ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

予期せぬ「到着」:人類はエイリアンへの準備ができていない


ADVERTISEMENT/広告


Arrival Trailer (2016) - Paramount Pictures

(2:25)  2016/08/16

 

予期せぬ「到着」:人類はエイリアンへの準備ができていない

(Fig.) 2016年のSF映画「Arrival」の静止画。 この映画では、12のエイリアンの宇宙船が、地球上の世界中のさまざまな場所に上陸します。クレジット:パラマウント・ピクチャーズ

 

地球を訪れるエイリアンの見通しは、新しくリリースされた映画「Arrival」(邦題「メッセージ」)のような数え切れないほどのSF映画の本と映画のおかげで、何十年もの間、人間の思考によって浸透してきました。しかし、実際どうやって対処するかはまだ分かっていません。

天文学者達は、遠く離れたエイリアン文明からの信号を検出した後の、一連の推奨される行動を描いてきましたが、E.T.の到着に関してこのような努力はなされていようだ、とベテランのエイリアン・ハンター、セス・ショスタク(Seth Shostak)氏は語っています。

「もし彼らが上陸したき、私は何もプロトコルを知らない」と、カリフォルニア州マウンテンビュー(Mountain View)にあるSETI(Search for Extraterrestrial Intelligence、地球外知的生命体探査)研究所のシニア天文学者、ショスタク氏は語ります。[知的エイリアンを探る13の方法]

「私はそのようなことは一度も聞いたことがありませんし、もしあれば驚きです」と、ショスタク氏はスペース・ドット・コム(Space.com)誌に語りました。「しかし、ペンタゴン(Pentagon)の腹の内に何があるのか、誰が知っているのでしょうか」

米軍は信じられないほど多くの緊急時計画を策定しています。ペンタゴンは、英国との仮想の戦争の一環として、1920年代から30年代にかけてカナダの侵略を計画しました。したがって、ワシントンD.C.のファイリング・キャビネットに何らかの種類のエイリアンとの戦いの青写真がしまい込まれている可能性があります。

しかしながら、新しい到着者が敵対的または略奪的であることが判明した場合、最も独創的な戦闘計画でさえほぼ確実に失敗するだろう、とショスタック氏は語りました。自らの星系から地球に移動することが可能な如何なる地球外知的文明は、人類よりも遥かに技術的に進歩していると彼は指摘します。

「それは、米空軍でローマ軍の部隊を打つようなものでしょう」と、ショスタク氏は語りました。

人類文明に対する実在的な脅威と戦うために世界の国々が一緒になるだろうと、一部の思想家は推測しています。しかしショスタク氏は、それは確かではないと見ています。

「私はそれを見ないだけです。そうした反応を促したことは他にありませんでした」と、彼は延べました。「核兵器も実存する脅威で、『私達は一緒になってこれを止めなければならない』ことに世界の多くの人は気づいていません。」

SETIが検出したり、または地球に友好的なエイリアンが到着した場合、国際協力はより困難になるかもしれません。

「すぐに競争になるでしょう。『まあ、これらの人達はエイリアンと接触しています。 私達はそこに入り込む必要があります。 どんなにか良いものをエイリアンが伝えているのか、誰が知っているのでしょうか』」とショスタク氏は述べました。

明確に確立されたプロトコルが、そうした潜在的なトラブル・スポットを滑らかにするのに役立つかどうかは、はっきりとしていません。 基本的に科学者達に信号を再確認するよう指示するSETI検出プロトコルを採用してください。それは、国連などの他の研究者や著名な組織にこの発見を伝えるもので、適切な「国際協議」なしにE.T.にメッセージを伝えないものです。(あなたは完全なプロトコルをここで読むことができます:http://www.seti.org/post-detection.html

「私達は経験から次のことを知っています。数ヶ月前のロシアの信号のように、誤った警報が発生したときに起きたことで、実際に起こったことはプロトコルを見ていないことです。」 と、ショスタク氏は述べました。見たところ、旧ソ連の軍事衛星によって発生した可能性のある検出だったことを参照してください。「誰も気にしない。実際に起こっていることは、メディアが科学者を呼び寄せることです。」

SETI誤報に対する反応が比較的弱いことも、人類が真実の検出にどんな反応をするかを示す手がかりとります、とショスタク氏は述べました。簡単に言うと、大ヒステリーの確率はかなりスリムです、と彼は語りました。

誤報の後、「人々は街で暴動を起こしていません」と彼は延べました。

地球上のエイリアン宇宙船の到着は、もちろん、SETI検出よりも遥かに直接的な潜在的脅威でしょう。人類は侵略の可能性にどのように反応するのでしょうか。私達はただ待つだけかもしれません。そして見ることになります。

 

----- 出典 -----

www.space.com

 

 

----- この記事を読んで -----

SFで描かれたことは、近未来の予測とされる一面をもっています。紆余曲折するもそれなりに実現しています。2019年に米国海軍がUAP(UFOの別称)の存在を認めたこともあり、映画 Arrival (邦題 メッセージ)のようなことが起こったとしても不思議ではないのかもしれません。

一方で、彼らは既に上陸している、と堅実な筋から開示情報が伝わって来ることもあり、どう理解していいのか戸惑います。既に上陸しているのなら、人類は付き合うべき相手なのか観察されているのかもしれません。彼らが、人類や、あなたにも刷り込まれた既成概念でUFOだ ! と認識できる乗り物で、地球に上陸しているのでは無いのかも知れません。

お堅い Space.com 誌がこうした話題を取り上げる意味はなんでしょうか。目に見える形で現れ、イベント的なファースト・コンタクトとなる日がそう遠くはないのかも知れません。友好的な訪問がされるのか、友好的でない訪問となるのか、どちらになるのでしょうか。

 

Seth Shostak - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

 

f:id:Zzak:20200125164427j:plain

( 図 ファンタジー Pixabay)