ブログ | 知的好奇心ラウンジ

ブログ | 知的好奇心ラウンジ

知的好奇心なお散歩です

ソーラー・ウォーデン、エイリアン・ハイテクで開発された最高機密の宇宙プログラム


ADVERTISEMENT/広告

f:id:Zzak:20200729035852j:plain

ソーラー・ウォーデン(Solar Warden)は、最高機密の宇宙計画に与えられた名前で、凶悪な地球外知的生命体の勢力に対して地球を安全に保つように設計されました。 このようなプロジェクトは、私達のために探しているエイリアンによって提供される高度なエイリアン技術の助けを借りて完成したにすぎませんでした。

(図 宇宙船 Pixabay)  (Fig.) アーティクル・イメージ

 

陰謀論家は、それは一般市民の知識がないまま30年以上にわたって存在してきたと主張します。 もしあなたが考えているなら、「まあ、それは人々の信頼度をいいことに、不公平に作られた別の素朴な説です」。英国のUFOハッカー、ゲイリー・マッキノン(Gary McKinnon)氏の信じられないほどの話を思い出すべきです

当時システム管理者だったマッキノン氏は、2001年にはほぼ100の米軍基地とNASAの端末に侵入しました。 彼は政府のフリー・エネルギーに関するファイルを探していましたが、間違いなく何かよりはるかに大きなチャンスを得ました。

政府のコンピュータに不正にアクセスする前は、彼は非営利団体のディクロージャー・プロジェクト(Disclosure Project)に関与しました。「その目標は、UFO、地球外知的生命体、先進のエネルギーと推進システム」に関する政府の主張された知識を一般に公開することです。

 

(Fig.1) ゲイリー・マッキノン(Gary McKinnon)氏

 

 彼が見つけたファイルの中に、何千人もの「非地球の役人」に関する情報や、「艦隊から艦隊への移動」に関するデータがありました。彼が探し続けていたとき、マッキノン氏は謎を解明し続けました:ソーラー・ウォーデン。

UFOテクノロジーがあり、反重力があり、フリー・エネルギーがあり、それは地球外の起源であり、彼らは宇宙船を捕獲し、それらをリバース・エンジニアリングしています。」 - ゲーリー・マツキノン、UFOハッカー [ad id=”1232”]

ジョージ・W・ブッシュの司法省は、最終的にUFOのハッカーの侵入を発見し、「今まで最大の軍事用コンピュータのハッキング」と彼を告発し非難しました。 もし英国が彼を米国に引き渡すなら、彼は最高70年の懲役と数百万ドルもの罰金に直面していたでしょう。しかし、それは決して起こりませんでした。そして、多くの人がマッキノン氏はまだ自分自身を活用していた重要な情報を持っていたからだと、多くの人はそれが唯一の理由だと思っています。 さらに、彼の弁護士は、海軍の宇宙艦隊の存在について、政府職員に宣誓証言を証言させることさえありました。 聞いたことがないでしょうか。

マッキノン氏によれば、超秘密のソーラー・ウォーデンは様々な宇宙船の艦隊を維持しています。 それは8つの巨大なシガー型母船と約4ダースの小さな「偵察船」で構成されています。数百の「宇宙海兵隊員」がこれらの船に搭乗し従事しており、それぞれの母船に約300名の追加の乗組員がおり、科学者と技術者か搭乗しています。 宇宙艦隊は、NNSOC(米国海軍ネットワークおよび宇宙オペレーション司令部)によって運営されています。

 

(Fig.2) 巨大なシガー型母船

 

ソーラー・ウォーデンの設立や、どのような地球外生命体の種がその創設に貢献したかに関する情報はありませんが、しかし、様々な現実の機関や企業の意味合いついての噂がたくさんあります。 英国、カナダ、オーストラリア、ロシアなどの国々では、米国航空宇宙産業のさまざまなブラック・プロジェクトの請負業者が積極的にこのプログラムに参加していると言われています。

エリア51、ダグウェイ・プローヴィング・グラウンド(Dugway Proving Grounds)、S4、ライト・パターソン空軍基地(Wright Patterson AFB)、悪名高いダルセ地下基地(Dulce Underground Base)などの秘密施設は、ソーラー・ウォーデン技術のテストと開発に日常的に使用されています。

現実には、これらの主張は検証することができず、この1つとして興味深い説は、途中で多くの追加を拾い、虚偽の詳細を確実に拾います。 しかしそれをもう1つの気の狂ったような考えと呼ぶ前に、これを見てみましょう:

1993年、ロッキード・マーティン社のスカンク・ワークス(※)の元CEO、ベン・リッチ(Ben Rich)氏は、ロサンゼルスのUCLAジェームズ・ウエスト同窓センター(James West Alumni Center)で講演を行いました。 彼は過去40年間に宇宙工学に登録された進歩について話しました。 彼のプレゼンテーションの最後のイメージは、黒いディスクが「宇宙空間に押し出される」というもので、ベン氏は次のような結論を出しました:

「私たちは現在ETを家に持ち込む技術を持っています。」

出席した人は彼が冗談を言っていないと言いました。

ロッキード社のスカンク・ワークスは70年以上にわたり活動しており、U-2爆撃機SR-71ブラックバードF-22ラプター、F-117ナイトホークのようなハイテク航空機の設計と建設が行われています。 噂によると、彼らは、進行中の多くの未来飛行機を持っています。

スカンク・ワークスの元CEOが主張してから20年以上が経過し、彼らはすでに、私達が光の移動よりも速いと仮定することができるものを達成していました。 もし彼が真実を伝えていたのなら、彼らの技術は今どれくらい進歩したのでしょうか。

ますます増え続けるUFOの目撃に責任を負うことができますか。 これらのミステリアスなフライング・ソーサーがソーラー・ウォーデンの一員であるかどうか、極秘の軍事実験、または完全にエイリアンかどうか、1つの事は確信しています:何万人もの人が、彼らが見たものについて確信しています。

もしソーラー・ウォーデンが本当に存在するのならば、その意味合いは世界を揺るがします。 あるいは、私達は地球を守るべきでしょうか。

 

 

----- 出典 -----

元記事は掲載終了しています。

(同様な記事)

basesecreta51.blogspot.comwww.soulask.com 

 

----- この記事を読んで -----

地球防衛のために秘密裏に組織されていたソーラー・ウォーデン。こうした話題のストリーム(Cf. コズミック・ディスクロージャー)は今も脈々と続いています。この筋ではソーラー・ウォーデンは、既に解散したことになっています。また、ハッカーのゲイリー・マッキノンさんの情報はどこまで正しいのでしょうか。そして、どこまでが現実なのだろうか !?

 

スカンクワークス - Wikipedia

 

----- パズルのピース -----

zzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jpzzak.hatenablog.jp