ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

TR-3B機密航空機、最高機密米空軍ブラック・トライアングル


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200421015051j:plain

TR-3B(ティ・アール-スリー・ビー)機密航空機、最高機密米空軍ブラック・トライアングル

( 図 デルタオーロラ Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

TR-3Bには、コード名アストラ(ASTRA)があります。最初の作戦上の戦術認定飛行は、1990年代初頭でした。  三角の航空宇宙核プラットフォームは最高機密下にあり、そして「黒い予算(Black Budget)」から拠出されたオーロラ(AURORA)計画の資金で開発されました。

少なくとも30億ドル、1994年に飛行したTR-3Bに加えて、「オーロラ」は、最も隠された既存の航空宇宙計画です。

TR-3Bは、オーロラ計画内で作成された最もエキゾチックな乗り物です。

アメリカ国家偵察局(National Recognition Office、NRO)、NSA(National Security Agency、国家安全保障局)、CIAによって資金提供され、運用上の委託をされています。

TR-3B三角形航空機の飛行はフィクションではありませんし、1980年代半ばに利用可能な技術で構築されました。目撃された総てのUFOが、独自のものではありません。(エイリアン)

TR-3Bの外的な防衛は、レーダー電気刺激に反応して、その反射率、レーダー波の吸収と色を変えることができます。

このポリマーは、TR-3BおよびECCM(Electric Counter Counter Measure、対電子妨害対抗手段)の電子的測定と組み合わせて使用すると、小型船や飛行体、または偽のレーダー、または航空機ではない偽の航空機、異なる所にいるより多くの航空機など、このように見えます。

ディスラプター(Disruptor 、磁場スイッチ)と呼ばれる加速プラズマが充填された円形リングは、クルーの回転コンパートメント(区画)を取り囲み、想像ができる技術からは遠いものです。サンディア・リバモア研究所(Sandia and Livermore Laboratories)は、MFDによって設計されたリバース・エンジニアリングを開発しました。

 

(Fig.1) TR-3B 最高機密ブラック航空機

 

政府はこの技術を保護するために何かを行うでしょう。水銀に基づくプラズマは、250,000気圧、150°K(ケルビン)の温度、50,000回転/分に加速されました。重力の遮断(浮上)の結果として超伝導プラズマを生成しました。

MFDは回転磁界を生成し、船体の質量89%の重力の影響を妨げるか、または中和します。勘違いしないでください。これは反重力ではありません。

反重力は、推進に使用できる斥力(反発力)を提供します。MFDは、円形加速器の周回質量となる地球の重力場を破壊します。

円形加速器の質量と加速器の全質量、クルーキャップ、アビオニクス(航空電子工学)、MFDシステム、燃料、クルー環境システムと原子炉など、89%減少します。これにより、乗り物は極めて簡単になり、これまでに建設された航空機の性能や操縦を克服することができます。コースUFOを除きます。

TR-3Bは高高度で進化し、目に見えない(ステルス技術を使用)、飛行時間が不定の認識プラットフォームです。ひとたび高速に到達すると、それは高度を維持するために多く推進する必要はありません。

グルーム湖(Groom Lake)では、プラズマ触媒として作用する新たな元素の噂が出ました。乗り物の重量が89%減少したため、それは垂直にまたは水平にマッハ 9 (音速の9倍、約10,000 km / h)で移動することができます。

一部の情報源によれば、パフォーマンスはパイロットの生物学的限界によってのみ制限されているといいます。質量が89%減少し、G力(重力)も89%減少することは、考慮することが多くあります。

TR-3Bの推進は、三角形プラットホームの各々の下端に取り付けられた3つのマルチモード推進器によって提供されます。TR-3Bがマッハ9以下で120,000メートル(120キロメートル)上昇すると、神はそれがいかに速く移動できるかを知っています。

3つのマルチモード・ロケット・エンジンは、プラットフォームの各々のコーナーに取り付けられており、推進のために水素またはメタンと酸素を使用します。水素と液体酸素を使用するロケット・システムでは、推進の85%は酸素が提供します。

 

(Fig.2) TR3Bのパテント

 

核ミサイルのエンジンは、追加の電力用に液体酸素を用いた熱推進剤を使用しています。反応器は液体水素を加熱し、液体酸素を超音速ノズルに噴射し、液体酸素と同時に水素を燃焼させます。

マルチモーダル推進システムは、原子炉によって推進され、大気中で作動することができます。大気の上層では、水素推進や水素/酸素推進を組み合わせたものを伴ないます。

あなたが覚えておかなければならないことは、3つのロケットエンジンがTR-3Bの最高機密の質量の11%だけしか推進しないことを示しています。エンジンはロックウェル社によって作られています。

三角形のUFOの観測は、それらは必ずしも地球外ではありませんが、最高機密の TR-3Bです。NSA、NRO、CIA、USAFはこれらの航空機の命名法を用いてシェルゲーム(目くらまし)を行いました。

 

彼らは、TR-3、修正されたTR-3A、TR3-B、および2,3または4つのプラスまたはマイナスの接尾辞で修正されたものを創りました。これらは同じ航空宇宙船ではなく、異なる航空機として設計されています。

ブドウとバナナが別物のように、TR3-BはTR3-Aとは異なります。それらの一部は人間の乗組員であり、パイロットのない無人機もあります。

「これは、あなたが多くの技術的な詳細を読んでいるようなストーリーでした。データがプレスに表示され、より多くの人々がそれらにアクセスできるようになることを願っています。それらは大衆を「目覚めさせる」のに役立つでしょうし、人類の使用のためにその除去につながります。一方で、そして他方で、最終的な外来侵攻については、もはや操作されたり、愚かではありません。それはもはやメディアを介して伝播を開始したからです。

以下のことを期待しましょう。いわゆる「黒いヘリコプター」とその技術が騒音も無く飛び、隠された政府の黒い操作を実行すると、すぐに明らかになるでしょう。

 


TR 3B Aurora Secret Plane Top Secret US Air Force Black Triangle VDownloader

(4:04)  2019/02/23 ・・・ 貼られたビデオと同内容のもの

 

(参照記事)

www.express.co.ukmysteriousuniverse.org

 

----- 出典 -----

www.matrixdisclosure.com

(関連記事)

brobible.com

 

 

----- この記事を読んで -----

TR-3Bについてご存じの方も多いと思います。地球を訪問したエイリアンから与えられた、または墜落したUFOを解析して得られた、こうしたテクノロジーを再構築したリバース・エンジニアリングにより人類が作った(マン・メイドの)クラフトがあるとされているストーリーの1つです。

いつものように想像力をOn/Off/ニュートラルにして考察すると、いろいろなものが見えて来ると思います。

本文にある通り1980年代半ばに確立されたテクノロジーだとすると、おおよそ35年が経ち2020となって、こうしたテクノロジーが民間に反映されているとは感じられないのが実態です。もしそうならば、人類はこれらのテクノロジーを獲得できていないでしょう。そして、ブラックトライアングルのクラフトが目撃されているのなら、人類のものではないと言い切っても良いのかも知れません。

 

Black triangle (UFO) - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp