ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

地球の、エイリアン侵略に対する緊急行動計画


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200424161233j:plain

地球の、エイリアン侵略に対する緊急行動計画

( 図 UFO Pixabay)    (Fig.) アーティクル・イメージ

 

地球外生命が地球に侵入することを決めたらどうなるでしょうか。

サン(Sun)誌は、英国の専門家に尋ね、大量避難、緊急戦争キャビネット(緊急戦争内閣)、大衆間の凶暴的な「あらゆる人」の考え方を含む恐ろしい想定を描きました。

エイリアンが地球に侵入した場合、何が起こるのかまだわかりません。- 起こることは決してないかも知れません。

サン誌は、元国防省(MOD)の内部者のブレインで、かつ超常的な調査官を選んで、最も可能性の高いシナリオを策定しました。

 

テレーサ・メイ(Theresa May)英国首相は緊急戦争キャビネット(内閣)を作成します

この写真:あなたは自宅に座ってテレビを見ており、あなたのショーは公共サービスのアナウンスのために中断されています。

放送局は発言します:「テレーサ・メイ英国首相は緊急内閣を作成し、起こり得るエイリアン侵略の報告に関して即時に説明されるでしょう。」

 

 (参照)

www.thesun.co.uk

コブラ会議(A COBRA meeting、英国の状況室と同等)は既に召集されています。

 (参照)

www.thesun.co.uk

国防省UFO顧問のニック・ポープ(Nick Pope)氏は、「国防事務官、国防スタッフの長官、政府のチーフ・サイエンティスト」をキープレーヤーに含めると考えています。

 

あなたはFacebookで警告を受けるだろう

(Fig.1) スマートフォンとフェイスブック、ツイッター

 

今日、Facebookは誰にでも警告する最速の方法で、そして政府関係者がまずTwitterで、情報を公開する可能性が高いと思われます。

写真はFacebookの安全性チェックですが、 「エイリアン侵略、ニューヨーク市」のものです。

もちろん、私達は 「フェイク・ニュース(fake news)」の時代を迎え、多くの人がソーシャル・メディアの発表を却下する可能性が高いですが、少なくともライフボート(救命艇)にはもっと多くの余裕があり、話をすることになるでしょう。

「携帯電話を経由する緊急メッセージ発信は、現在の市民緊急時の警告計画の一部ではありません。しかし、テクノロジーはそこにあり、そのようなメッセージは絶えず見直され続けています」とポープ氏は付け加えました。

「可能であれば、自宅でカバー(避難待機)し、当局からのさらなる指示説明を待つよう助言します。」

 

諸国は軍に加わるかもしれない

(Fig.2) 地球

 

ロビンソン(Robinson)氏は、米国とは最も近い同盟国で、インディペンデンス・デイ(映画)のスタイルの攻撃になると考えています。

「すべての政府が活発になるでしょう - これは惑星地球のための大規模なものであり、この新しい存在とコミュニケーションをとる方法を見つけ出すためには、総ての国家元首が集まっていなければならないでしょう」

しかし、各国が自国のために(この枠組みの)外に出る可能性が高いです。

黙示録的な小惑星計画を取る。

米国はかなりの計画を立てており、小惑星を撃退しようとするリハーサル・ミッションに資金を提供しています。

NASAは、2022年10月にダブル小惑星リダイレクション・テスト(Double Asteroid Redirection Test、Dart)を打ち上げました。これには、軌道の外から私達の大気圏に近づくバイナリ小惑星(binary asteroid)でロケットを爆破することが含まれます。

しかし、ホワイトハウス(White House)の小惑星防衛計画では、高価な反宇宙技術を使って他の国を手助けするかどうかは決まっていない、と明確に述べています。

同様に、エイリアンの群れが侵攻するときに、その資源や洗練された宇宙技術を共有したくないかもしれません。

 

イギリスは田舎に避難するだろう

都市の家族は農村部に送られ、できる限り多くの食糧を詰めるように言われた。

ロンドンの人々(Londoners)は、地下トンネルやドーバー城(Dover Castle)で安全を探し出す可能性があり、そのトンネルは難民で溢れてしまうかもしれないとロビンソン氏は指摘しています。

配給は可能性があり、そうして英国人は十分な衣類を詰め込んでパックするように指示されます。

「それは第1位を見据えたケースで、あなたの隣人を忘れることになるでしょう」とロビンソン氏は付け加えました。

 

宗教指導者が踏み込む

ニック・ポープ(Nick Pope)氏は、「数多くの政治的かつ宗教的な指導者が、平和を図るために、おそらく通信を試みるでしょう」と述べています。

「実際には、惑星地球について語る人はいませんが、もし私達が交渉人を1人選ぶ必要があるとするならば、おそらく国連事務総長(Secretary General of the United Nations)が最高の単一の連絡先になるでしょう。」

 

「絶対の計画」がありますが、それについては決して気づかないでしょう

(Fig.3) 最高機密計画

 

英国政府にはあらゆる種類の準備と安全規制の予算がありますが、公式文書ではエイリアン侵略に関連するものを見つけることは不可能です。

しかし、奇妙な現象の調査の「UFOと超常現象的なハンター」の創始者であるマルコム・ロビンソン氏は、絶対的なプロトコルがあり、私達はそれについて決して耳にすることはありません、と言います。

「彼らは公然と認めないでしょうが、彼らはエイリアン侵略のための緩やかな可能性のために、彼らの袖の上にプログラムを持っていると信じています。そして、私は彼らがイベントのために何かを計画していると完全に信じています。」

 

彼は孤独ではありません。

世界の研究者達は、政府は侵略行為のための戦略を持っているとみなしています。

サン誌はMODに尋ねました。計画があり、あまり驚くことではありませんし、彼らはそのようなことはないと言いました。

「MODは、地球外生命体の存在またはその他に関して、専門知識や役割を持たないことを、あなたが知ることは有益であるかもしれません。」と、MODディレクターは追加しました。

スチュアート・ウィリアム・ピーチ(Stuart William Peach)元帥は、政府に避難計画と軍事的対応について助言します。

 

私達ができることは何もありません - だから多くの混乱のために準備をします

(これは本当に不毛になるかもしれません)

侵略が差し迫っているのならば、恐ろしい現実は、私達にできることはあまりありません。

生物兵器核兵器を使用は、完全な騒乱を引き起すでしょう。そして、ありそうもない新しい訪問者は、私達よりも洗練されていません。

ポープ氏の考え:「実際には、私達にできることはあまりないかも知れません。約140億年前の宇宙では、宇宙人を侵略する可能性はわずか百年しかなく、それと、私達よりも高度な存在の可能性ははっきりと小さいです。」

「可能性はたぶん、何千万年かまたは何百万年も先の文明に取り組んでいると私達は考えています。そしてSFの作家であるアーサー.C.クラーク(Arthur C. Clarke)氏が言ったように、『十分に高度な技術は魔法と区別がつきません』」

大量絶滅に直面したら、セックス、麻薬や酒で国的な快楽的な怒りに陥ることはないと言っているのでしょうか。

 

 (関連動画)


Manhattan is an island, and this is your best hope for getting off

(2:43)  2017/03/09

 

----- 出典 -----

nypost.com(同様な記事)

www.livescience.comwww.marketwatch.com

 

----- この記事を読んで -----

なお、本文の記事は、テリーザ・メイ氏が英国の首相だった頃に書かれたものです。現在はジョンソン首相です。

また2019年にUSNが、UFO/UAPを認めましたが、ここ最近ディジャヴュのように米国発として、おそらく2019年と同じUFO/UAPの映像が公開されています。不可思議なタイミングでの再発表です。

UFOだ !? エイリアンだ !? もしも現実的に大衆の前に姿を現したら、どうなるのでしょうか。その時の選択肢は何でしょうか。(友好を求める? 奴隷や家畜になる? パニック? 拝む? 逃げる? 戦う?...)

少なからず、この記事を読んでいる方は、こうしたトピックに免疫があると思います。

さて、あなたはどうしますか ?

 

テリーザ・メイ - Wikipedia

ボリス・ジョンソン - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp