ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

40℃以上の熱波がギリシャを襲う


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200603194057j:plain

40℃以上の熱波がギリシャを襲う

( 図 ギリシャ Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

(Fig.1) ギリシャの気温

 

40℃を超える気温の地獄の天気と、サハラ(Sahara)の塵の乱れた粒子の波への備えをしなさい。

 

(Fig.2) 海岸での避暑のようす

 

気象学者は、土曜日にギリシャ北部から始まり、日曜日に南へ移動する新たな熱波を予測しています。

アテネ国立天文台の予測によれば、熱波の期間中、気温は土曜日と日曜日に37℃-40℃上昇するでしょう。

 

(Fig.3) 寒暖計

 

熱波は月曜日に40℃以上で、夏の記録を破るでしょう。最悪の日は、気温が40度以上に上昇する月曜日が予想されています。

予想される温度が、日陰で測定されていると考えるならば、あなたは特に熱のピーク時間に、炎天下で沸騰することを想像することができるでしょう。

 

 

----- 出典 -----

www.greece10best.com(関連記事:2020年も5月でかなりな高温に)

www.greece10best.com(関連記事:地震)

www.greece10best.com

 

----- この記事を読んで -----

ヨーロッパで、ギリシャ神話として際立ってミステリアスなストーリーで有名なギリシャです。ギリシャ神話関係のミステリーは、機会がありましたら取り上げてゆきます。

2018年、ギリシャはかなりな熱波に見舞われました。日差しが強くて暑くなりますが、日が陰れば涼しくもなる気候です。こうしたところではエアコンの普及もそれほどでなくて、熱波に襲われて大変だったと思います。

元々、太陽の直射熱を避けるために、石灰岩を建築資材として利用した白い色の建屋も多く、サントリーニの美しい景観はよく知られています。 雨の少ない場所では、石灰を活用した雨水の貯蓄にも利用されています。

また、ギリシャでは日本同様に地震が多発します。パルテノン神殿などの巨石の史跡がアクロポリスに残っていることから、ギリシャ地震が多いことは意外なのかもしれません。こうした地震に耐えてきた古代建築物もまた、想像を絶するテクノロジーで建築されており、ギザのピラミッド同様に現代の建築施工方法ではまず造れないとも言われています。どのような方達が建築されたのでしょうか。

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp