ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

Rh- の血液型の人は、100%この世界からのものではありません


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200522041648j:plain

Rh- の血液型の人は、100%この世界からのものではありません

( 図 エイリアン Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

ほとんどの人は、おそらく4つの最も一般的な血液型(A、B、AB、またはO)について聞いたことがありますが、「Rh抗原(Rh antigen)」に精通している可能性は低いです。書面では、主要な血液型(A、Bなど)の後に抗原が現れ、血液型をさらに区別できます;ほとんどの血液型は「+」抗原でマークされていますが、この抗原が適用されない血液型があります。 そのうえ、Rh抗原タンパク質が血液型で欠損している場合、これが非ヒト種由来の血液を明らかにすることができると、一部の人々は推測しています。

たとえそれが表面上で風変わりなように見えたとしても、人間が火星の初期の生命(あるいは火星の初期の物質)から生まれたことは完全に可能だと、多くの科学者がそう主張しています; 理論は証明されていませんが、それは、信じられないほどのものもではありません。問題のこのユニークな血液型は、人口の約15%にすぎませんが、その明らかな希有さは、確かに多くの予測に重大な影響を与えています。さらに、RH- 血液型の人は、RH+ 血液型の人に献血することができますが、RH- 血液型の人には、RH- 血液型を所有する人々からの献血のみを受け入れることができます; これらは、少なくとも特殊だと言わなければならない状況ですが、しかしそれらは何回も何回も証明されています。

RH- 血液型の人間の大多数は総て北欧(Northern Europe)に居住していますが、しかし、それらの起源は完全に未知です(検証努力の欠如ではありません)。見知らぬ人でも、RH- 血液型の人は、他のほとんどの人間よりも、感情的かつ物理的に認識されることが観察されています; この意味は、他の人間ができないエネルギーの形を彼らは感知することができ、実際にはおそらく、普通の人間はそうではない一般的に多くのことが可能です。 RH- 血液型を持つほとんどの人々の明確な身体的特徴がより明白です:それらのほとんどは、自然に赤(オレンジ)の髪、緑または青の目を持っています: より具体的に(より驚くべきことに)これらの人々は、他のほとんどの人間よりも体温が低い傾向があり、その結果、高温にも敏感です。

特にRH- 型の女性では、正常な生活はさらに奇妙で複雑です; これらの女性がRH+血液型の子供を出産しようとすると、母体は通常、胎児を殺すように試みます。これらの2つの血液型がこのように互いに相互に作用するとき、これは「自然な」反応であることが判明しています。決定的なものはありませんが、それは説明します。何故これは自然なのでしょう。これは自然なのでしょうか。これは、少なくとも不自然ではないようです。1つの理論は、母親の身体は、胎児または赤ちゃんが生まれてしまうと母親にとって危険であると感じれることですが、より広範な研究が必要です。

RH- 型血液型の人々が本当に地球以外のどこかから生まれたことが判明した場合、世界的な反応がどうなるかをイメージするのは難しいです。- それは本質的に、彼らを宇宙人にします。真実を知ることは、間違いなく同じように見えるでしょうが、歴史的で記念碑的なものになるでしょう。次の質問(そしてもっと重要な質問、 「私達の世間に暮らし、繁殖している宇宙人がいるのならば人類はどうするべきでしょうか。」

 

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

Is Rh-Negative Blood Really Proof Of Alien DNA?

 

(関連記事)

jmscr.igmpublication.org

www.ancient-origins.net

 

----- この記事を読んで -----

血液型を決定する因子の1つとしてRh因子によるものがあり、赤血球膜の抗原により判定されます。現在では、40種以上の抗原が発見されている血液の分類方法です。

Rh-の血液型を持っている人工分布はとても偏りがあり、ヨーロッパの一部に集中しています。なおかつ人類の中ではたいへんなマイノリティーであり、特殊だと言っても差し支えないでしょう。

本文で推測しているように、その起源は、地球外の由来のものなのかもしれません。

 

Rh因子 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp