ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ブルー・オリジンは、準軌道の宇宙飛行のチケットを2019年に販売する予定です


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200609142805j:plain

ブルー・オリジン(Blue Origin)社は、準軌道の宇宙飛行のチケットを2019年に販売する予定です

( 図 ニューシェパード クレジットNASA)  (Fig.) ニュー・シェパード準軌道ビークル

4月29日の発売前にパッド上のブルー・オリジン社の新シェパード準軌道ビークル機。 クレジット:Blue Origin

 

この記事は、もともとスペースニュース(SpaceNews)誌の2018年6月25日号に掲載されました。

ブルー・オリジン社は、ニュー・シェパード(New Shepard )準軌道ビークル[乗り物]機で人々を「すぐに」飛行させることを期待しており、来年に商用航空券の販売を開始する予定だと、同社の執行部は6月19日に述べました。

アマゾン(Amazon)社のウエブ・サービスのパブリック・セクター・サミット(Public Sector Summit)でブルー・オリジン社のロブ・マイヤソン(Rob Meyerson)上級副社長は、同社の準軌道ビークルの開発に関するいくつかの最新情報をアップデートしました。

「私達はすぐに最初のテスト乗客を飛行させる計画をしています」と、同社のウェスト・テキサスのテストサイト[試験場]での以前のニュー・シェパード機のフライトのビデオを見せた後に、彼は言いました。これまでのニュー・シェパード機のフライトはすべて搭乗者がいませんでしたが、同社はこれまで、後のテストで搭乗者を飛行させると言っています。

彼はまた、チケットを販売するためのタイムテーブルを提供しました。 「2019年にチケットの販売を開始する予定です」と彼は言いましたが、価格を明らかにしませんでした。

ブルー・オリジン社の関係者は、ニュー・シェパード機のフライトで、いつ席を売り始めるのか、どのような費用を払うのかについては、わずかな詳細しか提供していません。同社は、これを行う予定なことを明確にしており、ニュー・シェパード準軌道ビークル機で人々を示すアニメーションを制作しましたが、積極的に顧客を登録し始めてはいません。

「構成が良好で安定して飛行準備が整っていることを確認したらと、引き続き頭を下げています」と、ブルー・オリジン社のボブ・スミス(Bob Smith)CEOは、4月のインタビューで言いました。「ひとたび、そのようなケースがあると自信を持てれば、価格はどうなっているのか、プロセス全体がどのようになっているのか、内部的に話し合われます。」

同社の億万長者のオーナーでさえ詳細を明らかにしていません。 「私達はまだチケットの価格を知りません。 私達は決定していない」と、ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏は5月に言いました。

このアプローチは、ヴァージン・ギャラクティック(Virgin Galactic)社とは全く対照的で、他の会社は、人々を運ぶことができる商用の準軌道用ビークルの開発の進んだ段階です。ヴァージン・ギャラクティック社は、スペース・シップ・ツー(SpaceShipTwo)機が開発の初期段階にあったとしても、10年以上前にチケットを販売し始めました。 同社には、少なくとも約700人の顧客がディポジット(預け金)の支払いをしています。

ブルー・オリジン社は、ニュー・シェパード・ビークル機を8回、最近では4月29日に飛行しています。この合計には、2015年4月の最初のニュー・シェパード機のローンチが含まれており、これは、ビークルの離陸と、パラシュートで着陸したクルー・カプセルの分離を成功させることにフューチャー[特に注目]していました。しかしながら、油圧の問題により、ビークルの推進モジュールが推力を与えられての着陸が妨げられた結果、モジュールが失われました。

ブルー・オリジン社の長年の社長であるマイヤソン氏は、同社内の新しい高度な開発プログラム事業をリードするたに、今年の早い段階で彼の現在のポジションに移り、ブルー・ムーン(Blue Moon)月面着陸船のようなコンセプトに取り組んでいます。「月にコロニーを設置することは、火星やその先の探査をするための次の論理的ステップだと信じています」と彼は言いました。

同社が、ブルー・ムーン月面着陸船の後に追求するものは、「まだ決定はしていません」と彼は話しました。ブルー・オリジン社は現在、同社の長期のロードマップを作成する技術者を雇用し、同社の長期ビジョンを支える研究と技術プロジェクトを担当しています。

「私達のビジョンは、何百万人もの人々が宇宙で生活し働いていることです。そこに到達する方法はたくさんあると受け入れています」と、彼は言いました。「進路を定義する作業は、私達が今やっていることです。」

 

 

----- 出典 -----

spacenews.com

 

----- この記事を読んで -----

ブルー・オリジンとスペース・エックスは月への往来を目指しているようです。ともに億万長者の方が率いている民間企業として実施されていることが興味深いです。商業ベースの宇宙開発としてクローズアップされると、旧来からある会社の存在感を薄く感じてしまいます。

本編で紹介されている内容は、計画として若干遅れているようです。将来的には軌道上のステーションや、月面基地や、コロニーの建設までに発展するのかもしれません。
 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp