)です。

シュメールの王リスト(Sumerian king list)[シュメール王名表]では、キシュは大洪水に続いて、ジュジュール(Jushur.)から始まる王を持つ最初の都市だと述べています。

ジュジュールの後継者はカラシナ・バル(Kullassina-bel)と呼ばれていますが、これは実際にはアッカディアン(Akkadian)の文章で「総てが主人です」という意味です。したがって、一部の学者はこう提示しています、これは、しばらくの間キシュで、中央当局が存在しないことを言い表すことを意図していたのかもしれません。

この古代の文書は、シュメール人楔形文字の書面に先行すると考えられており、およそ100年間エジプトの象形文字が使われています。

文章で思考を表現する能力を開発することは、人が動物界と異なる最初の方法の1つです。

 

それ以来5千年、人間は電気を開発し、原子を分裂させ、コンピュータを開発し、人を月に導きました。私達は、他の種がまだ持っていないことを達成しました。

地球上の他の種族は、そんな短期間ではそうしたユニークな成果を生み出すことはできません。興味深いことは、地球の他の種族と比較して、私達の「進化」は比較的短いのです。

おそらく最初のホミニド(hominid、ヒト科の動物)が地球上を歩いてから数百万年が経過していますが、それは短期間でした。正確には、これは総ての時代の最大の科学的な疑問の1つです:なぜ私達の種族だけが、この真に高度な技術インテリジェンスとして登場したのはなぜでしょうか。

明らかに、惑星地球上に人間より進んだものはいません。

地球上にはさまざまな「インテリジェント」な種族がいますが、そうした中で誰も私達のような技術を利用していません。

ちょっと想像してみてください。何らかの理由で人類がジャングルに戻り、そこで生き残らなければならなかったのならばどうでしょう。多くの専門家達は、私達の大半はとても長い期間生存できないことに同意します。

人類は、知性に加えて、広範囲の環境を占有することはあまりできないことに、多くの科学者達は同意します。言い換えれば、それが私達の惑星に来るとき、私達はとても限られています。

 

私達の魅力的な知性に加えて、生物学者達はまた、人類と地球上の他の動物の生理学の対比に気づきました。地球上の他の種族と比較して人類はかなり奇妙なことに、多くの科学者達は同意しています。例えば、生まれた時の赤ん坊の馬は歩くことができ、ほぼ独立して機能することができますが、これは人類の赤ん坊にはできず、私達は全く無力になります。言い換えれば、私達は生命のための神経学的な準備が整う前に生まれます。

私達の知性に伴なう多くの脆弱さがあることに、多くの研究者達は同意します。

地球上の人類は最終的に二足歩行(bipeds)となり、私達の上肢(superior extremities)を解放して、物を操作したり、道具を作成したりする等のことを可能にしました。しかし、この総てのために、私達の種が高い支払いをしたと専門家達は信じています。腰痛(Lumbar pain)は、多くの専門家によれば、私達の種について多くを教えてくれる兆候です。奇妙にも、地球上の他の動物にはこの問題はありません。あたかも人間だけが、これらの問題の幾つかの影響を受けているかのようです。

そうして、これはどういう意味でしょうか。ある専門家によれば、私達こそ、私達が探し求めてきたエイリアンなことを意味します。

 

エリス・シルバー(Ellis Silver)博士によって提案された新しい理論[仮説]は次のこと述べています。人類が地球上の他の生命体を超えて進化しなかったことを提示する、幾つかの告示兆候(tell-tale signs)が人類に存在します。

「人類は地球からのものではない:証拠の科学的評価(Humans are not from Earth: a scientific evaluation of the evidence)」という名の本では、基本的には、地球上の人類の進化に対する理論のやり直しです。この本では、有力な環境学者で生態学者のエリス・シルバー博士が、13の有力な仮説と、人類が地球からのものでないことを示唆する17の要因の評価を行っています。

 人類はおそらく地球上で最も高度に発達した種族ですが、地球環境には驚くほど適さず能力が不十分です。太陽光で害される、自然に発生する食品の嫌悪感、慢性疾患(chronic disease)の割合が非常に高いことなど、エリス博士はインタビューで多くを述べています。

エリス博士によれば、私達の種は、最初は重力の低い別の惑星に進化したために、人類は背痛(back pain)に苦しむかもしれません。ミステリーに加えて、エリス博士はまた次ぎのことが奇妙であることを示しています。新生児(newborns)が大きな頭を持ち、母親が出産するのを困難にし、母親と子供の両方に死亡をもたらす可能性があります。

だから、私達はどこから来たのでしょうか。エリス博士によれば、ネアンデルタール人(Neanderthals)は他の種族と交配した可能性が最も高く、おそらく地球に最も近い恒星系の1つのケンタウルス座アルファ星系(Alpha Centauri)と - 遠い過去に、現代の人類を誕生させました。

エリス博士によれば、地球に属していないと感じる世界中の何百万人もの人々がいます。

エリス博士は説明します:「これは人類が別の惑星に進化した可能性があることを(少なくとも私に)提示しており、私達は高度に発達した種としてここに持ち込まれているかもしれません。 この理由の1つは、地球が流刑星(prison planet)であるかもしれないことで、私達は自然に暴力的な種族のように見えるので、行儀よくすることを学ぶまで私達はここにいます。」

人類はその特定の生活の歪みから進化しませんでしたが、他の場所で進化し、6万年前から20万年前には完全に進化したホモサピエンス(Homo sapiens)として地球に運ばれたと、エリス博士は結論しています。

 

さらに、ロバート・セパール(Robert Sepehr)氏が指摘したように、現代のDNA配列決定によれば、私達が知っている人類は、アフリカの同じ祖先から生まれた単一の「種族」ではなくてハイブリッド種(hybridized species)なことが実証されています。その背後には、遥かに謎めいた真実があります。

Rh(-)の血液に関する議論では多くの疑問が提起されています。実際に、人類が相互に古代のアフリカの先祖から進化したのならば、理論的には誰もの血液はコンパチブル(compatible)だと言われていますが、残念なことにそうではありません。科学だけでは完全に答えることができず、数多くの疑問を提起します。Rh(-)の血液はどこから来たのでしょうか。 Rh(+)の子供を持つRh(-)の母親は、自分の子孫を拒絶しようとしてするのは何故でしょうか。これはむしろ論争の的となる理論によって説明できる可能性はありますか。それは、人類は実際には1つの種族ではなく、ハイブリッド種であることを提示する理論[仮説]です。

この本はロバート・セパール氏によって書かれました。記憶喪失の種族:私達の禁じられた歴史は、謎めいた血液型Rh(-)陰性についてより詳しく教えてくれます。 記憶喪失の種は、人類が実際にハイブリッド種であると示唆されているだけでなく、著者は高度な文明が私達の前に地球上にあったことを示唆しています。ミステリアスなことに、いくつかの大きな世界的大災害によって破壊されただけです。歴史は私達に語ります。

セパール氏は、次ぎの主張をします。滅びた各種族は、もう1つの種族が場所を取ります。そうして選ばれた少数は、過去の種族の記憶と神聖な知識を保持しています。私達の虚栄心では、私達は科学と技術の偉大な真理の幾つかを発見したと考えていますが、私達は実際に過去の文明の深い知恵を再発見し始めたばかりです。多くの点で、私達は記憶喪失を伴う目覚めの種族のようであり、私達の忘れられた過去を取り戻すことを望んでいます。

スペインとフランスのバスク人(Basque)はRh(-)陰性率が最も高い。 約30%は (rr) Rh(-)陰性であり、約60%は1つの (r) 陰性遺伝子を有します。

「国際自然言語社会連合(IUCN)が認めた612種の霊長類種と亜種がいますが、Rh(-)陰性の血液を持っているものはいません」- ロバート・セパール、記憶喪失の種族:私達の禁断の歴史

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(出典のソース)

www.ancient-code.com(同様な記事)

www.physics-astronomy.orgwww.wisdom-path.net

www.positivethingsonly.combeyondblindfold.com

 

----- この記事を読んで -----

地球で人類だけがテクノロジーを発達させてきました。何故でしょうか。シュメール文明の王(支配者)のミステリーから、そして人類はアルファケンタウリ星系とのハイブリッドではないかとする仮説、Rh(-)の血液型の不可解さ、そして流刑星なのかもしれないと言及する幅広い内容です。ダーウィンの進化論を真っ向から否定する仮説ですし、物議を醸す内容でしょう。

元記事のキャプチャ画像は映画プロメテウスのもので目を引きましたが、プロメテウスの事を取り上げたのではありませんでした。地球の過去に、訪問したものがあり、何らかの関与があったかもしれない想像でしょうか。

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp