ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

スターゲイトとポータルは本物で、今日も地球上に存在しています


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200911211949j:plain

スターゲイトとポータルは本物で、今日も地球上に存在しています

(図 ファンタジー Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

地球上のポータルとスターゲイトの物語があります、NASAでさえこの現象を調べています。時代を過ぎて崩れてきた古代の物語は、あなたを驚かせることはできませんが、これらは、これらの空間と時間が地球上に開口する古代の活動の実際の記述なのでしょうか。

 


Stargates and Portals are REAL and still Exist on Earth Today Star Gate

(12:34) 2018/08/03 ・・・元々貼られていたビデオのカバー版

 

これらの近代的な視点は、帝国と独裁(dictatorships)により統治された世界の灰から浮上したものですが、何千年もの間単に歴史を誤って解釈してしまったのでしょうか。 それが故意に抑圧されたのか、またはこの惑星で何か他のことが働いているのでしょうか。真実から私達を遠ざけることが、結局のところ、隠された指導者の究極の目標になるのかもしれません。私達が意味するところを理解しているでしょうか

 

www.dailymotion.comStargates and Portals - 6 Ancient Stargates that Still Exist Today

(12:35)  2017/11/01 ・・・ dailymotion 版

 

 

----- 出典 -----

STARGATES AND PORTALS ARE REAL AND STILL EXIST ON EARTH TODAY (VIDEO)」は、掲載終了しております。

(関連記事)

www.gaia.com

www.comettv.comwww.magellantv.com

 

----- この記事を読んで -----

ビデオ紹介記事になります。良い機会なので、ある意味一般的でないスターゲイト、ポータルなどの用語について整理しておきます。

スターゲイトについては、SF映画スターゲイトに登場する環状遺跡が星間移動装置だった設定でした。これが広く使われる用語になったようです。高度な文明の地球外知的生命が作ったデバイスをイメージするようで、映画の設定では人(や、その程度のサイズのもの)が通れるデバイスの大きさなようです。

ポータルについては、SF(サイエンス・フィクション)やファンタジー作品などにおいて、異世界または遠地に繋がる出入り口・通り道を指すとのこと。まずは、自然界に存在しているショートカットやパスをイメージするようです。SFやファンタジーでは、このような延長の発想で、魔法や特殊能力によりポータルが空間に開くことも含まれるのかもしれません。

ワームホールについては、相対性理論から導かれたアインシュタイン-ローゼン・ブリッジとして知られています。ワームホールは理論までで観測はされていませんが、宇宙は、ワームホールをどこかに維持しているのかも知れません。

  • ワームホールは、ブラックホール ⇒ ホワイトホールの一方通行で、物質が通るとスロート(喉)[ショートカット]の部分が崩壊することを抑えてワームホールを安定させるために反物資が不可欠になります。ワームホールは3次元空間のショートカットですが、3次元空間を高次元空間内で折り畳んだ/畳み込んだものとも解釈できます。また、ワームホールの出口の扱いによっては、タイムトラベルの可能性を示します。

スターゲイト、ポータル、ワームホールが、空間のショートカットを意味する単語としてさまざまなジャンルで使われています。

なお、これらはショートカットの中を通って別の場所に移動をしますが、一方で、自らは動く事をしないで移動をするテレポーテーションの概念も、意識的な要因(特殊能力)やデバイスとしてSF作品で取り上げられています。

 

スターゲイト - Wikipedia

ポータル - Wikipedia

ワームホール - Wikipedia

テレポーテーション:瞬間移動 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp