ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

エリア51センセーション:「内部告発者」


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200125215256j:plain

エリア51センセーション:「内部告発者」は秘密の米空軍基地に「時間旅行ロズウェルUFO」があると言っています

( 図 エリア51 Pixabay )  (Fig.1) ミラー氏とロズウェルのイメージ

 

アメリカ人のロバート・ミラー(Robert Miller)氏はセンセーショナルなYouTubeクリップを記録しました。それは、彼が「老いた」ように彼は「良心をすっきりさせる」と述べました。

ビデオでは、30万人以上が見ているように、彼は、1947年に墜落したロズウェルUFOの残骸から「リバース・エンジニアリング」された航空機をテストするために募集された元海兵隊パイロットです、と言いました。

米国政府は、2013年までにエリア51の存在を認めませんでしたが、現在では、新しい米国空軍のスパイ航空機は一般的に受け入れられ研究が行われています。

しかしながら、フライング・ソーサー(flying saucers)が地球上で墜落した場合、その残骸とエイリアンの死体は秘密裏にエリア51に保管されてると、陰謀論者は確信しています。

1つの長期的な主張は、UFOについてで、1947年7月にロズウェル近郊のニューメキシコ州の砂漠で墜落したとされ、現在はエリア51に保管されています。

 


Former Area 51 Worker Says He Piloted UFO

(12;45)  2017/12/16

 

突拍子もなく、ミラー氏は、この機体が「光速」に到達し、時間旅行する可能性もあると示唆してたと、デイリースター(Dailystar.co.uk)誌が報告しています。

説明後、彼が秘密のためにどのように誓われされたのか、彼がこれを破ったならば 「悲惨な結果」です。彼はテスト飛行とその次のクラッシュについて説明しました。

彼は言いました: 「私は、彼らに機体の中でパイロット席に連れて来られたことを覚えています。巨大な機体には1人のための部屋しかありませんでした。」

「私は操縦席を見渡し、座席しか見ませんでした。」

ジョイスティック無し、ステアリング無し、その他のコントロールはありません。しかしながら、ヘルメットがありました。彼らは機体がテレパシーで制御されていると私に言いました。」

「私は、機体が地面から浮き上がるのを想像するように言われましたが、うまくいきませんでした。」

「代わりに、私は機体の一部のだと想像しなければならなりませんでしたが、私は自分が地面から浮かぶことを考え始め、そして振動を感じました。」

それから彼は、その経験中にブラックアウトした後、彼が時間旅行を経験しているかもしれないと示唆しました。

彼は言いました: 「私は地上500フィートでした。そして、エンジンの振動が止まりました。 機体には脱出ボタンはありませんでした。 私は全く無力でした。」

「[機体]が地面に突っ込み、私は意識を失いました。」

「次には、私が病院にいたことを知りました。黒い服を着た男が来て、何が起こったのかを私に説明しました。 機体が地面に突き当たる直前に、それはちょうど行き、音がして消えたと、彼は言いました。」

「そして、真夜中に、彼らは戸外に大きなクラッシュ音を聞き、機体は同じ場所で墜落しましたた。」

「科学者達は、機体がタイムトラベルをしたと仮説を立てていました。」

内部告発者は言いました。彼は真実のために秘密協定に反することを選びました。

彼は次のように言いました。「数日後に私に何かが起きたら、何故だかあなたは分かるでしょう。」

「今となっては、真実は私の安全よりも重要です。私は真実を伝えたいのです。私は長い長い間嘘をついて生きてきました。」

 

ビデオには、様々な反応がありました。

ある視聴者がYouTubeに投稿しました:「私は彼が真実を伝えていると思います。」

「政府がUFOについてクリーンになる時が来ました。それらは未来からのタイムマシンであり、彼らは他の惑星から来たのではありません。」

他の人は言いました:「絶対にあなたを信じています。あなたは話をした勇敢な人です。あなたは歴史を作りました。そしてUFOのパイロットとして最初に知られた人物として、歴史の本に載るでしょう。」

しかしながら、3番目はそれは偽造として烙印を押しました。

ロビー・コムズ(Robby Combs)氏は次のように投稿しています。「このテープに関するすべてが偽装の叫びです。 彼は、他の人の言うことを聞いただけのことを暗唱しているだけです。」

エリア51の労働者がUFOの話を先に進めると、ミラー氏が最初に主張されたのではありません。

1989年にボブ・ラザール(Bob Lazar)氏は、施設についての驚異的な主張があると言っています。

ラザール氏は言いました。彼は、武装したセキュリティーによって保護されたミステリアスな基地で、墜落したエイリアンのフライング・ソーサーを回復させ、リバース・エンジニアリングとして反重力飛行システムの開発に努めました。

彼は、ネバダ州の軍基地(Nevada military base)近くの、砂漠に隠れている山側を削ったハンガーに隠されているUFOについて語りました。

ラザール氏の主張はそれ以来、UFOのコミュニティを分断させてきました。多くの人は彼を信用できる告発者と信じています。他の人は、彼は否定された空想家だと言います。

ロズウェルは(Roswell)、1947年7月のプレスリリースで、軍隊が近くの砂漠に飛んできたフライング・ソーサーの残骸を発見したことをセンセーショナルに発表して以来、UFOの事件の中心にいました。

しかし翌日には、それは実際には米国空軍の風船であったと言って声明を取り下げました。

証人達は後に、「墜落した機体」の中にエイリアンの死体があったと言いい、それらは残骸とともにエリア51に連れていかれました。

 

----- 出典-----

掲載終了となっております。

(同じ内容の記事)

www.express.co.ukamaznews.com

 

 ----- この記事を読んで -----

ニューメキシコ州ロズウェルで起きたUFO墜落事件は、軍によって事実関係が隠蔽されたとされています。ここに登場するロバート・ミラーさんも、巻き込まれた1人のようです。残念ながら、物的証拠は持ち合わせていらっしゃいませんが、ミラーさん同様に当時のことを話す人達が現れています。こうした方達の話から、パズルのピースを組み立てるような努力もされているようです。

米国の情報公開法で何かが分かりそうなものですが、これだと言える公的な資料はなかなか出てこないようです。

なお、当局にとって不都合なものを目撃した方を嘲笑したり奇異な目で見たりする風習は、事実の隠蔽手段の1つとして当局により大衆を操るために刷り込まれたもの、とういうのが一般論です。ロバート・ミラーさんも、苦しめられた1人なのではないかと思います。

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp