ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

格納庫の中で撮影された巨大なUFOは、技術還元されたもののようだ


f:id:Zzak:20210804102030j:plain

格納庫の中で撮影された巨大なUFOは、技術還元されたもののようだ

(図 UFOLego Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

フライング・ソーサー[空飛ぶ円盤]のこのビデオは、最高機密ファイルの一部でしたが機密解除され公開されました。

 

(Fig.1) ビデオのワン・シーン

 

もしも、1992年にアメリカ軍がそのようなフライング・ソーサーに取り組んでいたとしたならば、サイエンス・フィクション(SF)が現在取り組んでいることを想像してください。

ミステリアスなフライング・ソーサーを見るために、以下のビデオ全体をご覧ください。

 

Regarding video quality, remember it was 1992.
(0:44)

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by UFO STAR (@ufostar.ovni)

www.instagram.com

 フライング・ソーサーは、これを撮影したときに間違いなく機密化された格納庫の中で撮影されましたが、しかし、明らかに今は機密解除されており、これは私たちにとって良いことです - けれども、当時「彼ら」が何に取り組んでいたのかを正確に示しています、こいつらの「チーム」が現在何をやっているのか、疑いが生じます。

人々のチームは年齢のために解散することはありません、彼らは更新し、アップグレードします(あなたが望むようにそれを読んでください)、そして新たに若い更新されたチーム・メンバーを連れてきます(同様に、あなたが望むようにそれを読むことを選択してください)…

格納庫に見えるフライング・ソーサーは、なんて奇妙で「薄気味が悪く」そのうえ、LA UFOの戦いととてもよく似た外観でしょうか。 格納庫にあるこのフライング・ソーサーは、ロサンゼルス(Los Angeles、LA)の戦いに関連し、たぶん米軍がそれを撃墜したのでしょうか。

 

 第二次世界大戦の奇妙な「ロサンゼルスの戦い」1942年2月25日、悪名高い誤警報によりこれを見ました、アメリカ軍部隊がロサンゼルス上空で対空砲火の雨あられを浴びせました。

米国ワシントン州からのデルタ型クラフトの初期報告1995年。

これらの秘密のグループは、地球の全体像にそれを持ち込むために「極秘のに回収された技術を研究」しています - それをエンジニアリング、建設、技術開発、そしてこの同化からすべて恩恵を受けた他の多くの産業に同化させます。

 

これらのプログラムやプロジェクトは名前が変わったかもしれませんし、人員は何年にもわたって変わったかもしれませんが、しかし、目的、開発、そして目指すところ[計画]は同じです。

「今日」に、未来の技術の進歩と実装を、研究、開発、発明、作成、習得するためです。

Exopolitics.orgからの引用です (以下のソースのリンク):

ダグラス航空機社(Douglas Aircraft Company)の元従業員、ウィリアム・トンプキンス(William Tompkins)氏によれば、ランド研究所(RAND Corporation)[米国のシンクタンク]は、1942年2月のロサンゼルス空襲事件後に米軍によって密かに回収されたUFOを研究するために、その起源をダグラス航空機社内に設けられる研究開発プロジェクトまでたどります。

トンプキンス氏はさらに次のことを明らかにします。1943年に彼は、ナチスドイツ(Nazi Germany)により創られた反重力クラフトについて学んだ隠された海軍スパイ活動プログラムから、状況説明文書の配信を開始しました。これは、ダグラス社の研究開発プロジェクトになったもので、その後ランド研究所に進展したものです。

世界中の家庭ごとにテレビ画面で再生されている映画の空想科学小説を私達の現実に持ち込むことは、たいてい人達にとって単なる夢ですが、一部の人達にとっては日常の仕事です。 それは生き方や目的で、彼らは何年も何十年も取り組んできました。

他の志を同じくする人々と、そのうえ純粋な楽天主義の予算、そして彼らの成功に基づいて - 資金提供は決して終わりません。何故ならば彼らは、墜落して回収されたUFO、フライング・ソーサーから、全部を創り、あらゆるバック・エンジニアリングされたテクノロジーに基づいたテクノロジーの種類の発明を先導しているからです。即ちトランジスタ、マイクロプロセッサ、反重力システムです。

あなたがそれを信じるかどうかでしょうか。

 

ボブ・ラザール(Bob Lazar)氏の概要で、原子番号115の元素についての話がとても興味深いものです:

ロバート・スコット・ラザール(Robert Scott Lazar、/ ləˈzɑːr /; 1959年1月26日生まれ)はアメリカの自称科学者です、彼はエリア51グルームレイク(Area 51 Groom Lake)の運用場所の近くにあるS-4と呼ばれるサイトで、地球外技術のリバース・エンジニアリングに取り組んだと主張しました。 ラザール氏は、UFOは重力波推進力を使用し、(当時は合成されていない)原子番号115の元素により動力を供給されると言いました。 彼は次の米国政府のブリーフィング文書を読んだと言いました。それは、過去10,000年の人事へのエイリアンの関与を説明しています。 ラザール氏の主張は結果として、秘密のエリア51サイトを一般の人々の注意を引くことになりました。

 

----- 出典 -----

Huge UFO Filmed Inside A Hangar Looks Back Engineered (Video)」は、掲載終了しております。

(同様な記事)

www.ufosightingsfootage.ukufonews.uk

 

----- 2019/05/07公開の記事を読んで -----

ビデオ紹介の記事です。ビデオは不鮮明で、なんともいえない歴史を感じるものです。機密解除されたビデオというだけで、詳細不明です。

1947年7月のロズウェル事件から今日まで、地球外のクラフトが回収されたとして、未知の技術は還元できたのでしょうか。TR-3B が、地球性ではないかとささやかれており、人類が反重力[斥力]にたどり着けたかどうかは、興味深いミステリーのままです。

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp