ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

火星に実在する痕跡はなんだ


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191214232153p:plain

クラッシュ・サイトでしょうか

グーグルアース・プロ(Google Earth Pro - PC版)をお使いでしたら、火星のオーバーレイに切り替えられ、座標 6°25'42.88"S 76°53'53.34"W にてどなたでも確認いただけます。

 

この画像は、NASAのマーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaissance Orbiter)、通称 MRO宇宙探査機に搭載された高解像度画像科学実験(High Resolution Imaging Science Experiment)、通称ハイライズ(HiRISE)により撮影された画像です。

これは超高解像度の衛星写真です。火星がほぼ真空のために、撮影で地表を遮る雲などはありません。衛星から地表がスカッとぬけて見えていることになります。(もし、雲が写り込んだら、それはそれで大発見です。)

 

画像の詳細は、アリゾナ大学(University of Arizona)のハイライズのサイトで見ることができます。

ハイライズの画像が、直接グーグルアースにオーバーレイされており、クーグルアースの情報公開から、PSP_001984_1735 がオーバーレイされています。

該当するハイライズのサイトは、

Swirls of Rock in Candor Chasma – HiRISE – The University of Arizona

( https://www.uahirise.org/PSP_001984_1735 )

 

なお、グーグルアース・プロでは、ハイライズのサイトの写真よりも拡大が効きますので、くまなく見て回るには向いています。

 

グーグルアース・プロをご利用できない場合は、次のギガパン(GigaPan)でご覧いただくこともできます。ギガパン化して下さった Jason Buchheim さん、ありがとう !

www.gigapan.com

ギガパンは、拡大縮小スライドが自由に行える画像サポートで、複数の画像を繋ぎ合わせたパノラマ写真化にも利用されています。

 

さて、NASAMROが撮影したことを否定しなければ、間違いなく火星の地表の画像です。アリゾナ大のハイライズの提供する画像に、いたずらや加工修正の疑いをもたなけば、ありのままのモノクロ画像です。

画像でクラッシュ(墜落)しているように見えるものは、隕石なのでしょうか。いったい、いつ頃クラッシュしたものでしょうか。

偶然、ひょんなことからグーグルアースで、この画像の場所を見つけてしいました。それ以来、関心を持たないふりをしたりすることを止めました。

 

火星は、ほぼ真空の冷凍庫のような場所です。保存状態は良いのでしょう。

火星に行って最終的な確認ができない以上、この画像のものが何かは決め打ちはいたしません。ここに写り込んだものは何でしょうね。。。

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp