ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAは、20年の間に星間宇宙ミッションを開始したい


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200803055746j:plain

NASAは、20年の間に星間宇宙ミッションを開始したい

(図 outlook Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

私達の太陽系を超えて探索する思いは、毎日強くなります。同様に、ワームホール(wormholes)やタイムトラベル(time travel)を理解する真の証明となります。未知のものへの私達の渇望を満たすために、NASAは、空間探査に革命を起こす未知の物理学を研究するでしょう。私達はまず、時空(space-time)、量子真空(quantum vacuum)、重力(gravity)、その他の物理現象の理解を進めなければなりません。この情報は、NASAが星間宇宙ミッションにロボットを送り込むのに役立ちます。人間の探査、着陸システム、ナノテクノロジー(nanotechnology)およびロボットを含む15の領域が、正確に研究されるでしょう。

 

テクノロジー

出す物理学を明らかにします。今のところ、必要な推進力は実現可能ではありません。今後20年間、NASAは技術ロードマップの一環として推進に取り組む予定であり、空間への「ロボットの星間ミッション」を可能にします。ワシントンDCのNASA本部のチーフ技術者であるデイビット・ミラー(David Miller)博士は、次のように述べています: 「技術ロードマップに含まれる候補項目は、改善され、活用され、構築される能力を提供します。」 これらの機能拡張は、宇宙の外側の範囲をさらに探索するために必要となるでしょう。それが出来ることはまた仕事を増やし - 宇宙の探査が一般的である未来 - 若者の将来を改善するでしょう。これらの分野の研究には、複雑な科学的研究を伴います。

 

タイム・ワープとワームホール

推進力は広く研究されているだけはありません。ワームホールと空間ワープ(space warp)もNASAにとって興味深いテーマです。これらの現象の両方の微視的な例を実証することは、宇宙の大遠距離を数秒で移動することを意味します。これは、どのように考えられるでしょうか。

 

推進力

最新のテクノロジーの1つが、EMドライブ(EmDrive)を中心に展開しています。EMドライブは、電気エネルギーを推力に変換することで、ロケット燃料の使用を止めます。この技術は、可能性のある何よりも早い速度で宇宙旅行を可能にするでしょう、現在まだ達成していません。NASAは、4月上旬にヴァシミール・エンジン(Vasimir Engine)への資金を提供すると発表しました。このエンジンはプラズマ駆動型の推進を利用します。これは、火星への旅行には1ヶ月以上かかることを意味します - これは過去の記録時間だった8ヶ月よりずっと少ないです。NASA小惑星探査は2020年に予定されており、それには人間が宇宙の真空中で働くことを可能にする技術を含み、そして火星への無人探査はおそらく早ければ2026年になりそうです。火星への任務は赤い惑星からの資産を提供し、そうして地球からの資源を減らすでしょう。

これは、順番に、宇宙への任務を増加させるでしょう。NASAの研究者のハロルド・ホワイト(Harold White)博士は、遠くの空間に移動する可能性のある星間戦艦のスケッチを明らかにした。NASAはまた、ソーラー・セイル(solar sails)、反物質駆動(antimatter drives)、「ビーム(Beamed)」推進など、別の種類の推進と併せて熱心に仕事をしています。「ビーム」推進は、レーザー(laser)を船で発射して動かすことです。これらのテクノロジーは、2033年までに適用される可能性があります。NASA宇宙旅行の仕事に熱心です。それは単なる時間との競争です。

 

どう思いますか。下記のコメント欄であなたの意見を共有してください。

 

----- 出典 -----

元記事の掲載は終了しております。

(同様な記事)

www.learning-mind.comlifeboat.com(関連記事)

www.sciencefocus.com

www.discovermagazine.com

 

----- この記事を読んで -----

他の惑星や恒星系に旅をするとなると、宇宙を長い時間にわたって移動せざるを得ません。地球から火星まででも、ざっと8か月と言われています。人間は移動中も呼吸をし、飲食をし、排泄をしますし、適度な運動も必要でしょう。

有人宇宙船には、航行するための燃料と、衣食住を支える設備が不可欠です。こうした意味でも、移動時間の短縮に関心が集まります。

NASAが、本格的に宇宙を旅するのに必要となるのは、新しい推進装置、おそらく人間を冬眠させる医学的テクノロジー、そして人間の代役として探査活動を行うロボット、この辺りに焦点を置いていることを紹介しています。

 

Variable Specific Impulse Magneto-plasma Rocket – VASIMR:

比推力可変型プラズマ推進機 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp