ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

最近検出された地震波に悩まされた地質学者


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200907012523j:plain

最近検出された地震波に悩まされた地質学者

(図 モザンビーク海峡 GoogleEarth) (Fig.) アーティクル・イメージ

 

11月11日(2018年)に、奇妙な一連の地震波が、フランス領のマヨット(Mayotte)島近くのモザンビーク(Mozambique)海峡を揺るがしました。その地震波は、カナダやチリのような1万1000マイル離れた場所で地震探査機に捕捉され、誰も実際に感じなかったことを除いて20分以上反響しました。

地質学者達は、完全には検出されなかった可能性のあるこれらの奇妙な波のクラスター[集団]を説明することをできません。彼らは、米国地質調査所のリアルタイム地震波形表示の異常を認めツィート(Twitter)しましが、アマチュア地震の愛好家のためのものではありませんでした。

「私は、そんな何かを見たとは考えない」と、コロンビア大学の異常な地震を専門とする地震学者ゴラン・エクストローム(Göran Ekström)氏は、ナショナル・ジオグラフィックに伝えました。

ツイッターのユーザー@matarikipaxは、ケニア、スペイン、ニュージーランド地震波形からの記録に気付く前に、マダガスカルの海岸から揺れの震央の震源地をピックアップ[捕捉]しました。

地質学者によれば、これらの波で観測された最も混乱する要因の1つは単調で低周波のリングでした。おそらく、それらは直接の近傍の誰にも探知されなかったからです。

通常、地震の後に、様々な振動で共鳴するいくつかのタイプのフォローアップ残響があります。一方でこれらは、17秒のループ[周期]で1つのうねりで、科学者がモノクロ[単色]と呼ぶものです。

 

(Fig.1) 捉えられた地震波

 

波の震源地は、これまでも大きな地震活動を経験しており、結局のところ火山列島の火山島です。そして、典型的には、このような波が大きな地震に続くと期待していますが、科学者達は、この地域に、この特定の出来事を導く大きな地震活動はなかったと言います。

地質学者達は依然として原因を突き止めることに苦労していますが、小さな地震で震えた地球の地殻の下にあるマグマ溜まりであった可能性が、最も合意されています。しかし、地震波の正確な間隔は、確実に何かを言うのを難しくします。そして、ギズモード(Gizmodo)氏が指摘したように、この種の規則性は典型的に、人工的な手段によって引き起こされます。

 

当然ながら、これは陰謀世界のワイルドな推測、ならびに科学者達からのいくつかの驚くべき反応に繋がりました。これには、クトゥフ(Cthulhu)などの神話的な怪物や、または以前に発見されていない先史時代のクリーチャー[生き物]に関する推測を含みます。

「海底の火山活動が最もありそうに聞こえます。しかしながら、そこはシーラカンス(coelacanth)が、最初に生きていると分かったところではなかったでしょうか。私は巨大な有史以前の海の怪物である、イベントが起こることを応援しています...」と、1人のツイッター・ユーザーが言いました。

しかし、大部分の海の怪物論がからかい半分の間、別の興味深い陰謀が2013年にリリースされたウィキリークス(WikiLeaks)の記事に関連して再浮上しました。アフリカの角(horn of Africa)のすぐそばのアデン湾(Gulf of Aden)に謎の渦が広がり、早い段階で壊滅的な天気を作り出しまたと主張しました。

今、アデン湾は世界の同じ地域にありますが、それは必ずしもモザンビーク(Mozambique)海峡に近いとは限りません。もしもジブチ(Djibouti)からマダガスカル(Madagascar)に飛ぶ場合は、約7時間の飛行となります。しかし、私達は脇へそれます。

 

この報告書によれば、ロシア北部艦隊(Russian Northern Fleet)のニコライ・マクシモフ(Nikolay Maksimov)提督がウラジミール・プーチン(Vladimir Putin)大統領のために準備したと言われていますが、2000年の後半に、異常な騒動はアデン湾で報告されました。これは、米国がこの報告に応じて、それが他の大国に警告を発する前に、この地域に拠点を置いたと思われます。伝えられているところによれば、海軍は、重要な船舶のレーンを恐怖させるソマリアの海賊(Somali pirates)に対処するためにその地域に送られた、とする話がメディアには隠されています。

この報告書は次のことを主張してゆきます。そのミステリアスな渦は、地球外または次元間の脅威を惑星[地球]にもたらし、そしてロシアと米国を含む反対の超大国が人類を守るために力を合わせることになりました。他の人は、ポータル(portal)がセルン(CERN)や他の粒子衝突装置(particle collider)の結果かもしれないと推測しており、似たような渦が2009年にノルウェー(Norway)上空に報告されたとしています。

タイムライン(TL)デンマーク放送協会(DR)一部の陰謀論者は、説明されていない最新の地震波は、アデン湾の渦に関係するかもしれないと考えています。

確かに、これはばかげて聞こえ、その主張を裏付けるために書類に提供された情報源は、同様にうわべだけのものです。 多くの人は、他の別名の下で広く広められる前に、それはとても疑わしい人やしばしば詐欺的な陰謀理論のサイトで書かれた作品かもしれないことを指摘しています。 しかし、なぜそれがウィキリークスによって出版された理由について、いくつかの疑問もあります。そしてウィキリークスは普通、それほど素晴らしい何かをリリースしません。

それが判明したとして、この文書は、ストラトフォー(Stratfor、米国の民間シンクタンクで出版社)と呼ばれる民間のアメリカの情報機関から来たもので、大企業、航空宇宙建設業者、さらには米国政府の特定の支部にも世界的な情報(global intel)を提供しています。

ウィキリークスによって出版される前に、かつてストラトフォーが所有していたこの特定の記事は、次の記述で終わります。「ウィキリークスが入手所有している米国の秘密の『アデン湾の渦』ファイルに含まれているものに、公開を脅かしていますが、それは私達の知るところではありません。」

ウィキリークスはアデン湾の渦について、もっと沢山のことを持っていますか。さらには、最新の地震波とアデン湾の渦との間には何らかの関係があるのでしょうか。 または、陰謀論者と同様に、個人情報機関ストラトフォーが意図的に虚偽情報を広げているのでしょうか。 これら総ては、自然地震現象によって説明できるのでしょうか。 全くもって、おそらく。 私達は、より深刻な掘り起こしをする必要があります。

ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)氏とウィキリークスがアデン湾の渦の鍵を握っているのでしょうか。 ドキュメンタリー「デジタル反体制(Digital Dissidents)」で彼の苦難の詳細を学んでください:

 

 

----- 出典 -----

www.gaia.com

(関連記事)www.abc.net.auwww.livescience.comwww.standard.co.uk

 

 

----- この記事を読んで -----

人工地震の話かと思いきや、地球外生命体との紛争だったり、何か陰謀論的な扱いだったり、ウィキリークスが登場したりと、盛りだくさんの内容でした。5W1Hの詳細がなく背景をつかみくい内容でした。よく分からない原因で平素とは違う地震波が観測され、何かが起きていることは事実のようです。いったい何が起きているのでしょうか。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp