ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

女性はCOVIDワクチンの後に「人生を変える損傷」に苦しんでおり、回答を要求するためにユタ州上院議員とチームを組みます


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210728041725j:plain

女性はCOVIDワクチンの後に「人生を変える損傷」に苦しんでおり、回答を要求するためにユタ州上院議員とチームを組みます

(図 Vaccine Pixabay)

 

Utah senator demands answers from CDC, FDA after hundreds of vaccine patients suffer 'life-altering

(3:47) 2021/07/10

 

サラトガ・スプリングス(SARATOGA SPRINGS)、ユタ州(Utah) (ABC4) - ユタ州の女性とユタ州上院議員は、彼らがCOVID-19ワクチンから来ると信じている人生を変える損傷を経験したと主張した後、いくつかの答えを得るためにチームを組んでいます。

症状は疾病管理予防センター(Centers for Disease Control and Prevention、CDC)によりワクチンに正式に関連付けられていない一方で、一部の人達はこう確信しています、ブリアンヌ・ドレッセン(Brianne Dressen)氏を含めこの2つは関連しています。

ドレッセン氏は、サラトガ・スプリングスの幼稚園の先生で、11月にアストラゼネカ(AstraZeneca)の臨床試験に参加しました。

「ワクチンが命を救うことは間違いありません。ワクチンは、パンデミックを乗り越えるためのパズルの重要な部分です。 しかし、これらのワクチンで貧乏くじを引く人がいることは誰もが知っていたので、貧乏くじを手に入れている人の世話をする必要があります」と、ドレッセン氏は述べています。

それは彼女を含みます。彼女は11月4日にワクチンを接種し、それ以来[以前とは]同じではないと言います。

 

「すぐ1時間以内に、私は腕をヒリヒリしました… そして、私が家に帰る頃には、私の視界はぼやけて二重になりました」と、ドレッセン氏は言いました。

ドレッセン氏は、音と光に対する彼女の感受性が非常に厳しくなったので、彼女は常時、サングラスとイヤーマフをしなければならなかったと言いました。

「物事はかなり速く進行しました。そうなので、私は今週の長い神経学的衰退を持っていますし、誰も何が起こっているのか知りませんでした。 私は何度か検査クリニックに電話をしましたが、ついに2日後に彼らは私を迎え入れ、神経学的検査を行いました。そして彼らはこう言いました、『多発性硬化症(Multiple sclerosis、MS)のようです。おそらくそれを調べる必要があります』」と、ドレッセン氏は言いました。

彼女は症状が悪化し続けていると言い、感謝祭の直前に、彼女は足が働かなくなったと言い、彼女を救急外来に送りました。 しかしながら、いくつかのMRI、catスキャン[コンピュータx線体軸断層撮影法]、腰椎穿刺を実行した後、誰も彼女に何が間違っているのかを教えることができませんでした。

 

「私は人生の次の数ヶ月を自分の部屋に閉じ込めて過ごしました… 完全に一人で、沈黙の中です。 夫のズボンの発する擦れる音でさえ、私の耳には過大でした。 私達はそれを暗くしようとして窓にタオルを置き、それは悪夢でした」と、ドレッセン氏は言いました。

「私はクリスマスを逃しました。 私は子供達にクリスマスプレゼントを1つも買わなかった。 私は彼らの人生の数ヶ月を逃しました。 彼らは私が彼らの世話をしていたママとして私を知りません。 私は学校に行き、課外活動に連れて行き、宿題を手伝い、食事を作ります。 しかし今、彼らは病気のお母さんとして私を知っているだけです」と、ドレッセン氏は言いました。

彼女は何ヶ月もかけて、歩き、食べ、そして再び文章を作る方法を自分自身に教えました - 彼女がいくつかの答えを得るために近くと遠くを旅している間ずっとです。

「病院は何が起こっているのか分からりませんでした… 私が見た神経科医の誰も何が起こっているのか分かりませんでした.「私は検査クリニックに数回電話をかけ、彼らは何が起こっているのか分かりませんでした」と、ドレッセン氏は言いました。

彼女は、COVID-19ワクチンを接種した後、同じ症状に対処している他の人々と話をしたと言いました。

 

「私はこれらの人々に助けを得てほしいです。 私はCDCが正しいことをし、そして、これらの人々が助けを得ることができるように医学界とコミュニケーションを取ってほしいと思います。 「私は、彼らが情報に基づいた意思決定を行うことができるように、大衆が全体像を持てるようにしたいです」と、ドレッセン氏は言いました。

彼女はワクチン賛成と名乗る一方で、損傷した人々が取り残されていると信じています。

「私たちは絶対にワクチンを持つことができますし、負傷者の世話をすることができます。これは、どちらかの1つのものの必要はありません」と、ドレッセン氏は言いました。

数週間前、ドレッセン氏はワシントンDCの研究機関を訪問しました。彼女がそこにいる間、ユタ州マイク・リー(Mike Lee)上院議員ウィスコンシン州(Wisconsin)のロン・ジョンソン(Ron Johnson)上院議員と会い、自分が経験したことを説明し、懸念を表明しました。

彼女が収集した総ての研究とデータを示した後、2人の上院議員は、彼女の代わりに、CDCとFDAにいくつかの答えを要求する手紙を書くことを同意しました。コチラで手紙を読んでください。

 

----- 出典 -----

www.abc4.com

 

----- 2021/07/09公開の記事を読んで -----

ビデオからの抜粋の記事でした。本文は、ワクチンに期待してはいるが、ワクチンが引き起こす新たな厄介な病気になってしまったブリアンヌ・ドレッセンさんの残念な例です。

ここで重要なことの1つは、ワクチンが原因となっただろう神経症状が出てしまう人達がいることで、多くは社会復帰が困難なほど重い症状です。

そしてもう1つは、国の保健機関(米国ならFDA)が薬として承認(または緊急承認)するためには治験(人体実験)の結果を提出しなければなりませんが、保健機関が要求している治験で損傷を受けたり、亡くなった方達を救済するシステムがどうなっているかです。国の保健機関が主導する、迅速な救済システムが無いのかもしれません。何か理不尽です。

また、薬害となった人達を支援するNGOがあれば、そうしたNGOに頼ったり、被害者での集団訴訟をしなければならなくなるのかも知れません。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp