ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

歴史が間違っていることを証明する3つの思いがけない発見


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200324224748j:plain

歴史が間違っていることを証明する3つの思いがけない発見

(図 古い本 パブリックドメイン)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 コンテンツ

 

世界各地の人々は、私達は学校で教えられているように、歴史は不完全だと数十年間推測してきました。興味深いことに、新しい発見のたびに、私達は、主流の学者が歴史書を守るために大変に努力してきた確かな事実を理解しているようです。あたかも、オカルトのパターンがあります。歴史とみなされるものとそうでないものを委譲する、オカルトのパターンがあるかの様です。

世界中には、歴史が間違っているという事実を指摘する数多くの発見があります。その歴史は実際には矛盾しており、主流の考古学者や歴史家の説明と必ずしも関連してはいない驚きに満ちています。

簡単に言えば、主流の学者が定める信念に直接矛盾する発見がなされています。

 

古代の地図は、先駆的な文化が地球を航行することを示唆しています

最も興味深い発見の中では、世界中の歴史家の信念に直接矛盾している古代文明が大陸を発見したことを示唆する一連の古代地図で、主流の学者によれば最近になって発見されました。

そのような地図の最も良い例はオロンス・フィネ・ワールド・マップ(Oronce Finé World Map)です。南極を特徴とする初期のコード状の隆起は、大陸は南端に沿って約300年前に発見されたと考えられています。大陸の幅に刻まれた碑文は、「新たに発見された南極の土ですが、まだ完全には探査されていません。」 ここでは、1520年頃に作成されたピリ・レジ(Piri Resi)マップも含まれています。氷のない南極を表示することに加えて、あたかもそれが航空写真の助けを借りて組み立てられたかのように見える精度を持ち、アメリカ大陸の地理を正確に表しています。アイヒュディ・イブン・ベン・ジエア(Iehudi Ibn ben Zar)によって作成されたチャート図は、地中海とエーゲ海の島々を表示しています。これらの島々は今でも存在していますが、ただ水中で、1487年のチャート図を作成するために使用された地図が何であれ、私達の惑星の地質学がはるかに異なっていた時代から、おそらく未来の時代にまでさかのぼることができる時間です。

 

古代エジプト人は、地球を航行してオーストラリアに行きました

オーストラリアにある独特の絵文字のセットは、数千年前のオーストラリアで現代に、古代エジプトの船員の存在を示しています。ゴスフォード・グリフ(Gosford Glyphs)として知られるミステリアスな絵文字は、主流の学者のでっち上げとみなされています。ゴスフォード・グリフについての最も興味深い部分は、その筆記スタイルです。これらの象形文字を見て学ぶ機会を得た地元住民によると、それらは極めて古いもののように見え、初期の王朝の古風なスタイルで書かれています。スタイルはほとんど研究されず、ほとんどのエジプト学者によって翻訳されていません。モハメド・イブラヒム(Mohamed Ibrahim)氏やケミット・スクール(Khemit School)のユセフ・アブデル・ハキム・アワヤン(Yousef Abd'el Hakim Awyan)氏のようなエジプト学者は、古代エジプト象形文字を研究しています。モハメド・イブラヒム氏とユセフ・アブデル・ハキム・アワヤン氏は、ミステリアスな彫刻を翻訳するために人々のグループと一緒に仕事をしました。結果はというと、まあ、オーストラリアのミステリアスな古代エジプト象形文字が本物であるだけでなく、書記官はいくつかの古代の象形文字と「文法的な」変形を正確に使用しました。決定的には、2012年までエジプトの象形文字のテキストにも記載されていませんでした。

 

古代エジプトのミイラで発見されたコカインの痕跡

研究者の間で最も論争の的になっている主張の1つは、古代エジプト人のような古代文明人は世界中を往来し、そして、そうであるかどうか問わず、彼らはその時代の他の古代文明と直接的または間接的に接触していました。

最も論争の多い発見の1つとして - 古代エジプト人が古代アメリカ文明と接触していることを直接示唆しています – この言い分は1992年に創られました。

1992年に、古代エジプトのミイラで試験を行っていたドイツの研究者が、古代エジプトのミイラの髪の毛と骨に大麻の一種、タバコ、コカインの痕跡を見つけました。

大麻の一種はエジプトへの貿易ルートを通じてアジアから来たかもしれませんが、タバコとコカインは、ミイラ化時代には「新世界(アメリカ大陸のこと)」でのみ成長した植物でした。なので「新世界」が発見される前に、異国的な麻薬が古代エジプトにどうやって届いたのでしょうか。

 

この発見は議論の余地がなかっただけでなく、私達が歴史家に言われたこととは違っており、その事実は単に盛り込まれませんでした。このため、ドイツの研究者は、発見を再確認するために、別の一連の独立した実験室研究を行い、同じ結果が見つかりました。

 

----- 出典 -----

3 Mindboggling discoveries that prove history is wrong – Ancient Code・・・ 接続に時間がかかり、以下のプレビューが表示されないことがあります

ancient-code.com(関連記事)

liveplayeat.com

 

----- この記事を読んで -----

考古学的に作られた歴史ストーリーは、どこかにほころびがあるのかもしれません。それを未だに学校で教えていたり、社会の通年として定着していることがミステリーです。

新大陸(アメリカ大陸)にあって、アフリカ/アジア/ユーラシア大陸に無かったもの。「古代エジプトの食文化とか知っていないとだめです」と、吉村作治先生が仰られていたのを思い出しました。

歴史とは、その統治者、もしくは、戦争があればその勝者の武勇伝として都合の良いように書き換えられてしまうことが繰り返されてきた部分があります。日本でも、世界でも。真実を知らない方が、その社会で生きるのに楽なのかも知れません。

 

吉村作治 - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp