ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

このツェッペリン型のビジネスジェットは、より長い航続とより良い燃費を提供します


ADVERTISEMENT/広告


Celera 500L | Egg with wings or a revolution in aviation

(18:24) 2020/11/19

このツェッペリン型のビジネスジェットは、より長い航続とより良い燃費を提供します

(Fig.) アーティクル・イメージ

 

それは給油なしで米国本土の任意の2点を繋げます。

確かに、スマートなビジネスジェットはより魅力的なのかもしれませんが、しかし、オットー航空(Otto Aviation)のツェッペリン(zeppelin)のようなセレラ500L(Celera 500L)の数値はより説得力があります。 この6人乗りのビジネス航空機は18〜25 mpg[マイル毎ガロン]の燃費を約束します - それは、同様のサイズの航空機の8倍です - 最大巡航速度は460 mph[マイル毎時]、航続距離は4,500海里で、典型的な軽ビジネスジェットの2,100海里と対照的です。 ということは、セレラ500Lは、給油なしで米国本土での任意の2つの場所を繋げます。 また、1時間あたり328ドルの運用コストは、競合他社の軽ジェット機に対して3分の1です。 こちらが、オットー社が魔法を起こす方法です。

 

1. スムーズな動き:プッシュ・プロペラ[推進]の設計により、胴体全体に乱気流が発生するのを防ぎ、航空機の効率を高める一方で、下側の腹側フィンは当たりの保護を提供します。

2. エイぺェクス・ツイン(Apex Twin):Red A03軽量アルミニウム・ピストン・エンジンは液冷V型12気筒で、各ツイン6気筒列(twin six-cylinder bank)は独立操作対応です。 このエンジンは、ジェットAI(Jet AI)とバイオディーゼル燃料で動作することが認定されています - これは、同じカテゴリのタービンエンジンと比較して、燃料消費量が50%少ないことを意味します。

 

(Fig.1) 飛行機の光に満ちた内部のレンダリング

 

3. ものの形:胴体(fuselage)と翼の奇妙な形は、途切れない気流を作り出し、同様のサイズのビジネス航空機と比較して、空気抵抗を最大60パーセント削減します。 この層流設計は、セレラの燃料効率や速度と航続距離を支えるものです。

4. 進行での流れ(The Flow With the Go):高アスペクト比の翼は、セレラの層流を増加させます。異常に長い翼端は、空力効率と横安定性の両方を提供します。 天候やその他の航空交通の上空を飛行するために設計されたセレラは、15,000〜50,000フィートの間を上昇するとして、対気速度を2倍にします。

5. 11への体積:航空機の丸みを帯びた形状はインテリア・デザイナーに、中型ジェット機の6つの広々とした座席と6フィート2インチのヘッドルームを設置することを許した一方で、エンジンを客室の後ろに配置したことと、リア・プロペラの使用で、飛行中の体験は遥かに静かなものにできました。 その448立方フィートの体積は、416立方フィートのビーチクラフト(Beechcraft)社のキングエア350(King Air 350)や、わずか311立方フィートのサイテイションCJ3(Citation CJ3)などの競合他社に勝ります。

 

 

----- 出典 -----

robbreport.com

 

----- この記事を読んで -----

これまで、より遠くへより速くが航空機移動に求められたことですが、より速くを抑え、より多くをより安価にを選択したのがエアバスと呼ばれるものでした。本編で紹介されているセレラは、少人数を対象として、ビジネス目的地(長い滑走路不要)を自由に選べることをターゲットとしたような印象です。個人などで運用されている小型のセスナ機の需要に近く、長距離移動の運用ではセスナ機から置き換わるのかも知れません。

ヴァージン・ギャラクティック社のスペース・シップ2も、6人乗りの客室でした。このくらいの人数だと、程よく小回りが利く運用が狙えるのでしょう。

 

Otto Celera 500L - Wikipedia

 

f:id:Zzak:20210219172511j:plain

(図 Zeppelin Pixabay)

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp