ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

次の大きな飛躍:米国は月に戻ります、ペンス副大統領


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20191218022529j:plain

次の大きな飛躍:米国は月に戻ります、ペンス副大統領

( 画像 ペンス副大統領 クレジットNASA )


トランプ政権は、人間の宇宙飛行を優先させ、最終的なフロンティアでアメリカの支配を強めることを強く求める声の一部として、宇宙飛行士を月に送ることにコミットしている、とマイク・ペンス(Mike Pence)副大統領は述べました。

「私達はアメリカの宇宙飛行士を月に戻すでしょう。足跡や旗を残すだけでなく、アメリカ人を火星に送るために必要な基盤を構築するためにも」と、ペンス副大統領は本日(10月5日) 新たに復活した国家宇宙評議会(NSC、National Space Council)の最初の会議で述べました。

「人間の宇宙探査に向けたアメリカの宇宙計画に焦点を当てながら、月は踏み台となり、訓練場となり、商業的、国際的なパートナーシップを強化する場となるだろう」と付け加えた。 [アイク(Ike)からトランプ大統領へ:宇宙探査の大統領ビジョン]

前の政権の下では、その足掛かりは遥かに小さかった:バラク・オバマ大統領はNASAに近地球小惑星を訪問して火星の旅の準備を指示していました。 これに対応して、宇宙機関は、宇宙の岩石から岩を抜き出し、その破片を月周りの軌道に運ぶ計画を策定しました。

 


Leading the Next Frontier, National Space Council, October 5, 2017

(2:30:36) 2017/10/05 ・・・記事にはない参考ビデオ

 

(Fig.) ペンス副大統領 マイク・ペンス副大統領は、バージニア州シャンティリーにあるスミソニアン国立航空宇宙博物館(Smithsonian National Air and Space Museum)のスティーブンF.ウドバー=ヘイジー(Steven F. Udvar-Hazy)センターで、2017年10月5日に開催された国家宇宙評議会(National Space Council)の初の会議にて、開会の挨拶を行います。

NASAの、このライブ配信フェイスブックでもご覧いただけます。NASA - National Aeronautics and Space Administration - Leading the Next Frontier: An Event with the National Space Co... | Facebook

www.facebook.com

 

新しい方向性?

昨日(10月4日)は、宇宙時代と冷戦時代の宇宙競争を開始したスプートニク1号の打上げ60周年を記念したものでした。 ペンス副大統領は、今日の彼の発言の間にその精神的な出来事を参照していたが、米国の宇宙政策の方向性が認識されていないことを嘆いていました。

「むしろ宇宙をリードするのではなく、頻繁に漂流すること選んだ」と彼は述べました。「そして、私達が60年前に学んだように、私達が漂流するとき、私達は遅れます。」

この漂流の証拠として、ペンス副大統領はNASAの宇宙飛行士が1972年のアポロの月の最後の任務以来、低地球軌道を超えていないという事実を引用しました。さらに、2011年にスペースシャトルが廃止されて以来、国は、米国の宇宙飛行士の国際宇宙ステーションへのフェリー代を、ロシアに支払わなければならなかったと指摘しました。このサービスは現在、1人当たり7600万ドルの費用がかかります。 (2つの米国企業、スペース・エックス(SpaceX)とボーイング(Boeing)は、両社とも、NASAの宇宙飛行士にこのタクシーサービスを引き継ぐカプセルを開発しています;これらの宇宙船は来年に飛行を開始する可能性があります)

ペンス副大統領は、NSCの助けを借りて、トランプ政権が一貫した長期的な米国の宇宙戦略を策定し実行することを約束しました。

もしも、本日のペンス副大統領の言葉と、昨日のウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)で発表された論説のガイドが参考になるのならば、その戦略は、人間の宇宙飛行、経済発展、国家安全保障に大きく焦点を当てるでしょう。

 「私達は、国家の安全保障に必要な宇宙技術を創造するために、アメリカのコミットメントを再確立するでしょう。私達の敵対者は積極的にジャミングやハッキング能力を開発しており、重要な軍事監視、航行システム、通信ネットワークに障害になる可能性があります。 この脅威に直面して、アメリカは、地球上と同様に天で支配的でなければなりません」とペンス副大統領は論説に書きました。 (完全版を読むには購読が必要ですが、一部の切れ端(snippets)は、whitehouse.gov で、無料で入手できます。)

「私達は、米国市民の機会を拡大し、そして米国が宇宙空間における経済発展の最前線に立つことを確実にするため、規制、技術、教育改革を推進します」と、彼は付け加えました。 「今後数年間で、低軌道で人間の商業的存在を維持するために、米国の産業が最初でなければなりません、この青い大理石の域を越えて経済圏を拡大します」

最初の会議

これらの目標の優位性は、バージニア州シャンティイにあるスミソニアン国立航空宇宙博物館のスティーブンF.ウドバー=ヘイジーセンターで開催された本日の会議で、パネリストの構成に反映されました。 (スペースシャトルディスカバリー(Discovery)号は、ウドバー=ヘイジーに展示され、劇的な背景を提供しています。)

3つのパネルのうち2つは、スペース・エックス(SpaceX)、ブルー・オリジン(Blue Origin)、シェラネバダ・コープ(Sierra Nevada Corp.)、ロッキード・マーティン(Lockheed Martin)、ボーイング(Boeing)、オービタルATK(Orbital ATK)の宇宙飛行会社の主要企業で構成されていました。 第3番目のパネルは国家安全保障に焦点を当て、退役した元海軍提督のジェームス・エリス(James Ellis) 元米国戦略司令官を紹介しました;元NASA宇宙飛行士で元DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency、国防高等研究計画局)のパメラ・メルロイ(Pamela Melroy)副局長、そして元NASA管理者のマイケル・グリフィン(Michael Griffin)氏。

「私達は半世紀前の月に競争に勝ちました、そして今は、私達は宇宙で21世紀に勝ち取るでしょう」と、ペンス副大統領は、今日の会議で、こちらで見ることができる完全なリプレイを述べました。

NSCは、ジョージH・Wブッシュ(George H.W. Bush)大統領時代の1990年代初頭に最後に活動しました。トランプ(Trump)大統領は、6月30日に大統領令で理事会を復活させました。

 

 

----- 出典 -----

www.space.com(同様な記事)

www.nasa.govwww.foxnews.com

 

----- この記事を読んで -----

2019年、アポロ11号が月面に降りてから50年を迎えました。何故50年も放置したのでしょうか、真相が知りたいところです。この記事からは、宇宙開発が民間事業に推移しつつあることが分かります。そうした競争により、いろいろと言われていることが、明らかになることに期待したいですし、ペンス副大統領からのお話は、私達の期待を大きくさせます。

 

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp