ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

未知の生命種のメラネシア部族の遺伝子DNA


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191218152252j:plain

「アヌンナキの失われた息子たち」:未知の生命種のメラネシア部族の遺伝子DNA

(図 DNA パブリックドメイン)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

科学者達は最近、メラネシア(Melanesia)の島民が未知の種族の遺伝子を所有していることを、発見しました。 これは、アヌンナキ(Anunnaki)が私達の祖先なことを証明するでしょうか。

 

(Fig.1) 部族の様子

 

10月20日、米国人類遺伝学会(American Society of Human Genetics)は年次総会を開催しました。そこで、彼らが到達した結論は驚くほど単純に記述できます。 彼らが収集したデータには、メラネシアパプアニューギニア(Papua New Guinea)とその近隣諸島を取り巻く南太平洋地域)の人々がDNAに奇妙な遺伝子を持っている可能性があることを示しています。 遺伝学者は、認識されていないDNAはこれまで知られていなかったヒューマノイド種に属すると信じています。

研究に携わった研究者の1人、ライアン・ボーレンダー(Ryan Bohlender)氏によれば、その種はネアンデルタール人(Neanderthal)でもデニソヴァン(Denisovan)でもなく、まったく異なるものです。 「私達は人口を失っているか、あるいは人間の関係を誤解しています」と、彼は述べました。

デニソヴァンは、ホミノイド属(hominid genus)に属する絶滅種を表します。 彼らは、この種に属する骨の最初の断片が見つかった、アルタイ(Altai)のシベリア山脈のデニソヴァ洞窟で発見されたことに由来します。 私達のこの謎めいた従兄弟については、ほとんど知られていません。 メラネシアの人々について、今のところあまり知られていません。

「人間の歴史は考えているよりずっと複雑です」と、ボーレンダー氏は述べます。 そうですね。 ですが1つずつ、人類の複雑な過去が明らかにされています。 そして、このような発見は一方向を指しているようです。私達は、私達が何者なのか考えられませんでした。 私はあなたが感謝すると思う、研究の引用は次の通りです:

「人口の大きさと最新の人口分離の日付を文献からとって仮定して、私達は、総ての現代人口について〜440,000±300年前の古代 - 現代分離の日付を推定しています。」

 

(Fig.2) 現地の子供達 [工事中]

 

その数字が何の鐘も鳴らないなら、アヌンナキ仮説を繰り返してみましょう。 創世記の歴史によれば、ニビル(Nibiru))として知られている第12番目の惑星は、私達人間にとても似ているヒューマノイドの人口が分布していました。 彼らが大気の深刻な問題に遭遇した後、彼らは金を見つけるために太陽系を通り探索に行きました。その特別な金属は、彼らの惑星を治すことができます。

ニビルが地球の軌道に近づいたとき、キリストの約432,000年前、ニビル人達(Nibiruans)は宇宙船を使って人々や必需品を彼ら惑星から地球に送り出しました。 地上に到達した後、高度な存在は古代メソポタミア(Mesopotamia)に拠点を設立しました。

多くの人は、アナンナキの遺伝学者の研究所内で、人類の創造の真の時期だと信じています。そしてこの最近の研究は、この仮説をほぼ毎日裏付けています。 私達の最も古い、そして最も重要な質問の1つに答えることができる展望を提供します:私達は何者でしょうか。

この世俗的な謎へ、反論できない解答を得るには、誰も掘っていないところを深く掘り下げなければなりません。 しかし、これは言うよりも難しいです。 これを行う別の方法は、私達の中に隠されているわずかな記録を分析することです。 アヌンナキは、DNAが理想的な奴隷の工学的なキーであることを知っていました。 私達の真の血統について終わりの無い探索をするには、私達人間は同じことをしなければなりません。

 

(Fig.3) アヌンナキと人間のイメージ [工事中]

 

最近の研究努力では、別のグループの科学者達も同様の結論に達しました。 デンマークの自然史博物館(Natural History Museum in Denmark)の進化遺伝学者(evolutionary geneticist)のエスケ・ウィラーズレフ(Eske Willerslev)氏をリーダーとする科学者達は、83人のオーストラリア原住民のアボリジニ(aboriginal)から採取したDNAサンプルを調べました。 彼らはまた、パプアニューギニアの高地の高原集落から25人の参加者をテストしました。 彼らの驚いたことに、研究者は研究ボランティアのゲノムでデニソヴァンに似たエキゾチックなDNAを発見しました。 心に留めておいてください、研究者達はデニソヴァンと似ているだけと言っているだけで、実際、被験者の先祖に遺伝子を譲り渡したグループは完全に未知です。 「このグループは誰なのかわからない」とウィラーズレフ氏は述べました。 私達もそうではないですが、特定のグループが心に浮かびます。

 

遠隔集団のゲノムを研究する際に常にこのような発見がなされていることは驚くべきことではない。 時間が経つと、これらの孤立したグループは外界とほとんど接触しませんでした。 彼らは閉じた共同体の中で生きて生まれ、これは彼らのゲノムに反映されています。 より豊かで多様な祖先であれば、特定の遺伝子は変わらない可能性は低いです。 オーストラリアとメラネシアの原住民の場合、単離とは、遺伝子が存在しても変化が少ないということです。

 

この過去の二者択一な説明を想像するのは難しいことではありません。 アヌンナキは地球に来て、神になって人類を創造します。 チーフエンジニアのエンキ(Enqi)と最高医療責任者ニンティ(Ninti)は、遺伝子操作と体外受精を利用し、彼等のイメージで人間を創造しています。 彼らは人類を使って目的を果たし、それが彼らに合っているとき、バイブル的(!)な割合の洪水で破壊を繰返します。 一部の選ばれた人間は、プロトコルに反対することに決めたアナンナキの派閥によって保護されています。 彼らは生き残り、地球のあらゆる場所に広がっています。 数千世代が過ぎ、「社会化し」人のゲノムは想像を超えてさらに混じり合っています。 しかし、一部の場所では、創造者の炎はまだ燃えています。

 

(Fig.4) 人間のイメージ図

 

 

----- 出典 -----

infinityexplorers.com(同様な記事)

www.dailymail.co.ukwww.sciencealert.com

 

 

----- この記事を読んで -----

現代の医学的、科学的な研究調査の精度の向上により、標準ではないDNAが見つけられることはあるのでしょう。ダーウィンの進化論の自然淘汰的な変異で、説明のできない遺伝子のミッシングリンクもあげられています。これらを考察するとき、アヌンナキに直結してしまうのは短絡過ぎる気もしますが、科学では結論付けできない何かがあるのでしょう。果たして地球外生命(エンジニア)の関与があったのでしょうか。私達人類は、そうしてエンジニアリングされた生命なのでしょうか。

 

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp PREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

NEXT DNAのミステリー

zzak.hatenablog.jp