ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

NASAは、それをベーリング海の上の隕石と呼ぶことで、3-5マイルのUFOを隠そうとします


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210311213405j:plain

NASAは、それをベーリング海の上の隕石と呼ぶことで、3-5マイルのUFOを隠そうとします

(図 Fantasy Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 


NASA Tries To Hide 3-5 Mile UFO By Calling It A Meteor Over Bering Sea

(1:49) 2019/03/24

 

NASAは、今週、ベーリング海上の爆発だとして、この巨大な3-5マイルUFOを説明しようとしています。NASA海上のこの大きいUFOのためのより良い言い訳を考え出すことができなかったと、私は思います。本当にNASAは次のようにしました。それは世界的なレーダーと気象衛星で見られたことを、NASAは知っていたので、彼らはその言い訳を流星としたのです。あなたがそれについて考えるならば、高速で私達の大気を通ってくるどんな3マイル(サイズ)のクラフト[航空機/宇宙船]は、空気を加熱し、その背後にちょっとした跡を残すでしょう。だから、私はただ、NASAはそれが流星だとする弁解を信じることができません。UFOの写真を見てください。それは爆発のように見えるでしょうか。あんまり。しかし、それは、海面下に身を沈めている3マイルのUFOのように見えます。私は次のことに賭けられます。もしも調査のために船がそこに送られたのならば、彼らがその場所に近づくにつれて、彼らの電気機器は混乱し誤動作し始め、その場所から遠ざかるまでそうなることを見ます。

彼らはまた、それが173キロトンのエネルギーを放出したと言いました。広島への原爆の10倍以上です。それでも、私達は3マイルの領域しか見えないのでしょうか。もしも広島の原爆の10倍の大きさならば、半径30-60マイルの爆発が起こるでしょうが、そうではありません。

スコット・ウォーリング(Scott Waring)

 

----- 出典 -----

NASA TRIES TO HIDE 3-5 MILE UFO BY CALLING IT A METEOR OVER BERING SEA」は、掲載終了しております。

(同様な記事)

www.ufo-secret.comx-u-f-o.blogspot.com

----- 参考 -----

www.sciencealert.com

 

----- この記事を読んで -----

UFOmania - The truth is out there チャンネルのビデオを紹介する記事です。

これは、日付こそ違いますが、以前に取り上げた小惑星の地球落下について、別の見方をした記事とも言えます。UFOかどうかの結論ははっきりしていません。もしも、高度な文明が地球の生物を抹殺しようとするのなら、小惑星をコントロールして、雨あられのように地球に落とせばいいだけなのかもしれません。

 

本編の件については、実際にNASAが、173キロトンの衝突エネルギーを発表しています。これほどの規模の爆発があっても、世間では気が付かないものなのでしょうか。

f:id:Zzak:20210311215327p:plain

Fireballs より、2018年12月18日掲載部分のスクリーンショット

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp