ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

アポロ17号と最後の月着陸のミステリー、なぜ私達は戻っていないのでしょうか


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191218033417j:plain

なぜNASAはアポロ17で中止したのでしょうか。 そして彼らは止めたのでしょうか。 NASAは実際には、アポロ17号の後に、アポロ18号、19号および20号とさらに3つの任務を計画しましたが、このミッションは「伝えられるところでは」決して行われませんでした。

( 図 AS17-145-22261 クレジットNASA )  (Fig.) アーティスト・イメージ図

 

正式に言うと、人間が月を歩いた最後に知られている任務は、1972年に行われたNASAのアポロ17号でした。

それは最終的な月着陸とアポロ時代の終わりでしたが、人間が地球の低軌道を離れた最後の時でもありました。 アポロ17号のミッションは、2日と13時間51分59秒続きました。 アポロ17号は、マア・セレニティティス(Mare Serenitatis)の南東端の山々のリングに沿って、トーラス・リトロー・バレー(Taurus-Littrow valley)に上陸しました。その山々は、巨大な物体が、3,900億年前に月(テイアー/Theia)に影響を与えたときに形成されました。

 

しかしNASAはなぜアポロ17号で中止したのでしようか。 そして彼らは止めたのでしょうか。 NASAは、実際には、アポロ17号の後に、アポロ18号、19号および20号のさらに3つの任務を計画しましたが、ミッションは決して行われませんでした。

映画「Apollo 18」には、多くのUFO研究者がサポートしている詳細がかなりかありますが、一部によれば良い点が証明されています。

アポロ18号の任務は計画され、コペルニクス・クレーター(Copernicus crater)に着陸する予定でしたが、様々な着陸地点が与えられ、1969年7月28日付けの「NASA OMSF、有人宇宙飛行ウィークリーレポート」によれば、シュレーターズ・バレー(Schröter's Valley)に変更されました。 アポロ19号はまた、ハイジヌス・リール(Hyginus Rille)かまたはコペルニクス(Copernicus)地域に着陸する計画と議論がされました。そして、アポロ20は当初、サーベイヤーVII (Surveyor VII)のサイトであるタイコ・クレーター(Tycho crater)に向けられていましたが、これらのミッションは全く行われませんでした。何故、私達の多くは疑問に思っているのでしょうか。なぜNASAは止めたのでしょうか。 それは経済的や政治的な理由で、何かを示唆しているのでしょうか、それとも何かがあったのでしょうか。

 

(Fig.1) エイリアン・イメージ

 

アポロ17号では本当にうまくいきました。それは、最長の有人月着陸を含むいくつかの世界記録を破った任務で、それは月面での最長のEVA(船外活動)を持った任務でした。 最大の月のサンプルを地球にもたらしたミッションで、月の軌道上で最も長い時間をかけたミッションでした。

アポロ17号は、22時間以上続いた3つのムーンウォークを持ち、報告書によれば35キロメートル以上に渡りカバーしていました。 それは大成功の任務でしたが、少なくともこれまでの有人月探査の終わりを告げました。

 

なぜNASAアポロ計画を中止したかの正式な説明は、資金不足でした。1973年と1974年にスカイラブ(Skylab)計画、1975年にアポロ-ソユーズ・テスト・プロジェクト(Apollo-Soyuz Test Project)を計画していたにもかかわらず、常に資金不足で、政治的支援はほとんどありませんでした。

それ以来、私達の境界をさらに広げる大きな目標を達成するためのテクノロジーが開発されました。

NASAのオリオン・カプセルは、こうした進歩を証明しており、宇宙探査とコロニー化の新たな希望です。 私達は実質的に月を忘れ、代わりに赤い惑星を撮影しました。これは月のミッションよりはるかに高価です。

しかしながら、月の有人ミッションとなると混乱しているのに、私達が40年もそこに居なかったのは何故でしょうか。総ての研究者がこの問題に同意するわけではありません。 一部の著者や研究者が月の地球外生命体現象を指摘している事実にもかかわらず、多くの人がその考えを最終的に否定しています。

 

映画「Apollo 18」は、いくつかの興味深いことがあります。それは、月のことになるとエイリアンのアプローチを取ります。なぜ私達はそこに登場しなかったのでしょうか。ただし、映画そのものが魅力的かもしれず、それはまだ特定の目的のために書かれた原本を持つ映画で、事実で満たされていると誤解されていることを忘れないでください。

NASAは、月の陰謀説についてはとても明確です;彼らはそれに別の話があることを示すことができ、あなたが多くの「題材」オンラインをたくさん見つけることができるにもかかわらず、それらのすべてに反対してきました。

私達が月に行かなかった理由と、世界中の宇宙機関がなぜ月への旅を避けているのかは疑問が残っています。あたかも月が退屈で無駄であるかのように思えるようにしていますが、私達の太陽系を探検する目標としてさらなる任務を遂行することを忘れなければ、月は理想的な次の場所です。テクノロジーが私達に許してくれるのは、月の表面と資源を探査して利用することで、こうした機会をこれまで以上に得るようになるはずです。

NASAによれば、私達が月に戻らなかった理由はここにあります。

 


Top Secret Apollo 18 Footage 

(9:59)  2012/02/07

  

 

----- 出典 -----

www.ancient-code.com

 

 ----- この記事を読んで -----

2019年7月で、アポロ11号の有人での月面訪問から50年が経ちました。

月探索は、数年内に再開されるもようです。エネルギー資源目当てでしょうか。

なお、アポロ18号以降で予定されていた機体は、スカイラブ計画で消化済みです。記事ではアポロ計画が17号で終了後、何かあったのではないかと推論から話が膨らんでいる部分もありますが、これは置いておきます。

 

アポロ計画 - Wikipedia

スカイラブ計画 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp