ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

COVID-19:「45歳未満の人に対して、感染致死率はほぼ0%です」- スタンフォード大学教授


f:id:Zzak:20201211003245j:plain

COVID-19:「45歳未満の人に対して、感染致死率はほぼ0%です」- スタンフォード大学教授

(図 Mask Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

概要

  • 事実: スタンフォード大学(Stanford University)の医学(medicine)と疫学(epidemiology)の、ジョンP.A.イオアニディス(John P. A. Ioannidis)教授はこう述べました、45歳未満の人々の感染致死率(infection fatality rate)は0パーセントに近いです。
  • 考察: 私達が取らざるを得ない総ての措置は、実際にウイルスに関するものでしょうか、それとも他の何かに関するものでしょうか。 何故私達は、より危険な、地球を一周する呼吸器ウイルスに対してこれを行ったことがないのでしょうか。 何が起こっているのでしょうか。

 

何が起こったのか: スタンフォード大学の医学と疫学のジョンPAイオアニディス教授は、世界中に次のことを伝えてきた、世界中の多くの科学者の1人でスタンフォード大学の数人の1人です。これまでのデータによれば、新型コロナウイルスは、主流メディアによって作られているほど危険ではありません。 例えば、パンデミックの初期に、彼はこのタイトルの記事を公開しました、「作成中の(野心的な企てがこっけいな結果で終わるような)大失敗(fiasco)? コロナウイルスパンデミックが定着(takes hold)[確立]していることで、私達は信頼できるデータなしに意思決定を行っています (A fiasco in the making? As the coronavirus pandemic takes hold, we are making decisions without reliable data)」。 記事の中で、彼はこう論じています、報告された致死率(case fatality rate)について、主張するのに単純に十分なデータがありません。 彼は(致死)率についてこう述べました、「恐怖を引き起こす世界保健機関からの公式の3.4%の(致死)率のように - そして無意味です」。

これは、正にこれらの数字がしたことです。 事実、それらは封鎖の根拠であり正当化でした。

彼は正しかったことが判明しました。 感染率が以前に考えられていたよりも遙かに大きいという考えは、科学界で、よく受け入れられ明確なようです、そして、過去数ヶ月に、同じことを強調する複数の研究が出てきました。 少し前まで、イオアニディス氏を含むスタンフォード大学医学部の何人かの学者達(academics)がこう提示しました、COVID-19は、彼らの研究で彼らが発見したデータに基づき、季節性インフルエンザと同様の感染致死率を持っています。

ギリシャ(Greek)の記者との最近のインタビューで、イオアニディス氏はこう推定しました、既に世界中で約1億5000万から3億人以上がCOVID-19に感染しており、文書化された1,000万件を遥かに超えています。 彼はこう警告をしました、「多くの国で課せられた苛酷な封鎖は、意図されたものと、逆の効果があるかもしれません。 彼はギリシャの記者にこう述べました、「封鎖措置は、BBBは飢餓の危険にある人々の数を11億人に増やしました、そして、それらは何百万もの命を危険に置いています。

これらの措置を「ドラコニアン(draconian)[苛酷]」と呼んでいる世界的に有名な科学者は彼だけではありません。 コチラ(a)で、あなたは別の例を見ることができます。 事実、そうした彼らの多くが居り、その大多数は、ユーチューブ(YouTube)やフェイスブック(Facebook)などのプラットフォームにより検閲されています。 この分野の科学者達の専門の意見や研究は、私達の連邦保健規制機関(federal health regulatory agencies)や世界保健機関(World Health Organization、WHO)の見解に反対しているという単純な理由で、いつ以来、絶えず検閲されているのでしょうか。 何故、インターネットを巡回して、人々に何がそうで何がそうでないかを人々に伝える、デジタル権威主義の「ファクト・チェッカー(fact-checker)」があるのでしょうか。

人々が大きな経済的影響を経験しているのみならず、それは健康への影響もあります。 ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(British Medical Journal)に掲載された新しい記事はこう提示しています、新型コロナウイルスの結果としての英国での検疫措置は、ウイルスのピーク時に、コロナウイルスよりも多くの英国の高齢者を既に殺したのかもしれません。 コチラ(b)で、あなたはそれについてもっと読むことができます。

 

事態がさらに進んだ今、これがイオアニディス氏が感染致死率について言わなければならなかったことです:

0.05%から1%は、感染致死率に対して、データが現在私達に示していることの妥当な範囲で、中央値は約0.25%です。 所定の国での死亡率(death rate)は、感染者している人々の年齢構成と、どのように彼らが管理されているかに、大きく依存します。 45歳未満の人々に対して、その致死率はほぼ0%です。 4570歳に対して、おそらく約0.050.3%です。 70歳を超える方達に対しては、実質上大幅に拡大し、85歳以上に対しては1%以上です。 養護施設(nursing homes)で感染した、複数の健康問題があり身体が弱く、衰弱した高齢者に対して、これらの施設での大発生の間に25%に達する可能性があります。

死亡率(death rate)は当初の推定よりも遥かに低く、現在示している数値よりも遙かに低いという考えは、全くもってして明白なようです。 CNNでさえ最近これを認めましたが、こう述べるだけです、その感染致死率が低いだけの理由で、私達があまりに快適になりすぎるべきことを意味しません。 言い換えると、あなたのマスクを着用し続けてください。

CDCでさえ最近こう発表しました、死亡率(death rate)が著しく低い結果のため、彼らはCOVID-19を「エピデミック(epidemic)[流行性の、伝染性の、流行している、はやりの]」と呼ぶのをやめるかもしれません。 コチラ(c)で、あなたはそれについてもっと読むことができます。

 

これが重要な理由

この総ては質問を求めます、私達の連邦保健規制機関が、私達に取り入れることを強制する総ての措置は、実際に必要でしょうか。 彼らは、私達に対しても良いでしょうか。 これは本当にウイルスについてですか、もしくは、例えば「対テロ戦争(the war on terror)」などの他の多くのトピックに関して私達が持っているのと同じように、私達は単に私達の認識を大手メディアや強力な人々によって操られているのでしょうか。 例えば、何故マスクが実際には義務ではないことを示す情報がたくさんあるのでしょうか。

何故、このウイルスに対して私達が取った措置を私達は採用しましたが、しかし、毎年世界中の何百万もの人々に感染し殺している他の総ての重度の呼吸器ウイルに対して、実施しないのでしょうか。

例えば、あなたはこれをご存知だったでしょうか、メタニューモウイルス(metapneumovirus)は 5歳までにほぼ普遍的な感染を伴い、世界中で流行していることが示されています。 あなたはこれをご存知だったでしょうか、メタニューモウイルスの発生は、特に死亡率が最大50%の介護施設(long term care facilities)で、毎年十分に文書化されています。 あなたはこれをご存知だったでしょうか、ヒトメタニューモウイルス(human metapneumovirus)感染は、毎年多くの子供たちの入院の結果になります。 高齢者だけでなく、子供達の間でも相当な疾病率(morbidity)を持っていることを、あなたはご存知だったでしょうか。 あなたは次のことをご存知だったでしょうか、毎年ほぼ100万から200万人の子供達が、これらのタイプの呼吸器疾患で亡くなっています、何故ならばそれらは急性呼吸器疾患につながるからです。 もしも、感染率と死亡数が常に追跡され、アクセスしやすいWebサイト、主流メディア、ラジオなどに掲載されていると想像してみてください。 もしも、他のコロナウイルスと一部の症例でより重症の呼吸器疾患、そして一部の症例で間違いなく感染性が高いものが、絶えず監視され、1分ごとに人口に発信(beamed out)されたと想像してみてください、あなたは創られるヒステリーを想像できるでしょうか。

結局のところ、次のことは全くもって明白なようです。このウイルスは、それがそうなるように外へ向けて作られた話ほど危険ではありませんし、そして繰り返しになりますが、データに基づいて、私達が既に何年も経験していること以上に危険ではないようです。 繰り返しになりますが、それは質問を求めます、ここで実際に何が起こっているのでしょうか。そして、エドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏が言ったように、彼らが9.11を使用したのと同じ方法で、何故政府はコロナウイルスを使用したのでしょうか。

コロナウイルスを取り巻く論争の数は、かなり明らかです。 死因がCOVID死として記録[印]されている人々でさえ、コロナウイルスの結果として死亡していないのかもしれません。 コチラ(d)で、あなたはそれについてもっと読むことができます。 これは、高い感染率(infection rate)とともに、感染死亡率(infection mortality rate)をさらに低下させます。

 

お持ち帰り

歴史上、真実の情報を私達に提供するために私達が依存している保健当局に対して、私達がこのような集団的な不信を経験したことはありません。 結果として、より多くの人々が、言われたことを信じる代わりに、自分で考え始めています。 コロナウイルスは、9.11のように、本当に、意識のもう1つの大規模な変化に貢献しています、そこでは、さらに多くの人々が、私達の世界を苦しませる詐欺の腐敗と科学の政治化に、気づきます。そしてこの認識に目覚めます、私達の世界はそれが私達に提示されたやり方ではありません。そして、主要な出来事に対する私達の認識は常に、高いレベルで操られ服従しているようです。

私達が住んでいるところのシステムを選択するのは私達です。 4年ごとにゲームをプレイし続けるのは私達で、そして「リーダー(leader)」を選出します。 この行い総てが、私達がもはやプレイしたくないシステムとしての、補強です。 私達の権力を他の人に与えるのをやめ、別の仕方で組織化し始める時でしょうか。 私達の現在の政治モデルは、本当に私達が繁栄するのに役立ちますか。 もしも、何十億人もの私達が、一緒になってグローバルな封鎖への指示に従うことができるのならば、他の重要な問題に対して集合体的なレベルで、他に何ができるか想像してみてください…

 

 

----- 出典 -----

(掲載終了した元記事のウェブ保存版)

COVID-19: “For People Younger Than 45, The Infection Fatality Rate is Almost 0%” – Stanford Professor | Collective Evolution

(同様な記事)

humansarefree.comeraoflight.comgoldenageofgaia.com

 

----- 2020/07/10公開の記事を読んで -----

2020年9月10日、日本では一日当たりの陽性検査結果が600人超えと発表されています。収束の気配すら感じられない残念な状況です。

上記の本編は、2020年7月上旬までのパンデミックの状況や情報で書かれたものです。9月に入るとCDCがシナリオの一部として感染死亡率を公開しました。本論の感染死亡率にほぼ同じものでした。

9月のCDCの発表までに、アカデミアの専門家から発信されるこのような有益な情報は、あまりメディアで取り上げられませんでした。何故なのでしょうか。

そして、現在でも旧知のインフルエンザとの比較をして、新しい感染症を理解しようとする試みが敬遠される風潮が暗黙にあります。 科学を失い妄信する、このパンデミックの不可解な側面です。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp