ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

今日のスカイカムで、ワームホールから出てくるUFOを発見


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210310215403j:plain

今日のスカイカムで、ワームホールから出てくるUFOを発見

(図 Wallpaper Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

言うまでもありませんが、次のことは並外れたことです。このUFOがワームホールのように見えるものに出入りすることを、ヨーロッパ南天天文台(ESO、European Southern Observatory)のウェブカメラでキャッチしました。私は、この素晴らしいビデオを欲しい者に送ったばかりです。実際に彼は答えを「必要としています」、そして上手くゆけば、私達の素晴らしい視聴者から、私達はいくつかの答えを得ることができるでしょうか。

「丸みを帯びた空間のゆがみ」から何かが出て来る(または入る)ことがはっきりとわかりますが、しかし私達には、この画像が空間の縦線のように見え、それは間違いなく変わったように見える - たとえ奇妙でなくても。

 

(Fig.1) SKYCAM画像の可能性の説明

 

それは燃えるような色で、先端が丸いように見えます。そして、これがUFOの痕跡を残すものなのか、それとも私達が見ることができるUFOの半分だけなのか、残りの半分はまだまだ出ていないのかと、私は思っています。これですか、それともエンドボールのような形でしょうか。UFOはどれなのでしょうか。

 

どちらにせよ、これは絶対に、UFOがそこから出てくるような空間の歪みがあるように見えることを私達が期待するものです – なので、私はこれを投稿しているのです。まあまあ、この驚くべきオレンジ色の線のようなUFOの定義のようなものもあり、一方の端から他方の端まで「モノ」を水平に通貨しています。そして丸い球は最後にボールのようになっていますが、これもUFOなのかもしれません。

これはUFOスフィア[球体]ですが、最後には明確で目に見える痕跡が残されていますが、正確には言えません – ですが、ワームホールから出てくるので半分にカットされているように見えるでしょうか。これは最も興味深いですし、それは今日だけ見られました。そうなので、ほんの少数の人々を除いて、誰もこれを見たことがない報道は熱くなっています。

 

(Fig.2) 問題部分の拡大表示

 

私はこれについて、反対の議論や、多くのことが言えると確信しています。それでも、初期には、2019年3月12日である今日のカメラでしか捕らえられていませんてした。問題となっているスカイカム(skycam)は、ESO(ヨーロッパ南天天文台 - 情報源の下部にあるリンク)と呼ばれる所が公式に利用可能でした。

忘れないでください。私達はあなたと同じで、私達も答えが欲しいのです。同じですよね。建設的な意見や答えを得ることは常に良いことです。

 

それでもこれを見るのはどんなにか奇妙なことですが、そしてこのようなものを見る前でさえも、このような感じの出来事が想像できるでしょうか。それは奇妙だし、そして低く、

そして見なさい- 私達は、スカイカムでそれに出会います、皆さん見たいでしょう。

 

(Fig.3) ヨーロッパ南天文台のSKYCAM画像

 

これは私に個人的には運命の存在を証明しています。私達は以前にここにいたことがあり、無限なループの前に、無限の時間を過ごしました。

私達は、見る前に想像していました。何故ならば、私達の中で可能な総ての知識を、私達は既に持っているからです。

そういう分けで、私達は学ぶことができます。

そういうわけで、一部の人達は「天才のような技術が好きになります」。

それが彼または彼女のために作られたように。

どうやっているのか分かりませんが、しかし私は知っていでしょうか。あなたは、これを何回聞いたことがありますか。まるで私が他を知っているかのようです。私はそれを感じられるでしょうか。同時発生、偶然に発見する才能、運勢、機会として、あなたが好きなものと呼びますが、それは力であり、それはエネルギーの力であり、それは現実のものです。それは生来のもので、それは最初からありました。

 

(Fig.4) 画像に見られる境界の拡大

 

これは、UFOがそれから出てくると、巨大な空間の歪みのように見えることを示すこの特別なビデオです。あなたはこれを楽しめます:

Space, and time being distorted by warmholeは視聴不可になりました

 

私はこれを送ったばかりで、そしてどのスカイカムから来たのか、空のどこなのか確実な座標について、私はまだ情報等を収集中です。

私は、これを見つけた人が匿名希望なことを知っており、それこそが私の尊重する権利です。これに関する関連する公開情報を入手したときには、私は投稿を更新します。これが一般に見られる必要があるので、私は公開情報を待っていませんでした。そして、もしもあなたが私の投稿を知っているならば – それは、私が常に優先しているビデオまたは画像の内容なことを、あなたは知っているでしょう。

 

 

----- 出典 -----

www.ufosightingsfootage.uk(同様な記事)

https://ufosightingsfootage.tumblr.com/post/183404558929/via-ufo-coming-out-of-a-wormhole-spotted-on

ufosightingsfootage.tumblr.com

 

----- 参考サイト -----

www.eso.org

 

----- この記事を読んで -----

2019/3/12に公開された記事でしたが、ビデオがすぐに見られなくなったのは残念でした。より不味いモノでも映っていたのてしょうか。
この手の画像が騒がれたとしても、ヨーロッパ南天文台や当局が何もコメントしないのは、いつものことなのでしょう。
機器の故障や、CG合成でないとして、実際にこうした現象が捉えられているのならば、そこには何かがあるのでしょう。画像で、境界の左右で空間が違っていそうなのは、誰にも分かると思います。ただのノイズとも考えにくい雰囲気です。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp