ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

人間文明の創造者である「エンキ」の秘密


ADVERTISEMENT/広告

人間文明の創造者である「エンキ」の秘密

(Fig.) エンキのイメージ画

エンキ(Enki、「EnLord、「Ki Earth)、またはエイ(Ea、「ETemple、「AWater)は、メソポタミア文化の最も重要な3つの神のひとつです。 彼は、知恵、魔法、建築、芸術、デザインと創造の神です。

 

エンキは地球の主人であると解釈されています。 彼は神エンリル(Enlil)の兄弟、そしてアン(An)の息子でした。

彼の唯一のミッションは、人間を創造し、他の神々がそれらを信じるよう促すことでした。 エンキは代都市エリド(Eridu)の元来の守護神で、彼の影響力は、メソポタミア(Mesopotamia)全域やカナン人(Canaanites)、ヒッタイト人(Hittites)、さらにはハリア人(Hurrians)に至るまで歴史を通して広がりました。

興味深いことに、エンキは、エイの星と呼ばれる星座の南帯と関連していましたが、北の空のペガサス座(Aš-IKU-Pegasus)とも関連していました。

BCEの第2千年の間に、エンキは数字の表意文字で「40」と書かれており、これは「神聖な数」とも呼ばれていました。

エンキは人類の創造者であり、叙事詩な伝説のアトラハシス(Atrahasis)のアカディアの言葉によると、創造したのは神を仕事から解放する目的のためだけでした。 エンキは彼が(遺伝的に)操作した既存のホミニッド(hominid)を使いました。それは人間が神のニーズを理解し、神を満たすことができるようにするためです。

彼は後に人類の救い主とも考えられました。彼は、ジウゾドラ(Ziusidra)に万波の洪水を警告していたからです。

世界的な洪水は、天国の主人(空気または大気)であるエンリルによって人類にもたらされました。

 

(Fig.1) エンキ、人間の創造神

 

神の集会の前に、明らかに人類の過度の増殖と大げさな行為を心配していました。エンリルは人類に終止符を打つことを提案しました。

エンリルは、人類を絶滅させることを認可するために、集会に集められた残りの神々を説得することができました。

この伝説はおそらく、後の聖書のノアと世界的な洪水をもたらしました。

彼は地球の創造者であり、知恵とすべての魔法の神であり、エンキはアブズ(Abzu、AkkadianのApsu)の主人として、地球の中に位置する淡水の海または地下水として「原始的な水」が流れていると記述されました。

彼はまた、アプカル(apkallu、シュメール人のab-gal-lu "great man-fish")の創設者でもあり、日中、すべての種類の科目で男性を教え、そして夜には彼らは海の底に戻りました。

 

(Fig.2)  エンキは、私と呼ばれる神の力の番人で、文明の賜物でした。

 

興味深いことに、エンキは文明の賜物で、メー(Me)と呼ばれる神の力を守る者とみなされました。 エンキのイメージは二重螺旋のヘビやカドゥース(Caduceus)で、時々薬を象徴するアスクレピウス(Asclepiu)の棒と混同されていました。

エンキは、殺されたキング(Kingu)の血を使い、最初のアダパ(Adap)とも呼ばれる7人の賢者、または「アブガル」(Abgallu、「Ab」water、「Gal」great、「Lu」Man)を作りました。

最初の人であるアダパ(Adapa)は、シュメール王のリストでは、後に「キングシップはエリドに降りる」の「メー(Me)」であるエリド(Eridu)王のアドバイザーを努めました。

エンキのための主要な寺院は、「アブズ(abzu)の寺院」を意味するエー・アブズ(E-abzu)と呼ばれました。それは、古代都市エリドの古代ペルシャ湾岸の海岸線の近くのユーフラタン沼地に囲まれたジグラット寺院でした。

イラク南部に建設されたと知られている最初の寺院と考えられています。

エリドのサイトでの4つの別々の考古学的発掘は、6,500年以上前の最も早いバウド時代にさかのぼり神社の存在を実証しました。この寺院がペルシャ時代が終わり放棄されるまで、次の4,500年に渡り18倍に拡大されました。

続く4,500年間に渡り、ペルシャ時代が終わり放棄されるまで、寺院は18倍に拡大されたと考えられています。

 

 

----- 本文中の参照 -----

Abzu - Wikipedia

Adapa - Wikipedia

 

 

----- 出典 -----

www.ancient-code.com(同じ内容の記事)

www.bibliotecapleyades.net

 

 

----- 参考ビデオ 、Facebookで見られます -----

www.facebook.com 

 

----- この記事を読んで -----

アヌンナキに詳しい方は既にご存知かと思いますが、地球と火星を舞台にした採掘のストーリーです。人間が生まれた経緯や、大洪水に至る経緯が記されています。バイブルと比較しながら考察すると、とても興味深い内容です。これは、神話や伝説に過ぎないのでしょうか、演劇用の創作物語なのでょうか、それとも史実なのでしょうか。

 

 

NEXT アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

PREV アヌンナキ

zzak.hatenablog.jp

 

f:id:Zzak:20191217215903j:plain

(画像 アヌンナキ / ウィキメディア パブリックドメイン)