ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

機密解除されたFBI文書は、「他の次元からの存在」が地球を訪問したことを提示しています


f:id:Zzak:20201126145605j:plain

機密解除されたFBI文書は、「他の次元からの存在」が地球を訪問したことを提示しています

(図 Woman Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

概要

  • 事実: 多くの中の1つの機密解除されたFBI文書は、他の世界や次元からの存在を深刻に考えています。
  • 考察: どうして、それほど多くの信頼できる研究や研究者が、何十年もの間証拠を出し続けてきており、私達は孤独ではない、孤独ではなかったことを示しているのでしょうか。どうして、こんなにたくさんの人がこれに興味を持ち、そしてそれがなぜタブーではなくなったのかをよく考えてみてください。

 

たくさんの魅力的な文書があり、それは何年も、世界中の政府、軍および諜報機関によってリリースされてきました。UFO現象の最近そして継続的な開示は、米国で続いており、そしてより信頼できる方法でUFO問題をカバーするために設立されたメディアからのプッシュがあるようです。

私達は、ニューヨークタイムズ(New York Times)誌、ワシントンポスト(Washington Post)誌などにいくつかの記事を掲載している「グレート・ディスティンクション(great distinction)」の人々によって書かれた一部の深刻な記事を見ました。

主流が今これを推進しているという事実、そしてその方法は、特定の課題のためのようです。多くの人が、「偽旗作戦(false flag)」のエイリアンの侵略を持ち出したいグローバル・エリートの願望を熟考しています。それは、テロの偽旗作戦と同じ種類の考えであり、すべて軍事産業複合体(military-industrial complex)の成長を正当化する目的のためです。そして、おそらく宇宙の武器化を正当化する言い訳を持つ意図です。(一部の内部告発者によれば、これは既に起こっています。)

そう言われて、善意のある人、何が本当に起きているかについて真実を望む人々が、地球上に沢山います。ひとたびウサギの穴を下り、そしてこれらの真実を探るならば、本当にそこにありますが、何が起きているのかとても広大でとても複雑で、細分化されており、戻って来れません。この隠蔽には、政治からテクノロジー、そして意識へと何にでも触れる複数の側面があることをあなたは理解していると思います。これは今までの人間史における最大のストーリーの1つで、それは人類に手を触れないという側面を残しません。

 

私達は孤独ではありません。

私達は孤独ではありません、そして私達はこれを受け入れるために、ゆっくりと手入れをされており、そして間違いなく、いくつかの例が次に続くでしょう。

FBIからのこの特定の文書は、多くの人が知っている事ではない真実をハイライトしています。多様な「アカデミー会員達」が興味を持っており、そしてUFO現象のさまざまな側面を調査するために雇われさえしました。それは、推進システム、クラフト[宇宙船]の背後にある知恵、または何か他のものです。これは、学界の分野の人々が公然と発言したり、または、様々な機密解除された文書によって示されているように、これは何度も何度も実証されてきました。

FBIの文書には、彼らがどのように強い関心を持ち、そして、「いくつかの大学の学位」を持つ人や元「大学学部長」からの手紙を受け取ったかが示されています。その文書は地球外の現象と関係がありました。

さて、先に進む前に、次のことに言及することが重要です、この現在の文書で例示されているように、諜報機関と高いレベルの学術界の間でこの種のコミュニケーションは多様な例があります。この大量な記事の中に存在するCIA、主流メディア、学術界の間に存在する密接な関係を詳述する、中央情報局長に宛てたCIAタスクフォース(CIA task force)からの手紙の形で、あなたはCIAアーカイブからこれらの機密扱いにされていない文章にアクセスすることができます。

もう1つの優れた例(この記事で説明したFBI文書とは別に)は、CIAの電子閲覧室で発見された「ジョン A.ウィーラー(John A. Wheeler)博士との電話での会話」というタイトルの機密解除された文書です。ウィーラー氏は有名な量子物理学者で、当局は彼を「フライング・ソーサーの問題」を調べるように勧誘しており、それが当時CIAがフライング・ソーサーを参照した方法でした。その特定の文書にアクセスして、それについてコチラでもっと読むことができます。

学術的な繋がりとは別に、FBIの文書に戻ると、それは「区別のある科学者」、「航空および軍の当局」、そして「多数の公務員」にも向けられていました。

この学術論文は、文章で言及されるように、彼の信念、もしくは未知の方法で集められた情報、おそらくFBIのための情報で、ほとんどの場合、Xファイルのエージェント・モルダーのように、これらのディスクのいくつかは乗組員を運び、他は遠隔操作下にあると述べています。それはまた、これらのクラフトを占領する人達は、平和的な使命を持ち、そしてそれらの多くは人間のようだがサイズがずっと大きいと、述べています。

さらに、このミステリアスな学者は、次のように言及しています。ディスク[円盤]は「ある種の放射エネルギーを持っています」、そして「それらは、私達が使っている言葉の『惑星』から来たのではなくて、私達のものと相互侵入するエーテル(etheric)惑星からで、私達には知覚できません。」

これは多くの理由で凄く魅力的で、それは多くの古代のテキストで話されてただろう「魔法の」と「神話の」土地を思い出させるものです。古代の知恵は現代の世界に戻っているようで、私達は神経科学と量子物理学に関してこの成功の時期を見れます。存在すると考えられる土地の一例は、おそらく別の次元だが、ここでは地球と同じ「場所」に存在します。私達が知覚できないのはシャンバラ(Shambhala)の伝説、または「内なる地球(inner Earth)」でしょう。

文書はまた次のように述べています、

訪問者の身体、そしてクラフト[宇宙船]も、私達の高密度物質の振動速度に入ることで自動的に物質化します…彼らは意のままにエーテルに再入し、痕跡もなく、単に私達の視界から消えてしまいます…彼らがやって来る領域は、星の平面ではありませんが、ラカス(Lakas)やタラス(Talas)に相当します。奥義に達した種の学生は、これらの用語を理解するでしょう。

 

控えめに言ってもとても面白い、そうではありませんか。

量子物理もまた熟考し始めており、そしておそらくこれらの天地の存在さえ証明するでしょう。米国エネルギー長官が、パラレル[並行]宇宙で仕事を行うことについてとても興味深いコメントをしたのは昔のことではありません。

UFO / ET現象に関して、全世界のエリートは、おそらく私達を欺くために、他の総てを使うのと同じようにそれを利用するでしょう。しかし事実はそれとは別として、真実は本当にどこかにあるのです。これは、まだ大衆によって現実のものとして受け入れられるためにはまだ長い道のりがある、形而上学的および精神的な領域への扉を開きます。しかし、時間が経つにつれ、私達がこれらの世界をより検出できるようになると、非物質科学の次の科学革命に私達は近づくことができます。

UFO /地球外現象に関する私達の記事をもっと読むには、コチラをクリックしてください。

 

 

----- 出典 -----

(掲載終了した元記事のウェブ保存版)

Declassified FBI Document Suggests “Beings From Other Dimensions” Have Visited Earth

 

 

----- この記事を読んで -----

以前に取り上げたのと同じ内容を題材の一部にした別記事になります。
あちらから、こちらに来ると物質化し、こちらから、あちらに戻ると痕跡を残さず消える。なにか凄いことで、上手く理解できそうもありません。
ポータルの類のパスを通って来ることとは、明らかに違っています。高次元の一部が、3次元から観測できたこととも番うでしょう。位相がずれている世界から、こちらの位相に合うと、こちらら認識できるようになるのが、少しは近いのかも知れません。
2019にUSNが、2020にペンタゴンがUAP/UFOの存在を認めたことを踏まえれば、この記事の内容がより具体的になってきます。ただし、再現性の部分で、科学的調査は行き詰まっています。
 

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp