ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

元海軍士官が、エイリアンとの最高機密の政府協定を公開


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200601201548j:plain

元海軍士官が、エイリアンとの最高機密の政府協定を公開

( 図 エイリアン Pixabay)  (Fig.) アーティスト・イメージ

 

うまくいけば、一部の人達は世界の暗い側面を知ることになります。大抵は政府機関や秘密機関が関わっています。 たいていの場合、彼らは一緒に引っ張り込まれます。それは権力と秘密の情報だけではなくて、「影響力のある」方々でいっぱいのトップ組織の一員としてのアイデアで、誰かの心と魂を簡単に盗むことができます。

幸いにも私達にとって、総ての個人が同じではありません。一部の人は、罪の人生の後に償還を求め、他の人達は心を失いあるいは自殺しようとしますが、個人が他の者よりも強く、彼がアクセスした秘密情報を漏らし、残りの者を啓発しようとする場合もあります。

このような状況では、彼らは狂ったかまたは馬鹿げているとみなされるか、暗殺されます(遅かれ早かれ)。

この特殊なケースは、秘密のUFO組織を記述しているので私達の注目を集めました。そこでは、近年の地球外状況に関する関連データについて語られました。

 

(Fig.1) トップシークレット

 

ミルトン・ウィリアム・クーパー(Milton William Cooper)氏は、太平洋艦隊の司令官の情報ブリーフィング・チームのメンバーでした。言い換えれば海軍のために働いていました。

1989年7月2日、ネバダ州(Nevada)ラスベガス(Las Vegas)で、彼は政府秘密機関MJ-12 (エムジェイ・トウェルブ)またはMAJIC 12(マジック・トウェルブ)に関するトップ・シークレットの情報を公開しました。

海軍が真実を知るためのMJ-12に対抗しての材料のソースは、ONI(Office of Naval Intelligence、海軍情報局) カウンター・インテリジェンス・オペレーション(counter intelligence operation)でしたと、彼は述べました。その時点で、海軍は彼らが「本当の行動」の一部ではないことを喜ばしくはありませんでした。エイリアンによって開発され設計されたいくつかの新しい技術を手に入れるために、彼らは関与することに決め、政府は捕虜になり秘密のプロジェクトの一部に関与しました。

私、ミルトン・ウィリアム・クーパーは、このファイルに含まれている情報は、私の知識の最大のものであり、真実であることを真面目に保証するものです。私は1972年に、米国海軍の太平洋司令官として、太平洋艦隊の指揮官の知性ブリーフィング・チームのメンバーとしての私の義務を果たしたことを誓います。私は、情報を可能な限り正確にするために、控え目な抑止を惜しまないことを誓います。

歴史は私とこの情報の裁判官となるでしょうが、私はその審判の恐怖を感じません。私はこの情報が真実であり、私の知識の最大なものであることを誓います。

彼が提供したキーワードをリストにしています。ここには、CIA、NSA、MJ-12、米国大統領、生きた宇宙人、UFO、大量破壊兵器を含む最高機密情報を含んでいます。

  • GRUDGE – 米国のUFOとIACで識別されたエイリアン・クラフトの調査の、初めからが収集された16巻の文書化された情報が含まれています。このプロジェクトは、CIAの機密資金と不法麻薬取引の資金によって資金提供されました。プロジェクトGRUDGEの目的は、UFOとIACの目撃とエイリアン生命体との接触から科学的、技術的、医学的、知的な情報をすべて収集することです。この収集された情報の整然としたファイルは、米国宇宙計画を推進するために使用されてきました。

 

(Fig.2) 地球外の宇宙船

 

MJ-12は秘密のコントロール・グループです。 アイゼンハワー(Eisenhower)大統領は、ジェイソン・ソサエティ(The Jason Society)と呼ばれる秘密組織を、すべての事実、証拠を調べるために承認しました。 技術。 嘘とまやかし、そしてエイリアンの質問の背後にある真の答えを見つけます。組織は1972年に国内で最も有名な男性の32人で構成され、上位12人がMJ-12と命名されました。MAJIC 12は、ジェイソン・ソサエティのメンバー全員がJ-1、J-2、J-3というコードで任ぜられています。

  • MJ-12はケネディ(Kennedy)大統領を暗殺しました。彼は、エイリアンの存在に関するすべての事実を公衆に伝えようとしていると彼らに知らせたときです。 彼は車を運転しているシークレット・サービスのエージェントに殺されました。そして、それは公共の視点から保留にされたフィルム[映像]にはっきりと見られます。 秘密の会合がメリーランド州(Maryland)のMJ-12のために設定され、それは空気によってのみアクセス可能であると記載されました。 MJ-12とジェイソン・ソサエティのための完全なリビング、レクリエーション、その他の施設がありました。 それは「カントリークラブ(The Country Club)」という名前のコードです。
  • AQUARIUS - 過去2万5千年の間に、この地球上でホモ・サピエンス(Homo sapiens)との宇宙人の存在とその相互作用の歴史をまとめたプロジェクトです。フランスとスペインの国境にある山岳に住むバスク人(Basque)、そしてシリア人(Syrians)と結びつきます。
  • POUNCE - 墜落したり破損した宇宙船やエイリアンを回収するために作られたプロジェクトです。
  • REDLIGHT - 回収されたエイリアン・クラフトをテストするプロジェクトです。それはネバダ州のエリア51(AREA 51)で行われます。エイリアンが私達にクラフトを与えて、私たちが飛ぶのを手伝ったときに、それは飛翔しました。最初のプロジェクトは、回収された飛行船を飛行したが、空中で爆破され、パイロットが殺されたことで、何とか成功しました。私達は回収されたクラフトで飛行しましたが、それは空中で爆発し、パイロットは殺されましたが、最初のプロジェクトはそれで何とか成功しました。プロジェクトはその時点でエイリアンが私達を援助することに同意するまで中断されました。

 

 ----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同じ内容の記事)

Former Navy Officer Exposes TOP Secret Government Pact With Aliens | UFOholic.com

FORMER NAVY OFFICER EXPOSES TOP SECRET GOVERNMENT PACT WITH ALIENS

aliennews.co.uk

 

----- この記事を読んで -----

米国の調査組織による、極秘の調査や交渉が行われたとする証拠や仮説がいくつもあります。MJ-12 (エムジェイ・トウェルブ)またはMAJIC 12(マジック・トウェルブ)と呼ばれているものをご存じの方も多いのかと思います。

こうした組織の多くは、プロジェクトとして立ち上げられ、当初の役目を終えたとしても、その実態(人員)が別の目的で継続してしまうこともあるようです。世間には、こうした組織が、多くの事実を隠蔽したり歪曲したりする工作をしているとしたストーリーがあります。

パズルのピースを合わせるように、断片的な情報を整理してゆくと、ぼんやりとしたものでもその姿が見えてきます。

 

情報機関の一覧 - Wikipedia

MJ-12 - Wikipedia

 

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp