ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

地球は20分間鐘のように鳴った、そして科学者は理由を説明することができない


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20201104231804j:plain

地球は20分間鐘のように鳴った、そして科学者は理由を説明することができない

(図 Madagascar,Mayotte Google Earth)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

2018年11月11日、科学者達を驚かせた、本当に奇妙なことが起こりました。科学機器は、アフリカ(Africa)とマダガスカル(Madagascar)の間のフランスの島(French Island)の沖およそ15マイル沖から発生した、不可解な地震波を拾いました。

奇妙なことに、それは地震ではありませんでした、

実際、科学者達は何が起こったのかわかりません。

それは隕石の衝突でしょうか。海底火山でしょうか。秘密の核実験だったのでしょうか。それはエイリアンだったのでしょうか。

誰にも答えがないようです。

地震計器によって拾われた波は、それがすべて始まったフランスの島、マヨット(Mayotte)の海岸から波及しました。その後まもなく、ザンビア(Zambia)、ケニア(Kenya)、エチオピア(Ethiopia)にある地震センサーが同じものを拾いました。

地震センサーがザンビアケニアエチオピア地震活動を拾ったという事実は、最初は奇妙には思えないかもしれません。

しかしなから、その直後、地震波はチリ(Chile)、ニュージーランド(New Zealand)、カナダ(Canada)、さらには約11,000マイルも離れたハワイ(Hawaii)までも研究者達によって捉えられるまで伝播し続けました。

それはより奇妙になりさえします。

この不思議な現象で私達の惑星は約20分の間大きな鐘のように鳴り、そして、これらすべてが起きていたように、1人の人間が普段の生活で何かを感じることはありませんでした。

それは起こるべき奇妙なことの1つです。そして全く準備ができていない専門家達にふりかかります。

コロンビア大学(Colombia University)の地震学者であるゴーラン・エクトローム(Göran Ekström)氏は、次の説明をしました。私達の惑星は鐘のように鳴りましたが、波が広がるにつれて低周波数の単調さを維持しました。

 

地震でのクラッシュ・コース

地震が起きたとき、通常、科学者達は短い鋭い亀裂を拾います。 解放されるときに地球の地殻に存在する緊張のために、科学者達は、地震が発生した場所から外側に放射状に広がる、識別可能な地震波のパルス(pulses)を拾うことができます。

科学者達は、通常いくつかの信号を拾います。

第1に、いわゆる1次波(primary waves)またはP波(P-waves)があり、これが最速の地震波です。このタイプの信号は、地震観測所に到着する最初の地震波で、科学者達が地震の強さを見つけ出す方法です。いわゆるP波は固体の岩石と流体を通って移動します。

P波を発見した後に、科学者達は通常「2次波(secondary wave)」を発見します。

2次波は粒子を上下に動かします。 これらの波は地震学者達(seismologists)によって発見された2番目に速い進行地震波です。

そうして、科学者達はいわゆる表面波(surface waves)を識別します。この種の波は地球の地殻を通ってのみ伝わります。表面波は実体波よりも低い周波数で、その結果として地震記録の上で簡単に識別されます。専門家達により説明されるように、表面波がほぼ完全に、地震に伴う損害と破壊を招きます。

さて、11月11日の出来事で起きた現象で最も奇妙なことは、1次波も2次波も検出がされなかったことです。

科学者達が登録した総ては、深く、共鳴する表面波でした。より奇妙なことですが、表面波が地震の表面波のようには乱れなかったことは、代わりに、科学者達がよりきれいな、ほとんど音楽的な周波数を拾う傾向があることは、恐らく事実です。

 

 

-----出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

curiosmos.comwww.nationalgeographic.com

 

----- この記事を読んで -----

以前にも別記事で取り上げた内容です。日本ではあまり注目されていないようですが、これはWikiにも記録のあるノン・フィクションの観測記録です。今回の記事は、地震波について基礎的な項目に触れたものです。

タイトルにもあるように地球が鐘のように鳴るとは、地球が中空の構造、つまり中身がくりぬかれたタマゴの殻をイメージしたものになってきます。世界各地で観測された科学的な観測結果、つまり事実認定されるべきものなことが厄介です。科学には再現性が求められますから、これを理論立てて説明するのはハードルが高いでしょう。

地球が中空構造だとする想像力ONのストーリーは、南極/バード提督のストーリーにも登場します。実は、私達が知覚できないだけで、地球はそのような構造を持ったマトリクスなのかもしれませんし、宇宙が高次元を持つ事実から考えれば地球もそうでしょうから、私達の認識は変わらざるを得ないのかも知れません。

 

11 November 2018 Mayotte seismic event - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp