ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ジェット機にエスコートされた人造の空飛ぶ円盤は、技術移転したUFOを意味します


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210729055649j:plain

ジェット機エスコートされた人造の空飛ぶ円盤は、技術移転したUFOを意味します

(図 X-47B operating in the Atlantic Test Range (modified) ウィキメディア経由パブリックドメイン)

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

動画の始まりから、秘密の軍用機のビデオがありました。 この日中のUFOがジェット機エスコートされている理由は何でしょうか。 異なるのは、このUFOまたはフライング・ソーサー(Flying Saucer)のビデオにはエスコートがあり、それは「極めて珍しい」ことです。 とても珍しいことで、実際にそれは、ほぼ警戒することでしょうか。 しかし、それは私達が進むためにたくさんのことを与えます。 何故ならば、先導する航空機の後から出る燃焼排気を、誰もがはっきりと見ることができるからです。

 

それはどういう意味でしょうか、UFOで戦うための軍事訓練でしょうか。 まあ、それは基本的に、政府機関はもう嘘をつくことができない、ことを意味します、時代! それは、UFO研究ジャーナリストへの彼らのコメントが、次のことからシフトすることを意味します。 「フライング・ソーサーまたはUFOの技術移転に関連する、UFO施設やUFO計画はありません」と、答えたり、「ノーコメント、あなたは、どこから情報を入手したのですか(笑)」などと答えます。

ええと、オンライン的に、陰謀のほとんどは、一種の真実であることが判明しています。 他のどこで、あなたは、人々がこの日の時代に彼らの情報を手に入れると思うでしょうか。 あなたはおそらく既に知っているように、誰もが自分のコメントを追加して、古き良き、中古の情報やまたは中国語のささやきを伝えました。

もしも、誤って墜落したUFOから、または「強制的に落とした」UFO(またはフライング・ソーサー)から、フライング・ソーサーの技術移転をするのならば、1つだけのことを意味します。それは:

  • UFOは本物です
  • エイリアンは本物です
  • 政府はエイリアンについて知っています
  • 政府はエイリアンについて嘘をついています
  • 軍はエイリアンを知っています(開始する者のための回復チーム)
  • どこかにUFOを作っている「秘密の基地または研究所」があります

可能性:

  • 秘密の政府の地下基地
  • 政府、軍、またはハイブリッド
  • 政府の同意を得たプライベートなベンチャー事業
  • 政府からの同意のない、民間人または混合物
  • 政府と民間の両方の、研究開発など

まじめな話、UFOの研究への関与または協力のさまざまなバリエーションが、この世界(そして、それから) には、いくつあるのでしょうか。総てがこれに帰着します。 また、誰が、いつ、どこで、何を知っているのでしょうか。

 

(Fig.1) フライング・ソーサーの内部

 

私達は、秘密の技術研究および最高秘密のUFO開発への関与、さらに、極めて効率的な世界外の技術への関与を続けることができます。 何故ならば、それらはオンラインで投稿されていますが、しかし、それらはまた別の日とUFOに関する別のブログ投稿のためだからです。

これは、フライング・ソーサーまたはUFOが、ジェット機によってエスコートされたビデオです:

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by UFOi73 (@ufoi73)

www.instagram.com

ハウ・スタッフ・ワークス(How Stuff Works)ウェブサイトからの引用:

1989年11月11日と13日、ネバダ州ラスベガス(Las Vegas)のKLAS-TVの視聴者は、記者ジョージ・ナップ(George Knapp)氏から素晴らしい話を聞きました:米国政府は地球外の乗り物の遺物を所持しており、それを明らかにするために科学者がやって来ました。 これらの乗り物から、素晴らしい技術的なブレークスルーがもたらされました。 科学者、ロバート・スコット・ラザール(Robert Scott Lazar)氏は、次のように述べました。彼は、ネバダ州試験場の一角の、エリア51のS-4セクションで働いていました。そこで彼は、推進システムに使用するための「反重力反応器(anti-gravity reactor)」についての、進行中の研究の存在を示す文書を読んでいました。 下記の出典のソース・セクションにあるリンクで、詳細を読んでください。

 

(Fig.2) 戦闘機とUFO

 

上の画像はフライング・ソーサーに関連しており、軍用の戦闘機によってどこにでもエスコートされます。

 

 

----- 出典 -----

www.ufosightingsfootage.uk(出典のソース)

science.howstuffworks.comwww.gravitywarpdrive.com(同様な記事)

www.ufosightingsfootage.uk

 

 

----- 2019/04/13公開の記事を読んで -----

なんとも言えないビデオですが、戦闘機はシルエットからすると F/A-18 でしょうか。UFOとされているのは、ノースロップ・グラマン社のX-47Bではないかとする濃厚な意見もあります。X-47Bであったとしても、このテクノロジーの進歩は特殊な印象もあります。

墜落したUFOを回収し、解析し構築したテクノロジー、またはエイリアンとコンタクトがあり供与されたテクノロジー。こうした考えから、さまざまなトピックが挙げられています。どこまで本当なのでしょうか。

 

X-47 (航空機) - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp