ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

エイリアンは神を創造した...そして今彼らは神を戻したい


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200214201400j:plain

エイリアンは神を創造した...そして今彼らは神を戻したい。どのように宗教が始まったのかショックな主張

(図 超越 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

新しい陰謀論によれば、バイブルのような宗教的なテキストが書かれる前に、エイリアンの生命体は地球を訪れ、より原始的な人間によって「神」と見なされていました。

「エイリアンが彼らの『宗教』を取り戻すために戻ってくる」というタイトルの記事で、ウェブサイト UFOインターナショナル・プロジェクト・ドット・コム(ufointernationalproject.com)は理論を説明しようとしました。

それは、エイリアンが人類の利益のために宗教文書を作成したか、その時に訪れた「エイリアン神(alien gods)」に基づいて人類によって書かれたものです。

何百年もの間世界中で数え切れないほどの戦争を繰り広げた理由として、人間が宗教を使っていたことは、遥かに高度な地球外生命体が怒っていたと言いました。

記事は述べました:「宗教はテロリズムのために設計されたものではありません。」

 

「エイリアンは、人が本質的に破壊的であることをまるまる知っており、宗教が私達に授けられた理由の多くの部分で、これは信仰と不明な事への恐怖に奉仕するためです。しかし人間は実験に完全に失敗しました。」

それは、宗教の名において行われた一連の戦争を列挙するために続けられました。イスラミックステート(Islamic State)に対する中東の激しい紛争を含みます。

 

(Fig.1) イメージ

 

この作品の無名作者は次のように述べています。「私は20年以上にわたり総ての宗教を研究してきましたが、それは私を1つ以上の広大な結論に導きました。」

「人間は、いかなる宗教を書くほどスマートではありませんでした。私の意味しているのは、東洋のスピリチュアリズム(自己)、西洋の宗教(神 - 私は常に地球外生命と言及してきました)、またはアメリカの創造主義(自然自体、人間を含む)のことです。」

「最も古い宗教的なテキストの1つ、『死者のエジプトの書(The Egyptian Book of the Dead)』は紀元前3000年より前に遡ります。」

「書面が発明され、書記官と芸術家が最初に司祭たちが祈りと礼拝に使ったことを最初に書き留めたとき、彼らはとても困惑し、テキストをほとんど理解していませんでした。」

「私が得ているのは、総ての宗教は創造された時点で人間によって構成されていなかった事です。」

「これらのエイリアンは、本当に私達人間にとっては神です。」

「彼らの文明は、何百年も前のことかもしれません。彼らはこの大宇宙の働きを正確に知っています。」

「彼らは他の世界が出入りし、自分自身を破壊するのを見たかもしれません。」

「彼らは、認識を進めなければならない進化のステップを知っており、それはエイリアンにとって肝心な点で、彼らは私達の美しい宇宙を害から守ることを望みます。」

「結局、あなたが神になった時、あなたは、あなたの世界が破壊されるのを見たくないのです。それが私達を宗教の核心に導きます。」

エイリアンは彼らの宗教が戻ってくることを望み、宇宙の災害を防ぐために地球上で私達をここで隔離するでしょうと言いました。

付け加えとして、「人間は生命、考え、その他の種族や文化を尊重しないので、今すぐ戻す準備ができています。」

「それは私の最後の点に私を導きます。 私達人間が自分と何か違うものであれば大砲に指をかけており、エイリアンは私達が宇宙を横断することを許さないでしょう。」

「私達は原子がどのように働くかという理解を持っています。そしてもし、反重力(antigravity)を使った宇宙船を開発したことがあるとして。彼らは私達が、私達の外にある総てものを大砲で狙い空間を探索することを望んでいません。特に私達が感情をマスターすることができなかったためです。」

 

f:id:Zzak:20200815044335j:plain

(Fig.2) RamsesIII and Thoth in QV44 ウィキメディア経由、パブリックドメイン

 

エイリアンの陰謀論家は、地球外生命が既に地球を訪れたことを何年にも渡り言い続けてきました。世界の指導者はこのことを知っていますが、次のように主張されている「真実禁制(truth embargo)」の下で私達から守られています。真実が宗教と法の支配に及ぼす影響についての恐怖の中での「真実禁制」です。

地球上の宇宙人に関する総ての事実の「公表(disclosure)[開示]」と「禁制(embargo)」を解除するために、一部の人々が活動を行っています。

記事は、地球上での戦争を止める唯一のものは、いわゆる公表であると言って終了しました。

 

付け加えとして、「本当に唯一の事は、子供や動物を含む何千もの無実の人々を殺した、宗教的なものと他の[原因]両方の戦争を、地球上で止めることができます。唯一のことです - 公表することだ」と述べています。

エクスプレス・ドット・シーオー・ドット・ユーケー(Express.co.uk)誌に次のように語っています。「これらの考え方は、1950年代のエイリアン被害者の話ととてもよく似ており、彼らは宇宙人と会い、フライング・ソーサー(flying saucers)に乗っていました。」

「皮肉なことに、それは神の領域だから私達が宇宙を冒険すべきではないと言う宗教団体の見解のようです。」

「とても長い間、近くのエイリアン文明を訪問できる宇宙船を生産するとは、私は思っていません。それがどうなるかはまだ議論の余地があります」

 

私達を歓迎するか、または攻撃したりしなさい

「確かに、スティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)教授は、私達はエイリアンと何らかの接触をすることに注意すべきだと言います。」

「人類を結束させる意味での公表[開示]は、それが起こるとは思いません。」

 

(Fig.3) 交流のイメージ

 


Michio Kaku on God

(2:43)  2009/04/30

www.express.co.uk

 

----- 出典 -----

掲載終了しております。

(同じ内容の記事)

www.express.co.uk

 

----- この記事を読んで -----

これも古代宇宙飛行士説の類になるのでしょうか。現在、世界中の至る所に、宗教と呼ばれるものがあります。教義の違いこそあれ、よくよく考えると不思議な共通性です。

宗教とは、人が集まると自然発生するものなのでしょうか。そこには神仏または同様な存在がおり、こうした存在と一般庶民との間入る役目の方(神官、司祭、僧侶、祈祷師、など)が必ずいる図式となっていると理解してもいいのでしょうか。アメリカ大陸、アフリカ大陸、ユーラシア大陸、他、人の交流による情報交換があったとも考えにくい地理的な距離や交易の障害、を思うと不思議な共通性です。何故でしょうか !?

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp

zzak.hatenablog.jp