ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

著名なエール大学の教授、ダーウィンの進化論はどのように科学と一致しないか


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200108043629j:plain

著名なエール大学の教授が、ダーウィンの進化論がどのように科学と一致しないかを説明します

(図 進化論 Pixabay)、(図 ダーウィン ウィキメディア)

(Fig.) ダーウィンの進化論のイメージ

 インデックス

 

概要

  • 事実: ダーウィンの進化論(Darwin's Theory of Evolution)は、大変に多くの科学者にとって、生命の創造と生成に関する新しい研究に直面して、比較的時代遅れになっています。
  • 考察: 私達はこのことを理解していますか。ダーウィンの進化論が主張するように、生命の創造と進化のランダム性に対する信念は、人間の進歩の制限であり、もはや私達の集団進化において古くなっています。

科学は、質問をすることを決して止めません。 理論が疑う余地のない事実として教えられるとき、何かが間違っていることは全くもってして明らかです。 今日、科学は本当に科学ではありません。これは進化などのトピックに当てはまるだけでなく、強力で誤った力により科学が議題に使用される多くの分野で真実です。

健康科学は素晴らしい例です。ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(New England Journal of Medicine)の元編集者であるバド・レルマン(Bud Relman)氏は次のように述べています。「医療専門職は、医薬品の実践だけでなく、教育と研究の面でも製薬業界に買収されています。この国の学術機関は、製薬業界の有料エージェントになることを、自ら許可しています。私は、どうしたことかと思います。」

今日、一部の科学出版物は沈黙しており、他の出版物は前進していますが、企業や政治の議題にどのように影響するかによります。それは実際には科学に関するものではありません。主流メディアが「確固たる科学(settled science)」として説教していることは、実際には確立していません。実際、それはしばしばとても胡散臭い(dubious)です。どうして、もっと多くの人達がこれを理解できないのでしょうか。答えは簡単です、それは、個々の研究者として、実際に調べるのに時間をかけて何かを調べるのではなく、私達が外部情報源に頼って「何であるか」を伝えるからです。

進化論

「進化論」はこのカテゴリーに分類されます。ダーウィンの理論の基本的な前提を拒否した科学者達は、主流のコミュニティと有力な人々により、引き続き非難され敬遠されます。これは、このテーマについてのパラダイムシフト(paradigm-shifting)の考え方やアイデアが、実際にはより根拠があるものの、グローバルなエリートの目標を脅かすからです。NSA[国家安全保障局]の内部告発者であるウィリアム・ビニー(William Binney)氏は、グローバルなエリートが「総人口管理」だと言います。科学の学士号を取得する平均的な人は、理論が大いに疑わしい理由を実際に調べることなく、何故に進化が人間の存在の総てであり完結しているのかについて、同じ古い教科書のレトリック(rhetoric)[意味のない美辞麗句]を単純に繰り返すように訓練されています。

最新の反対者の1人は、エール大学(Yale University)の著名な科学者で、コンピューター・サイエンスの著名なデビッド・ゲラーンター(David Gelernter)教授です。彼は最近、クレアモントの本のレビュー(Claremont Review of Books)でエッセイを発表し、ダーウィンの理論の背後にある前提への彼の異議を説明しました。

彼はまず、5億年前に起こった有名な「カンブリア爆発(Cambrian Explosion)」を指摘します。カンブリア爆発では、これまでに知られている最初の動物を含む多くの新しい生物が、約7000万年の時代上の化石記録で突然現れました。どうやら、この自発的な生命の巨大なカンブリア爆発の後に進化と遅い成長が続きました。そして「主に単細胞生物の乏しい化石は、大雑把に30億年前の生命の起源にまで遡ります。」

ここから、彼はダーウィンの理論が、これを如何にして予測するかを説明します。新しい生命体は、以前の生命体から徐々に進化します。 しかし、これがカンブリア紀のクリーチャーにも当てはまる場合、機能しません。カンブリア紀のクリーチャーの前身が欠落しています。それは、ダーウィン自ら同様に妨げられていた何かです。 さらに、この事実がなくても、多くの科学者達は、ダーウィンの理論が明らかに間違っていることを示すために、化石記録の他の側面をすでに使用しています。

カンブリア爆発は、それらのカンブリア紀の生き物の下で発掘され、先カンブリア時代の先祖は持っているべきでした が、そうではありませんでした。実際、化石記録全体としては、ダーウィンが予測した上方分岐(upward-branching)構造を欠いていました…. 拡大し続ける化石アーカイブは、ダーウィンにとって良く見えません。とにかく、多くの評判の良い古生物学者(paleontologist)達によれば、ダーウィンは、(これまでに)偽造されてきた明確で具体的な予測を行いました。それらの予測のクロック[人の顔]はいつ切れるのでしょうか。まさか。しかし、思慮深い人は、今日の科学者達がダーウィンに関係する証拠を探しているのか、それとも彼と矛盾する証拠を説明しようとしているのか、自問しなければなりません。各々、一部の人達がいます。科学者は人間なだけで、そして彼らの思考は(他のすべての人と同じように)、情緒に彩られています。

新しい生命体の創世記

彼の次の指摘は、もう少し深くなります。 多くの人がこの事実を指摘しています。変異(variation)は個体間で自然に発生し、さまざまな特徴(traits)が過去にあります、これは観察可能なもので、私達皆が知っているものです。 多くの科学者達は実際、この点を進化の証拠として使用していますが、これはあまり意味がありません。 進化論の支持者によれば、自然変異は、繁殖を扱う私達の細胞内の遺伝情報のために、細胞への不特定(random)な変化または突然変異(mutation)の結果です。これらの細胞は遺伝的変化を次世代に伝え、ダーウィン説(Darwinians)によれば、これは、個体だけでなく種の未来を変えます。

ゲレンター(Gelernter)氏が説明するように、この考えの背後にあるエンジン[動機/活力]は、適者の生存と、明らかにたくさんの時間により「変化」します。その後、彼はとても重要な質問をし続けます:生命の新しい形態を必然的に伴う(entail)、生成とは正確には何でしょうか。この分野内の多くの人達は、タンパク質の新しい形状を生成することが重要(key)なことに同意します。しかし、ダーウィンの進化論は、それを行うことが可能だと主張しているのでしょうか。オハイオ州立大学(Ohio State University)の生化学(Biochemistry)のクリス・ウィリアムズ(Chris Williams)博士にしてみれば、ダーウィンの進化の全範囲は、この重要な問題にほとんど触れていません:

遺伝と代謝のスクリーニングを研究する生化学者でソフトウェア開発者として、私は生命の信じられないほどの複雑さに絶えず驚いています。例えば、私達は各々、総ての細胞に60億DNA塩基の膨大な「コンピューター・プログラム」を持っています。それは、受精卵からの発育を導き、200を超える組織タイプを作成する方法を指定し、多数の高機能臓器システムでこれらを結び付けます。 遺伝学や生化学以外のほとんどの人は、このことを理解していません。進化論者は依然として生命の起源、特に、最初の自己複製生物の遺伝情報の起源に関する実質的な詳細をまったく提供することができません。 どの遺伝子が必要でしたか または、遺伝子すら持っていたのでしょうか。どのくらいのDNAとRNAを持っていますか または、核酸(nucleic acids)すら持っていたのでしょうか。自然な淘汰(selection)の前に、膨大な情報が豊富な分子はどのようにして生じたのでしょうか。核酸アミノ酸(amino acid)に繋ぐ遺伝コードの順序(sequence)は、正確にどのように発生したのでしょうか。明らかに生命の起源 進化の基盤 は、依然として事実上すべて推測で、そして事実はほとんどありません。

インテリジェント・デザイン

ますます、生命創造のシステムで、証拠は明らかな偉大な知性を指し示しています。ダーウィンの進化は取り残されており、多くの人にとっては時代遅れとなっている理由は、不特定[ランダム]な非インテリジェント・プロセスに完全に基づいているからです。カリフォルニア大学(University of California)サンディエゴ校(San Diego) (Scripps Institute)で海洋学(Oceanography)の、エドワード・ペルツァー(Edward Peltzer)博士、副編集長で海洋化学は、、物事が意味を成す目的で、他の総てに優先する(overriding)「インテリジェンス」の存在を推定する必要性を説明するために、明確な現実の実験室の例を使用しています:

化学者として、私にとって最も魅力的な問題は、生命の起源の周囲の展開です。生命が始まる前は、生物学はなく、化学だけがあり、そして化学はいつも同じでした。今日機能する(または機能しない)ものは、最初に機能していた(または機能しなかった)。それで、生命が出現の前に地球で何が起こったかについての私達のアイデアは、抜きんでて(eminently)ラボでテスト可能です。そして、私達がこれまで見てきたことは、それらが自然界にあるように反応が誘導されないままであるときは、あまりありません。実際、分解(decomposition)反応および競合(competing)する反応は、合成反応よりもはるかに遠くにあります。知的エージェント(科学者や大学院生など)が介入して、反応条件を「適切に」調整した場合にのみ、私達は進歩を見られますが、そしてそうでも、それはまだかなり制限されており、私達が得る必要があるところからとても離れています。したがって、それはまさに化学です。時間とチャンス以上のものの必要性を語っています。そして、それが単純に高度に指定された初期条件のセット(微調整)か、または最終的に生命が現れるまで、何らかの形の継続的なガイダンスなのかは依然として不明です。しかし、私たちが知っていることは、ランダムな化学反応は両方とも嘆かわしいほど(woefully)不十分であり、成功するために必要な経路に対してしばしば働いています。これらの理由により、現在のダーウィンパラダイム(paradigm)[例/模範]が、この分野でさらに進歩するかどうかについて、私は深刻に疑っています。

ゲレンター(Gelernter)氏は、この会話を特にタンパク質の生成にもたらします:

タンパク質は、それらが稀ではなく一般的なことを除いて、生きている細胞の特殊な軍隊(または多分、海兵隊)です;それらは、総てのトリッキー(tricky)[巧妙]で重要な割り当ての、総ての重労働を、目もくらむばかり(dazzling)な役割の範囲で行います。酵素(enzymes)と呼ばれるタンパク質は、あらゆる種類の反応を触媒(catalyze)し、細胞の代謝(metabolism)を促進します。他のタンパク質(コラーゲンなど)は、テント・ポール(tent poles)のような細胞の形状と構造を与えますが、しかし、遥かに多くの形をしています。神経機能、筋肉機能と光合成(photosynthesis)は、総てタンパク質によって駆動されます。そして、これらの仕事や他の多くの仕事をする中で、タンパク質分子の実際の3-D形状が重要です。

それで、単純なネオ=ダーウィンのメカニズムは、このタスクに対応していますか。不特定な突然変異と自然淘汰は、新しいタンパク質形状を作成するのに十分でしょうか。

タンパク質に飛び込む

ゲレンター氏は、その質問に大変に詳細に回答し続け、全体の説明を通した後、彼は議論の余地のない(inarguable)結論であると思われるものに行きます。進化論は、いずれにしても、進化が起こるために必要な新しいタンパク質と突然変異の生成への、可能な説明には全くなり得ません。この説明は複雑ですが、しかし、もしもあなたが「進化論」がタンパク質の科学によりどのように反論されているかを本当に理解したいのならば、それだけの価値があります:

どのようにタンパク質を作るかが最初の質問です。タンパク質は鎖です:各々が次と結合している原子グループの線形シーケンスです。タンパク質の分子は、アミノ酸(amino acids)の鎖に基づいています;150の要素は「適度なサイズ(modest-sized)」の鎖です;平均は250です。各々のリンクは、通常、20個のアミノ酸のいずれかから選択されます。アミノ酸の鎖はポリペプチド(polypeptide)です。「ペプチド(peptide)」は、あるアミノ酸を次のアミノ酸に結合する化学結合の種類です。しかし、このチェーンは出発点にすぎません:リンク間の化学力は、チェーンの一部をらせん状にねじります。他はまっすぐに、その後、時々、大工のルールのように、ジャックナイフ(jackknife)を平らなシートに繰り返します。その後、集合(assemblage)全体は、折り紙の複雑なシートのように折り畳まれます。そして、結果として生じる分子の実際の3-D形状は、(私が言ったように)重要です。

150要素のタンパク質を、150個のビーズ(beads)の鎖として想像してください。各々のピースは、20種類から選択されています。ただし:特定の鎖のみが機能します。特定のビーズの組み合わせのみが、安定し有用で良い形のタンパク質になります。

それで、有用で良い形のタンパク質を作るのは、どれくらい難しいでしょか。あなたはたくさんのアミノ酸の束を一緒に投げ、あなたが何か良いものを得ると仮定できますか。または、骨身を惜しまず(painstaking)に、鎖の各要素を選択する必要がありますか。正しいビーズを選択するのはとても困難です。

新しいタンパク質の発明とは、新しい遺伝子の発明を意味します。(最後に、遺伝子、DNAなどを入力してください。適当なファンファーレと共に。) 遺伝子は、アミノ酸毎の、タンパク質鎖を綴っています。各遺伝子は、世界で最も感服(admire)されている高分子としてのDNAの切片(segment)です。もちろん、DNAは、各ステップがヌクレオチド(nucleotides)のペアである有名な二重らせん(double helix)またはらせん階段(spiral staircase)です。階段の端に沿ってヌクレオチドを読むと(1つのステップに座って、次へ次へと下にあなたの道をドタバタ(bumping)します)、途中の3つのヌクレオチドの各々のグループがアミノ酸を指定します。各々の3-ヌクレオチドのグループはコドン(codon)で、コドンとアミノ酸の書状(correspondence)が遺伝コードです。(DNAの4つのヌクレオチドはT、A、C、Gと略され、あなたは、高校の教科書でコードを調べることができます:TTAおよびTTCフェニルアラニン(phenylalanine)、TCTはセリン(serine)などを表します。)

あなたの仕事は、- あるコドンからさまざまコドンへの偶発的な変化による 突然変異によって新しい遺伝子を発明(invent)することです。この試みのために、あなたの出発点は2つあります。既存の遺伝子を変異させたり、分けの分からない(gibberish)遺伝子を変異させたりすることを、あなたはできます。あなたには選択肢があります、何故ならば実際にはDNAは、ナンセンス(nonsense)な長い配列(sequence)により区切られた、有効な遺伝子で構成されているからです。たいていの生物学者達(biologists)は、ナンセンスな配列が新しい遺伝子の主な源だと考えています。もしもあなたが有効な遺伝子をいじくり回すのならば、- タンパク質が効を奏さず(misfire)、生物を危険にさらす(endanger)(または機能停止する)点まで あなたがそれを改善し始めるずっと前に、ほぼ確実に悪化させます。分けの分からない配列は、一方で、タンパク質を作ることなく部外者(sidelines)です、また、私達が知る限りでは、何も危険にさらすことなくあなたはそれらを変異させることができます。変異した配列は次の世代に渡すことができ、そこで再び変異させることができます。したがって、生物に影響を与えずに変異は部外者に蓄積する可能性があります。だが、もしもあなたが実際に、有効な新しい遺伝子に行く道を変更させるのならば、あなたの新しい遺伝子は新しいタンパク質を創れます。そして、それにより、潜在的に進化の役割を果たします。

DNAが階段の中央で半分に分裂するとき突然変異自体がピクチャー[絵/像]に入り、これにより囲む細胞を半分に分割でき、そして取り囲む(encompassing)生物が成長します。各々の半分の階段は、周囲の化学スープより一致するヌクレオチドのセットを招集(summons)します;2つの完全に新しいDNA分子が現れます。このエレガントな複製プロセスの間違い 呼び出しに応答する間違ったヌクレオチドヌクレオチドの誤植 は、有効な青写真かまたは分けの分からない拡張のいずれかの突然変異を生み出します。

より良いタンパク質の構築

これで少なくとも、ダーウィンを試乗に連れて行く私達の準備が整いました。分けの分からない150個のリンクから始めて、タンパク質の有用な新しい形状への道を変えられる可能性は何でしょうか。私達は基本的に、より管理しやすい方法で同じ質問ができます:不特定な150リンクの配列が、そのようなタンパク質を創る可能性は何でしょうか。ナンセンスな配列は本質的に不特定です。突然変異は不特定です。不特定な配列に不特定な変化をさせます、そしてあなたは別の不特定な配列を得ます。そうして、目を閉じて、20個のビーズ・ボックスから150のランダムな選択を行い、あなたはビーズを選んだ順番に並べます。あなたが、有用な新しいタンパク質を思いつくオッズ[確率]はどうでしょうか。

可能な配列の総数が膨大なことが、容易にわかります。有用な配列の部分集合(subset) - 実際に使用可能なタンパク質を作成する配列 が、比較してとても小さいことは、容易に考えられます(ただし化学者でない方は、同僚の言葉を受け入れなければなりません)。しかし、どれだけ巨大で、どれだけ小さいかを、私達は知らなければなりません。

各々のリンクが20個のアミノ酸から個別に選択される、可能な150リンクの鎖の合計数は、20150個です。多くを言い換えれば。20150はおよそ10195に等しく、また、宇宙には1080個の原子しかありません。

これらの多くのポリペプチドのどの割合が、有用なタンパク質でしょうか。ダグラス・アックス(Douglas Axe)氏は、安定した折り畳みが可能な、150の長さの鎖の数を推定するために一連の実験を行いました タンパク質作成プロセスの最終段階(折り畳み)に到達し、そして、それらの形状を有用であるように十分に長く保つこと。 (アックス氏は、5つ星の繁殖での著名な生物学者です:彼はカリフォルニア工科大学(Caltech)の大学院生で、その後、その後、ケンブリッジ(Cambridge)のタンパク質工学センター(Centre for Protein Engineering)に参加しました。マイヤー(Meyer)氏が議論する研究をしている生物学者達は、主に一流の施設の科学者達です。) 彼はこう推定しました。総ての150リンクのアミノ酸配列の1074個に1個が、安定したタンパク質に折り畳むことができます。 あなたの可能性が1074個に1個だと言うことは、実際には、それらがゼロだと言うことと変わりありません。 いくつかの有用な機能を実行する安定したタンパク質に、あなたがヒットする可能性があることは驚くことではありません。したがって、進化の一端を担うかもしれませんが、さらに小さくなります。アックス氏は1077の1に、それらを置きます。

言い換えれば:巨大なものは全くもって大きく、小さなものは全くもって小さいので、ネオ=ダーウィニズム(neo-Darwinian)の進化は、- これまでのところ 役に立たない人(dead loss)です。分けの分からない150のリンクから、機能する有用なタンパク質へ変異を、あなたのやり方で試みてください、そしてあなたは失敗することが保証されています。10の突然変異、1000の突然変異、100万の突然変異で試してみてください 失敗します。オッズ[確率]はあなたを葬り(bury)ます。完了できません。

タンパク質 / 突然変異は、いくつかの問題の1つです

この問題を悩ませる科学的な教義の総てにもかかわらず、タンパク質/突然変異と化石証拠の欠如は、進化論の中で発見された障害を見つけることになると、単に氷山の一角です。多くの事実、情報、科学、そして新しい発見があり、それは、それが如何にして未だ教えられているのか不思議に思うでしょう。

さらに、不特定な突然変異は主流内の究極の真実であり、それを疑問視するのは間違っているという考えで、私達が砕かれている事実にもかかわらず、多数の著名な科学者がダーウィニズムに集団的に反論するために、実際に多数集まっています。「ダーウィニズムからの科学的異議(A Scientific Dissent From Darwinism)」を作成する一例として、いくつかの分野の500人の科学者のグループが数年集まりました。問題は、これらの科学者達が主流の注目を集めていないことです。しかし、明らかにここにはとても知的な人々がいます。

この理論は長い間私達と共にあり、巨大な文化的な力を働かせます。ダーウィン氏は、ニュートン(Newton)氏ではありません。ニュートンの物理学はアインシュタイン(Einstein)を生き延び、常に生き残ります。なぜならば、スペクトルの極限を除いて、とても小さいスケールと大きいスケールでの範囲の両端を除いて、時空の総てを支配するケースを説明しているからです。ダーウィン(の仮説)が説明できないのは、まさにこれらの最も重要なケースで、私達が身の回りで見ているものです。しかし、彼の理論は本当に重要なケースを説明しています。そしてダーウィンの知的大胆さは、常に感激させる(inspiring)ものです。その人物は常に賞賛されます。

彼は今、最後の課題を提起しています。彼の理論が総てのリンゴ売りの手押し車(apple cart)をひっくり返したとき、生物学がこの最後のものと同様に最初にやったように上昇するかどうかは、まだ見られません。この分野は、ダーウィンをどれだけ明確に素早く乗り越えることができ、そして先へ進めるでしょうか。- 総てのダーウィニストが、彼自身のために総ての証拠を研究しなければならないことについて、正当な手当はあるのでしょうか。21世紀の科学が、直面している最も重要な質問の1つがあります。

進化論を投げ捨てる他の例

少し前に、生物物理および分子生物学の進歩(Progress in Biophysics and Molecular Biology)誌に33人の科学者が発表した最近の論文について、私は次の提示していることについて書きました。カンブリア紀の時代(カンブリア爆発)の間の生命の繁栄は、星に由来しとても魅力的です。

「長命の赤い矮星(ギロン氏ら(Gillon et al.), 2016年) の居住可能ゾーンで発見された系外惑星の数が急速に増加しているので、生命を宿す地球のような惑星間の遺伝子交換の見通しは無視できません。」

コスモス・マガジン(Cosmos Magazine)誌には、この研究について話している数少ないアウトレットの1つの、すばらしい小さな自賛的な宣伝(blub)があります:

さまざまな評判の良い(reputable)大学や研究機関の33人の著者とともに、論文は一見素晴らしい主張をしています。もし主張が真実であれば、宇宙を私達が理解するために、最も重大な結果をもたらします。論文では、生命は地球から生まれたのではありません。

応答は。

ほぼ沈黙

この理由は、証拠と主張が論文自体によって進んだことと同じくらい魅力的です。「カンブリア爆発の原因 地上または宇宙?」の題名のこの出版物は、生命の起源に関する物議を醸すアイデアを復活させます。それは、「パンスペルミア.a (panspermia.a)」として知られる古代ギリシャにまで遡るアイデアです。

DNA分子の構造(ジェームズD.ワトソン(James D. Watson)氏と並んで)を共同発見した英国の科学者、フランシス・クリック(Francis Crick)氏のような学者は、こう主張します。DNA分子が地球上で発生した可能性、それが可能な方法はありません。上で説明したように、この分野で一般に受け入れられている理論は、分子の束が偶然に互いにぶつかり合い、生命を生み出した結果が私達です。しかしながら、クリック(Crick)氏によれば、私達は現在、ディレクテッド・パンスペルミア(Directed Panspermia)として知られていること結果です。クリック氏とイギリスの化学者レスリー・オルゲル(Leslie Orgel)氏は、1973年7月に彼らの論文を発表し、こうほのめかしました。私達は偶然か、またはある種の知性によって、宇宙のどこかからここに連れて来られました。

これは興味深いことです。何故ならば、あなたは、世界中の古代文化の中に存在する創造の物語の伝承(lore)に入ることができるからです。たとえば、1つは、多くの土着の文化が「スターピープル(Star People)」と呼ぶものとの関係です。

私は、総ての奇妙な骨格の遺跡に行くつもりさえありません。例えば巨人の遺体のように、記録から完全に除外されています。

 

お持ち帰り

「進化論」のネオ=ダーウィン版のメンテナンスのための議題(agenda)は、知的な創造者の概念から人々を遠ざけ、科学的唯物論に基づいた認識へと導く、それ以上のものではありませんでした。このように、地球での科学活動に資金を供給してコントロールした人々は、絶大な(tremendous)権力があります。

ダーウィンの理論は、私達自身の進化の特定の段階で人類に貢献したかもしれませんが、しかし、今では私達を妨げています。もし私達が現在の証拠を研究することで、自分自身が創造者になるのならば、生命の創造の本質をより深く理解することに穴を開けるときが来ました。500人の科学者達のグループが尋ねたように、「分野はダーウィンを如何にしてクリアし素早く乗り越えて進むことができるのでしょうか。- -ダーウィニストが彼自身の総ての証拠を研究しなければならないことについて、正当な手当があるのでしょうか。」

 

----- 出典 -----

www.collective-evolution.com

 

----- この記事を読んで -----

化学学科の中の1つの研究として生化学があり、その専門用語に慣れないと読みづらいかもしれません。本記事では、遺伝子の変化をさらに細かく、核酸(RNADNA)、タンパク質、ペプチド、アミノ酸と分子に分解して考えたとき、突然変異が成功する具体的な確率を挙げて、それが極めて小さいことを示しています。余りに小さな確率のために、ダーウィンの進化仮説でそうはならないことを言っています。

さて、ダーウィンの進化仮説がそうならないとなると、私達はどこから来たのでしょうか。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp