ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

新しいCIA文書は、カール・ジョン氏が、UFOに関する情報を保留したことで空軍を非難したことを明らかにします


f:id:Zzak:20210306001107j:plain

新しいCIA文書は、カール・ジョン氏が、UFOに関する情報を保留したことで空軍を非難したことを明らかにします

(図 Carl Jung Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

1952年に多数のUFOがワシントン空域を侵害したとき、全国が警戒し、そのニュースが全国に広まりました。事件直後、ハリー・トルーマン(Harry Truman)大統領は、その出来事に対処するために記者会見を開かなければなりませんでした。大きなUFO波が原爆を進めるのと同様に、この件は秘密に飲み込まれました。

最近のリークと同様に、NSA監視計画(surveillance programs)の範囲を明らかになっており、UFOの件は一般に認められていない放棄された、特別アクセス計画(Special Access Programs)のカテゴリに入りました。1997年の米国上院報告によれば、これらのプログラムは「たいへん敏感で、それらは議会への標準的な報告要件から免除されています。」

元CIA長官のロスコー・ヒレンコエッター(Roscoe Hilenkoetter)氏は、1960年に最高の成績を残しました。それは、彼が、次のようにその国に言ったときです。「舞台裏では、高位の空軍士官達はUFOについて真剣に心配しています。しかし、公式の秘密と嘲笑を通して、多くの市民は、未知の飛行物体が無意味であると信じるように導かれています。」

今日では、別の話です。多数の政府や政府機関、そして何千もの情報公開法(Freedom of Information Act、FOIA)の要求は、UFOの存在を確認する以前に機密にされた総てのファイルを開放しました。これらを補完するために、数百(数千ではないにしても)の上級の内部告発者も彼らの話を共有しました。

この話題は現在、周縁の領域を離れ、急速な勢いで主流になりつつあります。UFOの証拠があったように、それらの一部は確かに地球外起源だとする証拠もあります。

これはすべて正規化されつつあり、そして、ますます多くの人々が、次の可能性と証拠に彼らの心を開き始めています。政府(そしてそれを操っている人達)は、地球への知的な地球外訪問についての情報を差し控えています。

 

文章

機密解除された文書は、最近CIAによって開放された何千束の一部です。これらの文書は、CIAの超心理学実験からUFOについての情報まで、多くの主題を扱います。

「フレッド・A・キルシュ(Fred A. Kirsch)氏」によって書かれた文書の1つは、「公開が承認された、きれいにされたコピー」と読みます。言い換えれば、一般公開されるには機密性が高すぎると判断された情報(それらが何であると見なすか)はクリアされています。 次のようになります:

「これは、空飛ぶ円盤に対する彼の信念と、空軍がこれらの物についての真実を覆い隠してきたという彼の告発について、カール・ジョン(Carl Jung)博士を批判する手紙に対する返事です。ジョン博士がそのような告発をした最初の誠実さと評判の人ではないことを、私は指摘したいと思います。彼が、最新のものなだけです。」

この文書は、ヒレンコエッター氏を含み、他の人々にも名前を挙げ続けています:

海軍誘導ミサイル研究計画の元所長のデルマー・ファーニー(Delmar Fahrney)提督と、中央情報局の元長官のロスコー・Mヒレンコエッター氏によって、まったく同じ請求がなされました….

もしも、そのような告発をした責任がジョン氏だけあるのならば、私達は総て無意味に洗い流すことができます。しかしながら、多くのパイロット達、レーダー・オペレーター達、その他訓練を受けた観察者達が、UFOが現実のものであることに同意すると、深刻な状況の再評価が正常な状態になります。

それは、UFOの主題に関する他のすべての文書や情報ほど重要ではありませんが、しかし、それにもかかわらずCIAがどのようにしてこの現象を把握しているのかについての1つの優れた例としての位置にあります。

この現象の他の側面についてもっと学ぶために、あなたは私達のウェブサイトのexopolitics [政治外]セクションを通してふるいにかけることができます。

この文書は明確に述べ、そしてさらに論じた多くの人々をさらに検証します。ジョン氏はこの現象を本当に信じていて、UFOの存在に対する可能な説明として、地球外仮説を支持していることを述べました。

彼は、空飛ぶ円盤(Flying Saucers)という題名の本についても書いています: 彼がそれらの性質について推測するところでは、空に見られる現代の神話です。個人的な観点よりも心理的な観点から対象物に近づきます。

 

ガーディアン(The Guardian)誌によれば、ジョン氏は10年以上にわたってUFOを研究しており、彼は「それが存在するかどうかを言うことすらできない」、そして彼は自分の「真実性、信頼性、科学的判断力について、とても高い評価を受けています」これを危険にさらしていました、と述べました。

彼は次のようにも言われています。「数年のうちに、かなりの数の観察を集めました。その中には、私に個人的に知られている2人の目撃者による報告が含まれています (私は何も見たことがありません!)。 また、私は質問について読みました。しかしながら、私は確かに言うことができます: これらのことは単なる噂ではありません: 何かが見られました。」

彼はそれから、上記のCIA文書が言及するものを論議し続けます:

私が最も驚いたのは、アメリカ空軍は、所有しているすべての情報と、いわゆるパニックを起こす恐れがあるにもかかわらず、彼らは未だ本物の特定の事実の説明を公表したことがないので、時折ジャーナリストが情報を引き出すことを許しているだけなので、まさしくそのようにするために体系的に仕事をしているようです(オールソン・ウェルズ(Orson Welles)氏のラジオがニュージャージーで上演されるのを目撃)。

また、私はこのプリンストン大学(Princeton)のブログ記事(Princeton blog post)から、これらの引用へのリンクも見つけました。

何十年もの間、証拠を調べた後に、何人の「信頼できる」人々がこのトピックについて話してきたか、を見るのは非常に素晴らしいです。そして今、私達は、この長いリストに、カール・ジョン氏が含まれていることを知っています。

 

 

----- 出典 -----

下記のプレビューが出ないときは、ウェブ保存版( New CIA Document Reveals Carl Jung Accused The Air Force Of Withholding Information On UFOs )を参照ください。

www.collective-evolution.com

 

----- この記事を読んで -----

隠蔽手段としての機密指定と戦った方の紹介になります。主には国防に関わるものが国家機密として機密指定されるのですが、国防に関わらないことでも公表したくない、知られたくない事に対して機密指定を乱用することが可能なのかもしれません。

専門家チーム(それは誰と誰で構成されている?)、特殊部隊(何がどのように特殊なのか?)などもごまかすときに登場する用語でしょう。

情報公開法により、少しずつでも機密解除され、真の情報が出てくることを期待したいです。

 

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp