ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

エイリアンの星は、私達の太陽系を70,000年前に小突き、私達はいまだその効果を見ています


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200404172729j:plain

エイリアンの星は、私達の太陽系を70,000年前に小突き、私達はいまだその効果を見ています

( 図 星空 Pxhere)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

およそ7万年前、人類がアフリカから移住したとき、ある星が私達の太陽系をブラッシュしました。

それはショルツ(Scholz)の星として知られており、私達の太陽の質量のほんの9%で、それほど大きなものではありません。

それで2015年に、天文学者がこの隣人が私達をかすめ通ったことを発見したとき、それらは太陽系にそれほど影響を与えていないと仮定していました。

しかし、研究者達は今、これは全くそうではないことを示しています。- 実際には、今日でも訪問の影響をまだ理解することができます。

オート・クラウド(Oort Cloud)の天体の位置を詳しく見てみると、この結論は再考されました。- これは、実際に通過した星との信じられないほどの接近した遭遇が明らかになりました。私達の太陽系の極端な外界に、淡い重力指紋を残しました。

ケンブリッジ大学(University of Cambridge)とマドリード(Madrid)のコンプルテンセ大学(Complutense University)の天文学者達は、外側の太陽系の約340個の天体の位置を広範囲の軌道で分析し、それらの数十個の天体が期待していた場所にはないことを発見しました。

「原理として、これらの位置は空に均等に配分されることと予想されます。特にこれらの天体がオート・クラウドから来た場合についてです。」と、マドリードのコンプルテンセ大学の研究者の筆頭著者、カルロス・デ・ラ・フエンテ・マルコス(Carlos de la Fuente Marcos)氏は述べます。

「しかしながら、私達が見つけるものはとても様々なものです:統計的に有意義な放射性物質の蓄積です。」

時計を巻き戻し、ふたご座(constellation Gemini)の背景にオブジェクトを置くと、あたかもショルツ星という名前の赤色矮星(red dwarf)が、それらの微妙な再配布の原因になりそうです。

現在、小さな、薄暗く輝く物体はざっと20光年離れていますが、多分それが引き起こした損害の説明を頼まれる前に、それをハイテーリング[追跡]します。

しかし、ちょうど70,000年前に、それは私達の太陽系の外縁を、私達から約0.8光年ぐらいでみだらに擦っていました。

  • 7.6兆キロメートル
  • 4.7兆マイル
  • または約50,000 AU(1 AUは地球から太陽までの距離です)

それらは大きな数値ですが、銀河系では私達の個人的な空間への不快な侵入でした。太陽の拡散はオート・クラウドと呼ばれ、凍った物質で覆われた広がりで、100,000 AUまで伸びています。

さらに、この近接した遭遇はほんの7万年前に起こり、歴史を戻れば、最終的に地球を覆うことになるだろうホモ・サピエンス(Homo sapiens)の人口が、アフリカから逃れるために忙しかった時です。

私達のより慎重な祖先星ゲイザー(gazers)が、星の鈍い赤色の輝きに気づいた可能性があります。

しかし、それらが見たことのないものは、小さな軌道に乗っている仲間で - ショルツの星の質量の約3分の2の暗い茶色の矮星です。

ループしている多数の軌道を研究している間に、チームはまた、それらの起源を別の星の周りに置く軌道上にいくつかの彗星を発見しました。

さらなる調査は、実際の起源にもっと詳細を加えることができます。しかし、私達の太陽系の物質材料が銀河のどこかでどれくらいの時間を費やしたかについて、興味深い質問がいくつか持ち上がります。

遭遇するまでには、これはかなりマイナーです。

しかし、広く推測するならば、一部の天文学者は、私達の太陽に暗い双子が6,500万年も前に通り過ぎ、何がしかのトラブルを引き起こす可能性があると提唱しており、それは岩の塊が恐竜の生活をもっと難しくした時です。

ショルツのバイナリ星系は、比較すると信じられないほど丁重でした。

しかし、私達の恒星の隣人が私達の太陽系にどのように影響するかについての研究は、潜在的な将来の出会いのためにも重要な意味を持つ可能性があります。

何百万年もの期間内に、私達の太陽から16.3光年迄に600個もの星が通過する可能性があります。それは高密度の交通で、それらの引力(重力)が周縁内の物質の軌道にどのように影響するかを知ることは、役に立つかもしれません。

必ず、将来に「この空間を見る」場合に。

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同様な記事)

www.space.comexoplanets.nasa.govwww.dailymail.co.uk

 

----- 参考ビデオ -----


The Unexpected Star That Passed Through Our Solar System

(5:15)  2015/02/26

 

 

----- この記事を読んで -----

アフリカ単一紀元説の頃に、太陽系とバイナリ星系のニアミスがあったようです。バイナリ星系、つまり連星系などと呼ばれているもので、目の当たりにしたら、どれほど凄い光景だったのでしょう。人類の進歩に何か影響があったのでしょうか。

何百万年もの期間内に、私達の太陽から16.3光年迄に600個もの星が通過するかもしれないとのことで、こうした遭遇イベントで何かが起こるのかもしれません。互いに星間を飛来して遭遇するのですから、双曲線軌道でスイングバイすることなどもあるのかもしれません。そうして太陽系そのものの軌道が変わって、天の川銀河から外に出たり、中央部へ向かったり。

宇宙空間での恒星系同士の遭遇というのは、宇宙的な時間の中では予想しているよりもあるのかも知れません。

 

アフリカ単一起源説 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp