ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

米国は軍事法の下で、議会は... 中国共産党は... 誰もそれを知らない


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20210208032540j:plain

米国は軍事法の下で、議会は逮捕され、中国共産党との戦争に勝利し、誰もそれを知らない

(図 White House Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

ジョー・バイデン(Joe Biden)氏は、破産し消滅した米国企業の社長に就任しました。 彼の事前に録画されたキャッスル・ロック・エンターテインメント(Castle Rock Entertainment)によるハリウッドでの就任式の直前に、ワシントンDC(Washington DC)、米国議会(Capitol hill)とホワイトハウス(White House)は、数マイル有刺鉄線の柵と60,000人の州兵で確保されました。

1週間以上経った今でも、30,000人以上の軍隊と有刺鉄線の柵が残っていました。 何故でしょうか。

答えは、1月25日月曜日の早朝、午前3時から午前6時までに来ました、80人から140人の議会の人々の逮捕が米国議会で進行中のように見えました - その後、議会は姿を消したようでした。 何故でしょうか。

最初の完全なバイデンの週の間、ホワイトハウスはビジネスをキャンセルします - ワシントンタイムズ(Washington Times)紙、ホワイトハウスでの米軍が議会を逮捕する

www.bitchute.com

実際には、暫定軍事米国政府(Interim Military US Government)がワシントンDCを引き継ぎ(take over)、私達の国を運営していました。 2つの米国政府:(1) 憲法と軍事法11.3に基づいて国防総省(Department of Defense)により、合法的な暫定軍事米国政府が権限を与えられました。それと、(2) 違法で、詐欺的な外国人に支払われた、外国が管理する(コロンビア特別区(District of Columbia)の外国の地)バイデン政権です。

米軍がバイデン氏を担当し、大統領執務室(Oval Office)の舞台セットで彼に空白の大統領命令に署名させているようでした。 ホワイトハウスは空っぽだと言われていました。 何故でしょうか。

THE MILITARY IS IN CHARGE JOE (Video)

全体のオペレーションは、政府の閉鎖中の先月の2020年1月に始まりました。 トランプ大統領は、米国財務省(US Treasury)やIRSと連邦準備制度(Federal Reserve)を含むいくつかの機関を再編成したと言われました。 現在、米軍は、リノ(Reno)近くの新しい米財務省で、納税者のドルを含む総ての資産を管理していました。 何故でしょうか。

軍は、金/資産担保ドルへの返還を実施し、次のことを保証する任務を負っていました。アメリカ合衆国共和国は、1871年以前に書かれた憲法の元の法律に復元されました。

Trump Puts Schumer and Pelosi in a Brilliant Vise Grip - 'Trump's Agenda' - Real News :)

この総ては、2021年1月9日土曜日に、バージニア州(Virginia)ラングレー(Langley)のCIA本部を米軍特別作戦チーム(US Military Special Op Team)が襲撃した後に、可能になりました。 襲撃はこの確固たる証拠を生み出しました、2020年の選挙を妨げるために、CIA、民主党員(Democrats)、その他の裏切り者は、中国共産党(Chinese Communist Party、CCP)が率いる外国の実体と共謀していました。

1月9日の土曜日の朝、トランプ氏と彼の妻メラニア(Melania)の命に2回の未遂がありました(彼が就任して以来、12回以上そのような未遂があったと言われています)。

トランプ氏は十分に持っていました。 彼は直ちに反乱法(Insurrection Act)  (9.11以降、ジョージ・ブッシュ・ジュニア(George Bush Jr.)氏により法制化されました)を起こし、その後彼の権限を米軍に引き渡しました。

現在、国は戒厳令(Martial Law)下にあり、2020年の違法選挙を認定した方達を含め、反逆罪を犯した方達全員が逮捕されるまで、トランプ氏は米国大統領のままです。

国防総省(pentagon)の一部の人は、20年以上これに備えていました。 ユタ州(Utah)のジョン・フーバー(John Huber)司法長官と彼の740人の捜査官達は、2016年以来とても忙しかったです。 議会と3つの書状(letter)機関を含め、米国政府は全体を通して腐敗していました。 事件が既に州の大陪審(State Grand Juries.)を通じて処理されていた裏切り者がたくさんいました。 トランプ氏が就任して以来、推定80〜140人の議会の人々が、連邦裁判所(federal courts)に提出された223,000件を超える封印された起訴状に名前が挙げられていると考えらました。

それらの方達のうち、起訴された85%から95%は、少数のリノの共和党員(Republicans)と混ざり合っていた民主党員でした。 告発の大多数は、小児性愛(pedophilia)[ろりこん]、子供の搾取(exploitation)、米国納税者資金の背任横領で、2020年の大統領選挙に影響を与えるために外国勢力と共謀したと言われています - 反逆罪の行為です。 オバマ(Obama)元大統領が彼の最後の就任時に大変に多くの者を恩赦ので、重大な告発を行うことができませんでした。

2020年1月2日までに、軍事法廷(Military Tribunals)は既にグアンタナモ(GITMO)で、クリントン(Clinton)氏やオバマ氏そしてブッシュ氏などの知名度の高いエリート達に対して始まったと言われています。 彼らに対する告訴は、死に値する大反逆罪(Capital High Treason)、選挙詐欺、児童性的人身売買(Child Sex Trafficking)、マネーロンダリング、米国の納税者資金の背任横領、加えてウラニウム・ワン(Uranium One)、9.11、そしてベンガジ(Benghazi)犯罪を含むと考えられていました。

ディープ・ステート(Deep State)の特別検察官(prosecutor)のロバート・ミューラー(Robert Mueller)氏は、9.11の隠蔽工作に関与したことに対して起訴されたと考えられていました (彼は、9.11の7日前にFBI局長に任命され、9.11のいわゆる「調査」を監督しました)、さらに彼は、トランプに対抗して進行中の偽のロシアの魔女狩りとして実施しました。

https://archive.4plebs.org/pol/thread/168059921/

民主党が、再びトランプ氏を弾劾したかったのも不思議ではありませんでした。 1月28日木曜日、上下両院で特定の裏切り者達は、彼らが再びトランプ氏を弾劾しようと投票したき、実際にトランプ氏を大統領代行として認めました。 憲法の規則の下で、もしも彼が現在就任していないのならば、あなたは米国大統領を弾劾することはできません。

ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は、破産して消滅した米国企業の大統領職から弾劾されることを心配していませんでした。 彼には他の計画がありました。 2021年1月11日、ドナルド・トランプ氏はパトリオット(Patriot)党または憲法党の党首として就任しました、これは再び彼を米国大統領の候補にしました。

米軍は、1871年以前に書かれた元の憲法の根底にある法律に、米共和国(US Republic)を元に戻そうとしていました。 その選挙は、市民が自分のコンピューターかまたは電話を使用して投票できる、透明性があり安全で瞬時の量子投票コンピューター(Quantum Voting Computer)の使用を介して、2021年3月4日に行われる予定でした。

何年もの間、中国共産党(Chinese Communist Party、CCP) (民主主義になるために働いていた中国政府ではない)は、アメリカの乗っ取りに関与していました。 その戦争は、2020年の米国大統領選挙の直前に最高潮に達しました。CCPは、バチカン(Vatican)でお金を貸し出されたイタリア(Italian)の衛星を使用して、ドミニオン投票機(Dominion Voting machines)を持ち込みました。それは、何百万ものトランプ氏の票であると信じられていたものを、バイデン氏に投げました。 そして、CIAの襲撃はそれを総て証明しました。

CCPと米国の間の戦争は、実際1月28日木曜日に終わりました。 元海軍情報局(Navy Intelligence office)のシメオン・パークス(Simeon Parkes)氏は、南シナ海(South China Sea.)でのどたん場の対決を報告しました。 CCPは台湾(Taiwan)を乗っ取ろうとしていました。 台湾は、グローバル通貨のリセット(Global Currency Reset)に対して、米国を含む国々を支援する金が保管されていた場所でした。 パークス氏はこう言いました、アメリカと台湾の戦闘機の間の空中戦が、CCPジェットに対抗してありました、そして「CCPは成功を失いました。」

新世界秩序(New World Order)のファン達は、彼らの戦争を失い[負け]ました。 チューリッヒ(Zurich)の銀行家筋はこう言いました、彼らは1月29日金曜日までに全部を解決することを約束しました。

Simon's Blog | Simon parkes

ライナス・ヴェルハーゲン(Rinus Verhagen)氏はこう報告しました、「中国共産党はビッグ・リスタート作戦(Big Restart Operation)を放棄しました、そして、そして、リベラルなエリートがスケジュールしたグローバリズムの再起動は失敗しました。 ダボス世界経済フォーラム(Davos Global Economic Forum)の会長、クラウス・シュワブ(Klaus Schwab)の著書『大きな回復(Great Restoration)』で表現されたCOVID-19作戦もまた失敗しました。 CCPは全世界秩序(Global Order)を負わせません。 他の商業帝国のような彼らの権力は、経済拡大に限定されました。」

Simon's Blog | Simon parkes

 

 

----- 出典 -----

www.newsview.gr

 

 

----- 2020/02/02公開の記事を読んで -----

この本編の内容が現実のものなのかどうか、判断する材料に乏しいことをお断りしておきます。今までの出来事がちりばめられており、そうした流れを追うには良いかと思いますが、現状がどうなっているのかは確認不能です。

ホワイトハウスの延べ10日間の停電、そして人身売買組織からの子供達の救出など、他でも報道されていることと合わせて気になるところです。

2月9日に上院議会で弾劾裁判が始まる予定です。トランプさんは出席されなさそうですが、目が離せないところです。

 

速報:*射撃*フロリダ州サンライズでの児童搾取事件で令状を出した後、複数のFBI捜査官が射殺した。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp